オークマが 韓国現地法人「Okuma KoreaCorporation」新社屋オープン

180918オークマ オークマ(社長=花木義麿氏)が、大韓民国仁川広域市延寿区に建設していたOkuma Korea Corporationの新社屋が完成し、8月30日に開所式を行った。

 同社韓国現地法人の新社屋は仁川国際空港から車で20分の距離にある仁川経済自由区域(IFEZアイフェズ) にある。北東アジアのビジネスハブとなるこの地区には、最先端のハイテク産業が数多く進出し、活気ある国際企業都市に急成長している。同社はこの新社屋のショールーム機能を活用し、韓国における販売・サービス体制を強化して、年間40億円の受注獲得を目指すとしている。

 同社では、「新興国の経済発展と世界中で進む生産革新の取り組みの中で、工作機械市場はグローバルに拡大を続けている。世界中のものづくりの高度化に貢献すべく、グローバル販売体制の強化を進めており、特に、今後も需要拡大が期待できるアジア市場における販売・サービス拠点の拡充を図り、お客様の近くで高度なものづくりをサポートする体制整備を進めている。」としている。世界第6位の工作機械市場である韓国は、今後も半導体や自動車産業向けに市場の拡大が見込まれ、オークマが得意とする門形マシニングセンタのほか、5軸制御マシニングセンタや複合加工機等の高付加価値マシンの需要拡大が期待される。

 また、韓国での営業活動、技術支援、アフターサービスを一層強化し、新規顧客開拓を進めるとしており、具体的には、①最新鋭機による現地でのテストカット対応、加工サポートの強化、②機械操作指導の充実、③サービスパーツ在庫の充実による迅速なアフターサービス――に注力する。

<概要>
(1)名  称:Okuma Korea Corporation
(2)所 在 地:大韓民国仁川広域市延寿区尖端大路60番道16
(3)代表者名:亀井弘幸
(4)敷地面積:2,853m2(建屋面積1,789 m2うち、ショールーム面積213m2)
(5)展示機:最新CNC工作機械4台
・5軸制御マシニングセンタMU-6300V
・5軸制御マシニングセンタMU-400VⅡ
・立形マシニングセンタMB-56VA
・複合加工機MULTUS U3000
(6)社 屋 内:1階ショールーム、事務所、修理工場 2階:セミナー室、スクール室、会議室、応接室
(7)従業員数:7名
(8)資 本 金:94億ウォン(約9.4億円)[1ウォン=0.1円]
(9)設立年月:2017年4月