【社長訓示】「社会へ貢献するとともに充実下生き甲斐のある人生を」日立建機 執行役社長 平野耕太郎

(要旨)

(1)
 入社おめでとう。
 これまでお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れずに、若さと豊かな感性を生かし、仕事を通じて、社会へ貢献するとともに、充実した生きがいのある人生を築いてほしい。

(2)
 建設機械ビジネスは、グローバルで進展しており、先進国のみならず、新興国のインフラ整備など、国づくりに貢献している。また、製品自体もICTやIoT、AIの先進技術を活用し進化してきている。このような建設機械業界のさらなる飛躍に向け、若い力で新風を吹き込み、日立建機の発展の頼もしい担い手として活躍してほしい。

(3)
 高いプロ意識と目標を持って仕事に取り組んでもらいたい。常に新しいものを吸収しようとする前向きな姿勢を持ち、それぞれの職場で必要な知識や技術・技能を習得し、一日も早く「プロフェッショナル」になれるよう取り組んでほしい。

(4)
 日立建機グループ共通の価値基準・行動基準である「Kenkijinスピリット」を貫く3つの思想「Challenge(チャレンジ精神)」、「Customer(個客*志向)」、「Communication(風通しの良さ)」を十分理解し、それぞれの職場で伸び伸びと、積極的に活躍してほしい。

(5)
 お客さまのメーカーに対する要望が、「製品を創る」ことから、「ソリューションを創り、提案する」ことに大きく変化している。この世の中の変化に対し、日頃より感性を研ぎ澄ましてその動きを敏感に感じ取るとともに、物事の本質を的確に捉える力を養ってもらいたい。お客さまのニーズや困りごとに対しては、自由な発想で知恵を出し、常にスピード感をもって対応してほしい。