日立建機がインドの製造現場の中核を担う人材育成をめざす「ものづくり技能移転推進プログラム」に参画

171002日立建機 日立建機(社長=平野耕太郎氏)は、このほど日本およびインド政府が共同で進める「ものづくり技能移転推進プログラム」に、インド国内で建設機械の製造および販売・サービスの事業を展開する連結子会社、タタ日立コンストラクションマシナリー Company Private Limitedを通じて参画すると発表した。

 「ものづくり技能移転推進プログラム」は、中長期的に経済成長が期待されるインドの製造分野において、インドが掲げる「メイク・イン・インディア」、「スキル・インディア」に貢献するためのプログラムで、 日本・インドの官民連携の下、10年間で3万人のものづくり人材を育成することを目的としている。2016年11月11日に、経済産業省およびインド技能開発・起業省が、同プログラムを促進し、協力していくことについて覚書に署名している。

 今回、日立建機は、本プログラムの目的および両国政府の取り組みに賛同し、同プログラムの柱の一つであるインドにおける製造現場の中核を担う人材を育成する人材育成機関「日本式ものづくり学校(Japan-India Institute for Manufacturing/以下、JIM)」に、経済産業省から認定を受けた上で、教育施設の整備および教育プログラムの構築を行う。タタ日立社の所有するダルワッド工場敷地内の教育施設にて、JIMの取り組みを進めていく予定。

■タタ日立社概要
社名
Tata Hitachi Construction Machinery Company Private Limited
従業員数(2017 年3 月31 日現在)
2,052 名
拠点数(2017 年3 月31 日現在)
製造拠点: 3 拠点
販売・サービス拠点: 237 拠点
インド事業売上収益(日立建機連結 2016 年度実績)
約486 億円