ロボット統計受注・生産・出荷実績(2019年7~9月期)

 ロボット工業会がまとめた2019年7~9月期のロボット統計受注・生産・出荷実績は次のとおり。

業況について
 2019年7~9月期は、受注額が対前年同期比7.7%の減少。生産額が同7.2%の減少となった。昨年下期からの減速が長期化している中、底堅く推移しているものの、未だ持ち直しの兆候は見られない。
 国内は前四半期に続き出荷額トータルでは対前年同期比増加で増加。溶接用やハンドリング・組立用などが堅調、業種では自動車製造業向けが引き続き堅調。
 輸出は主用途向けで軒並み現象。溶接用は6四半期連続での前年同期比減少となった。輸出先では中国・欧州向けの減少傾向に変化はみられない。中国向けは昨年並みで低調。昨年好調だった欧州向けの減速が目立つ。
 受注・生産・出荷の各状況は以下の通り。

受注
・受注台数(台) : 44,275(前年同期比▲13.5%) 【5四半期連続の減少】
・受注額(億円) : 1,706(同▲7.7%) 【4四半期連続の減少】

生産
・生産台数(台) : 44,275(前年同期比▲13.5%) 【5四半期連続の減少】
・生産額(億円) : 1,724(同▲7.2%) 【5四半期連続の減少】

出荷
・総出荷台数(台) : 46,161(前年同期比▲10.6%) 【5四半期連続の減少】
・総出荷額(億円) : 1,759(同▲5.5%) 【3四半期連続の減少】
・国内出荷台数(台): 11,328(同▲1.5%) 【2四半期連続の減少】
・国内出荷額(億円): 541(同+12.7%) 【4四半期連続の増加】
・輸出台数(台) : 34,833(同▲13.2%) 【5四半期連続の減少】
・輸出額(億円) : 1,218(同▲11.8%) 【5四半期連続の減少】

国内出荷内訳
■電機機械産業向け
・国内出荷台数(台) : 2,785(前年同期比▲10.8%) 【2四半期連続の減少】
・国内出荷額(億円) : 145(同+2.8%) 【2四半期ぶりの増加】
■自動車産業向け
・国内出荷台数(台) : 4,147(前年同期比+4.2%) 【2四半期連続の増加】
・国内出荷額(億円) : 183(同+14.2%) 【4四半期連続の増加】

輸出内訳
■電子部品実装用
・輸出台数(台): 3,075(前年同期比▲14.6%) 【3四半期連続の減少】
・輸出額(億円): 504(同▲12.3%) 【3四半期連続の減少】
■溶接用
・輸出台数(台): 7,412(前年同期比▲13.3%) 【6四半期連続の減少】
・輸出額(億円): 164(同▲24.5%) 【6四半期連続の減少】