DMG MORIが上海ソリューションセンタ グランドオープン!

171115DMGMORI DMG MORIがこのほど上海ソリューションセンタをグランドオープンしたと発表した。現地時間11月8日にオープニングセレモニーを執り行い、同社の森 雅彦社長、DMG MORI AKTIENGESELLSCHAFT Chairman of the Executive Board クリスチャン トゥーネス氏ら関係者によるテープカットを行った。

 同ソリューションセンタは2016年12月に生産を終了した上海工場を全面的に改装しショールーム、アカデミーの機能を充実させ、また、50mのラインを3案件同時に立ち上げ可能なターンキーエリアとスペアパーツ部門を新たに設置し、上海ソリューションセンタとして新たにスタート。

 オープニングでは、最新機種である「DMU 50 3rd Generation」を始め、「CMX 600 V」、「LASERTEC 65 3D」などの注目機種を含む25台で実演加工をした。さらに、インダストリー4.0 / IoTを駆使した自動化の提案を行い、「CELOS」のアプリケーションを活用したスマートファクトリーの実演は好評を博した。

 同社では、自動化システム需要の拡大、EVシフトによる自動車産業への注目の高まりを背景に、これまで中国全土に約17,000台以上の工作機械を納入している。今回オープンした上海ソリューションセンタについて同社では、「中国をはじめ近隣国のお客様に最高の製品とソリューションをご提供するため、グローバルに展開するDMG MORIの販売・サービス活動の重要な役割を担ってまいります」としており、そのため、航空機、金型といった高精度を求められる産業に欠かせない5軸加工機のエキスパートであるアプリケーションエンジニア約30名、保守・保全の際に顧客のもとに駆けつけるサービスエンジニア約260名を中心に、約330名の社員が活躍する。

<上海ソリューションセンタ>
●所 在 地:No.178 West YinDu Road, Songjiang District, Shanghai 201612, China
●敷地面積:1,735㎡
●社  員:約330名