第13回切削加工ドリームコンテスト受賞作品が決定

 DMG 森精機(社長=森 雅彦氏)が、「第13 回切削加工ドリームコンテスト」を開催し、このほど受賞作品が決定した。

 このコンテストは、日本国内において切削加工に携わり、切削型工作機械を使用している企業および学校、研究機関を対象に、切削加工業界全体の技術・技能の交流と向上を目的として開催しているもので、今年は審査委員長の東京大学 大学院工学系研究科長 工学部長 光石衛教授をはじめ、審査委員に4 名の大学教授を迎え、厳正な審査の結果、全応募作品の中から、産業部品加工部門より4 点、試作・テスト加工部品部門より5 点、造形加工部門より4 点、アカデミック部門より4 点、DMG 森精機製5 軸加工機を使用して応募があった作品の中から「DMG MORI 5 軸大賞」を選出した。

 なお、「DMG MORI 5 軸大賞」は、国内の5 軸加工機の普及推進を目的とし、今回より新設している。表彰式は、11 月1 日(木)にJIMTOF2018 の同社ブース内(東8 ホール)の特設会場で開催し、受賞者には賞状と賞金が贈呈される。JIMTOF2018 の期間中は、同社ブース内にて応募作品全70 点の展示を行う。

 第13回切削加工ドリームコンテスト受賞作品は以下の通り。

産業部品加工部門

●金賞
「ファイバーノズル」
ツウテック(株)〔愛媛県東温市〕
●銀賞
「バルブ本体」
M.T.s.r.l 〔イタリア マリニャーノ〕
●銅賞
「旋盤で64チタンテーパ部鏡面ラップ」
(株)吉岡精工〔神奈川県横浜市〕
●技能賞
「ステータ」
(株)オンダ精機〔神奈川県横浜市〕

181028ドリコン1

<応募者アピールポイント>
 ・高融点(2.623℃)材料のモリブデンにノズル穴Φ0.05、深さ1.5 mm(D×30)の加工が高難易度だった。
 ・純モリブデン加工の回転数、送り量等の条件出しに苦労した。

<審査委員による金賞作品の評価ポイント>
 ・モリブデンを超微小先端形状に穴(Φ0.05)を加工している。
 ・ノズル穴が並んでいる部分(画像の突起部分)の形状が複雑であり、高度な加工技術が必要である。

試作・テスト加工部品部門

●金賞
「このねじ、半端ないって」
野田プラスチック精工(株)〔愛知県丹羽郡〕
●銀賞
「くびれねじ」
堀口エンジニアリング(株)〔千葉県成田市〕
●銅賞
「切削品なのに歪みゼロの2.5倍メガネ型ルーペ」
サークルアンドスクエア(株)〔大阪府大阪市〕
●銅賞
「44本の真鍮ノズル」
野田プラスチック精工(株)〔愛知県丹羽郡〕
●技能賞
「ラップレス鏡面電極」
(株)吉岡精工〔神奈川県横浜市〕

181028ドリコン2

<応募者アピールポイント>
 ・シャープペンシルの芯に雄ねじと雌ねじの加工を施した。ねじが長くなればなるほど、先端と端末のガタツキやスムーズな回転に影響する為、雄ねじと雌ねじのクリアランスの加工条件を出すのに時間を費やした。

<審査委員による金賞作品の評価ポイント>
 ・クリアランスの良さが評価に値する。
 ・雌ねじの加工法に注目した。

造形加工部門

●金賞
「葉脈 before after」
野田プラスチック精工(株)〔愛知県丹羽郡〕
●銀賞
「切削レンチキュラーの明と暗」
サークルアンドスクエア(株)〔大阪府大阪市〕
●銅賞
「連続球」
近藤精密(株)〔愛知県豊田市〕
●銅賞
「二刀流!」
応用電機(株)〔熊本県菊池市〕

181028ドリコン3

<応募者アピールポイント>
 ・葉脈の線径はΦ0.16mm で葉の膜厚は0.08mm。アクリルは補足加工すると非常に脆く、折れ、欠け、割れやすい素材のため加工条件、クランプ方法、取り外し方に苦労した。

<審査委員による金賞作品の評価ポイント>
 ・葉形状が平面でなく曲面(厚み0.08 mm)であり、難しい加工を行っている。
 ・葉脈のみの葉も難しいが、葉の厚みに加工すること自体が難しかったと思う。

アカデミック部門

●金賞
「薄肉・高アスペクト逆さ振り子」
中国職業能力開発大学校〔岡山県倉敷市〕
●銀賞
「2軸回転運動の組合わせた内径ヘリカルポリゴン加工」
東京電機大学〔東京都足立区〕
●銅賞
「高アスペクト比の極薄板加工」
中部大学 工学部 機械工学科〔愛知県春日井市〕
●銅賞
「コーテッドボールバニシング加工」
国立大学法人 福井大学〔福井県福井市〕

181028ドリコン4

<応募者アピールポイント>
 ・ベース部、軸部、頭部で構成し、軸部は下部から上部にかけて約45°のねじりを加え、頭部の形状は楕円体、立体ハート形状に、軸部は直線的なものと曲がりを加えたものを制作した。大きな特徴は、「揺れる(動く)」ことで、頭部をやさしくはじくと約20 分から30 分間揺れ続ける。

<審査委員による金賞作品の評価ポイント>
 ・石膏を治具、サポート材として使用しているところが面白い。
 ・振動が継続する設計となっている。
 ・高アスペクト比の薄肉加工がすばらしい。

主催者特別賞「DMG MORI 5軸大賞」

「サングラス」
「サングラススタンド」
「羽ならぬ葉根の万年筆」
「思わず手にとってみたくなるタンブラー」
(株)ミズノマシナリー〔富山県富山市〕

181028ドリコン5