ちょび髭くんカレンダーが届きました☆

東京・大田区で町工場を経営しているカシワミルボーラのK氏から可愛い猫カレンダーを頂きました。

ありがとうございました(*●∀●*)♪嬉♪

にんにくのようなお手々が可愛すぎる!
170117b1
170117b2
170117b3
170117b4

ここには野良猫の「ちょび髭くん」が毎度顔を出しています。
みんなに可愛がられて、野良な生活を優雅に堪能しているちょび髭くんですが、この猫撮影が上手いのが、削り出しの“女体”で有名な同社のK氏です。

170117b5システムは牧野フライスのFF/CAM、マシンはブラザーの「TC-22B-O」で切削加工した女体。光と影の陰影で女性の曲線美が強調され、筋肉や脂肪の感じが生々しい。マイペース過ぎて全くキレさを感じさせないK氏の風貌と、エロな視点で様々な騒動を巻き起こす(?)、いや、エロな視点しかないんじゃないか? としか思えぬ様子からは想像が困難ですが、彼は日頃から猫愛に満ちあふれている写真を撮っており、その写真は見る者の心を癒やす力を持っています。まさにその腕は、町工場の岩合光昭! と勝手に命名しちゃいたくなるほど。

写真にあるちょび髭くんの表情からも、K氏を信頼しているのがとても分かります。

カシワミルボーラは“美しい切削部品加工を追求する”といううたい文句を掲げているだけあって、その腕には定評があります。動物写真はとても難しいのですが、最高の一瞬を最高のアングルで収めることができるK氏はやっぱり凄いなあ~と感心してしまいます。

輝きを放つもの、小さくて尖ったもの、曲線を描いたもの、キサゲのウロコ模様―――
加工された部品等のパーツが芸術品に見えるときがあります。

猫と仕事は一見関係のないようにもみえますが、こうしたことからもK氏の仕事に対する熱意と底知れぬ好奇心がなんとなく伝わってきますね。

カシワミルボーラのK氏、恐るべし!