オークマが中国の販売・サービス体制強化! 「済南テクニカルセンタ ー」を開設

190402オークマ オークマ(社長=花木義麿氏)が3月21日、中華人民共和国の東部山東省済南市に建設した「済南テクニカルセンター」の開所式を行った。

 同テクニカルセンターは、上海、広州に続いて中国で3箇所目のテクニカルセンター。済南市の高速鉄道駅(済南西駅)から22km、済南遥墻国際空港から38kmの距離にある済南ハイテク産業開発区に位置する。山東省のビジネス、研究開発の中枢となるこの地区は最先端のハイテク産業が数多く進出し、活気ある国際企業都市に急成長している。

 済南テクニカルセンターの活用で、山東省を中心とするその北部(河北省・天津・北京)及び、内陸部(河南省)において、顧客への技術提案・サポート、またアフターサービスを強化して受注・売上げの拡大を図り、中国全体で年間400億円の受注獲得を目指す。

 済南テクニカルセンターを開設した背景について同社では、 「2019年の中国の国内総生産(GDP)成長率目標は6~6.5%。米国との貿易摩擦により中国のみならず、世界経済を取り巻く環境は厳しい状況にある。中国政府は2019年の景気拡大策として、製造業に対する増値税の引き下げ、インフラ投資の拡大など積極的な経済政策を進める方針を示している。中国では製造業の高度化の動きが年々高まっており、5軸制御マシニングセンタや複合加工機等の高付加価値工作機械の需要が伸びている。また、労働力不足が深刻化している中、ロボットシステム等を活用した自動化・省人化分野の需要拡大が期待される。」としている。

 今回の開設で、①最新鋭の高付加価値工作機械による現地でのテストカット対応、加工サポートの強化、②機械操作指導の充実、③サービスパーツ在庫の充実によるアフターサービスの迅速化、④地域に密着した営業活動の展開―――を掲げており、中国での営業活動、技術提案、技術サポート、アフターサービスの一層の強化を進める方針。

■概要

名  称:大隈機械(上海)有限公司済南テクニカルセンター
所 在 地:山東省済南市天橋区梓东大道8号中徳産業園35号
代 表 者:名旭泰博
建物面積:1,646m2(ショールーム面積479m2)
展 示 機:最新CNC工作機械5台
・5 軸制御立形マシニングセンタMU-4000V-L
・立形マシニングセンタGENOS M560-V
・1サドルCNC旋盤GENOS L3000
・1サドルCNC旋盤LBR-370
・横形マシニングセンタMBR-5000H
社 屋 内:1階=ショールーム、修理工場、測定室 2階=事務所、会議室、セミナー室
従業員数:12名(営業4名、技術2名、サービス5名、業務1名)
投 資 額:約3億円
設立年月:2019年3月