パリ自動車部品・整備機器展「EQUIP AUTO 2011」自動車業界のイベントに明るい兆し

エキップ・オート(EQUIP AUTO) 2011の準備は5ヶ月前に始動し、現在、最高の兆しをみせている。2009年の前回から25%拡大した10万平方メートルの70%以上がすでに埋まっている。

今回は、以下のとおり業界を代表する企業が再び出展する。

車両用機器
Continental Teves-VDO、ContiTech、Hella、Knorr Bremse、Mahle、Meritor、TI Automotive
工具 
Facom   
洗車 
Washtec   
車体塗装
Europa、 Omia

後述の2社は、フランス車体製造業連盟(FFC)後援による「車体製造・塗装ヴィレッジ-塗装・修理」に出展。これら再出展企業の中には、PSA、ルノーといった大企業も含まれ、参加を表明した。

また、2年前に参加した下記の多くの自動車部品メーカー、工具メーカー、流通グループも、前回の出展を通してこの展示会への信頼を新たにしている。
Autodistribution, Beru-Borgwarner, Bosch, Corteco-Freudenberg, Delphi, Hutchinson, Mann+Hummel, NTN-SNR roulements, Schaeffler, Starexcel (Autolia Group), Valeo, ZF Trading.

診断分野では、Actia、Texaの両社が出展する。2009年同様、修理工場用設備ではEGI Europe、Fog、Förch、KS Tool、Provac、Ravaglioli、SNA Europeの各社が出展する。

EQUIP AUTOについて
あらゆる車両の自動車部品の国際見本市として、EQUIP AUTOは、新製品、新サービス、新規取引先を求めている製造業者、流通業者、修理業者間の有力な交流の場となっており、Comexposiumによって、そのパートナーであり株主でもあるフランス自動車部品工業会(FIEV)およびフランス車体製造業連盟(FFC)の後援で開催されている展示会である。2011年は、来場者96,000人(うち国外35%)、出展者は全業種合わせて1,800社(うち国外75%)が見込まれている。