ユニオンツール製工具ライブラリを提供開始! ゼネテック

ゼネテック(本社:東京都新宿区、代表取締役 上野憲二)は、3 次元CAD/CAM システム「Mastercam」専用の工具/ホルダライブラリ「My Tool Box」上で、このほど新たにユニオンツール株式会社製工具ライブラリの提供を開始した。

「My Tool Box」は、工具メーカー各社が販売する各種工具データを登録した「工具ライブラリ」と、ツーリングメーカー各社が販売する各種ホルダデータを登録した「ホルダライブラリ」を備えた当社オリジナルのサービス。リリース以降定期的なラインナップの拡充を進め、現在までに工具メーカー4 社(オーエスジー、ダイジェット工業、日進工具、三菱マテリアル)、ツーリングメーカー3 社(MST コーポレーション、大昭和精機、日研工作所)の主要製品ライブラリが同社の提供するMastercam 上で利用可能となっている。

「My Tool Box」上で公開されている工具ライブラリには、工具径や刃長、母材、コーティングなどの情報はもとより、各メーカーが提示する加工条件の推奨値が工具種別ごとに登録されている。また、ホルダライブラリについても、ホルダ形状やテーパー規格などの情報がホルダ種別ごとに登録されているため、提供するMastercam を使用しているユーザーは、工具やホルダの情報を新規に登録する必要がなく、ツールパスの作成作業に専念できるメリットがある。

なお「My Tool Box」は、同社の提供するMastercam 保守サービスに加入しているユーザー向けに提供するサービス。このほど提供を開始するユニオンツールの工具ライブラリをはじめ、すべてのライブラリは同ユーザー向けの専用ホームページからダウンロードの上利用できる。

ユニオンツール製「超硬エンドミルユニマックスシリーズ」の計38種3,500本を追加

新版では、ユニオンツールの工具ライブラリ「超硬エンドミルユニマックスシリーズ」を新たに提供を開始する。
今回は同シリーズにラインナップされている2 枚刃高硬度用ボールエンドミル「HSB シリーズ」、同ロングネックボールエンドミル「HSLB シリーズ」、ロングネックラジアスエンドミル「HLRS シリーズ」、2 枚刃スクエアエンドミル「C-CES シリーズ」などの計38 種約3,500 本を一挙公開。同社製の主要工具がすべてMastercam 上で利用可能となる。

また、並行して同社では各ライブラリの追加公開に向け、現在様々なメーカーと協議を進めており、今後も工具メーカー、ツーリングメーカー各社の協力のもと「My Tool Box」の一層の充実化と使い勝手の向上を図るべく、鋭意準備を進めていくとしている。