金型業界を支える最新技術が集結! 「INTERMOLD2018/金型展2018」(大阪)~注目各社の見どころはコレだ!~

180413top
(2016年に大阪で開催された様子)

 4月18日(水)から4 月21 日(土)までの4日間、インテックス大阪で「INTERMOLD2018/金型展2018」(主催:日本金型工業会、テレビ大阪)ならびに「金属プレス加工技術展2018」(主催:日本金属プレス工業協会)を開催する。今年は堅調な金型業界の動向を反映し、出展者数378 社・団体、展示小間数881 小間での開催となる。
 また、自動車部品や航空機部品に関する特別セミナー、工作機械、切削工具、CAD/CAM、CAE、測定機器など出展企業によるテクニカル・ワークショップなども開催し、金型や金属プレス業界関係者への最新技術の提案が行われる。
製造現場ドットコムでは一足早く注目メーカー各社の新技術や目玉製品を公開する。

 (アマダマシンツール、イスカルジャパン、イワタツール、オーエスジー、オークマ、OKK、岡本工作機械製作所、キタムラ機械、ジーベックテクノロジー、大昭和精機、ダイジェット工業、DMG森精機、ナガセインテグレックス、日進工具、ブルーム-ノボテスト、牧野フライス製作所、三井精機工業、三菱日立ツール、ヤマザキマザック、碌々産業)

最新の高剛性プレスマシンが見所!
●アマダマシンツール

180413top1GORIKI「SDE-2017」 今回は、アマダマシンツールの最新テクノロジーであるバンドソーマシン、研削盤に加えて最新の高剛性プレスマシンを出展。「プロセス& IoTイノベーション」材料切断から部品加工、プレス加工とIoTのトータルソリューションをテーマに、各分野における加工工程改革を提案する。特に注目したいのは、新製品のデジタル電動サーボプレスSDEシリーズ」。順送加工に特化した剛性を高めた力強いサーボプレスで、板鍛造、高張力鋼板などの高付加価値成形に対応するマシンだ。他にも新製品として、オプティカルプロファイル研削盤 「GLS-150GL」、グラフィカルプロファイル研削盤 「DV-1」を展示。また、マシン&ブレードの一体開発で生まれた超速バンドソーマシン ハイパーソー 「HPSAW-310」も要チェックだ!

注目は「賢い機械加工」を実現するイスカルIQ工具シリーズ
●イスカルジャパン

180413top2 イスカルジャパンは従来の高性能加工用工具シリーズとともに、IQシリーズを展示。このシリーズは高剛性クランプを特長とし、高精度・高能率な“賢い機械加工”を実現する。
三角形ヘリカル切刃ミーリング工具「ヘリIQミル390」、ヘッド交換式ミーリング工具「マルチマスター」、高剛性ダブテイルクランプ構造、両面8コーナー使い四角形チップ採用ミーリング工具「ダブIQミル」、好評のヘッド交換式穴あけ工具スモウカムにセルフセンタリング機能が搭載された「スモウカムIQ」など、進化した人気シリーズにも注目だ。また、iPadで製品動画を公開する。同社の営業・技術員が加工動画を紹介しながら、詳しく製品解説を行い、ユーザーの加工のお悩み・改善案・ご相談など様々な問題解決に対応する。

HRC40~72の焼入れ鋼に穴があく!
●イワタツール

180413top3 絶好調のイワタツールの見所は、HRC40~72の焼入れ鋼に穴があく「トグロン®ハードロングドリル」。焼入れ鋼に直接穴をあけることができ、金型のエジェクタピン穴加工をはじめ、ワイヤ放電加工のスタート穴、部品加工においても精度向上や工程短縮が可能な製品。世界最速 1穴0.2.秒で40000穴以上加工可能なステンレス・調質鋼等の安定加工も出来る「GPドリル」(特許取得)や、他にも切れ味、面粗度、精度と仕上がりの美しさにこだわった売れ筋No.1の「SPセンター」に加え、面取り加工に特化することでコスト低減と加工スピードアップを両立した「トグロン®マルチチャンファー」と、アルミ・樹脂・真鍮に最適な「トグロン®シャープチャンファー」を展示。最近、イワタツールファンの要望に応えて生産量をアップしている。

「shaping your dreams 2018 お客様の夢をカタチに」
●オーエスジー

180413top4AT-1 今回は、様々な被削材に対応し、幅広い加工を実現する同社のプレミアムな工具ブランドである「Aブランド」から新製品やバリエーションの拡大をお披露目する。特に注目したいのは、超硬防振型エンドミル「AE-VMS」。多種多様な被削材・幅広い加工に対応し、高能率加工と、作業時間短縮、コストダウン、加工面の仕上がりにこだわって開発したものだ。また、昨年の秋に発表された「ワンレボリューションスレッドミルAT-1」がいよいよ満を持して発売! 1パスで高品位なめねじ加工を実現する。さらに、独ZOLLER社製ツールプリセッタ「OZT-3」の新タイプも登場。会場内では実機による実演も行う。

独自技術で金型加工に革新!
●オークマ

180413top5MU-800V LASER EX 同社では、金型加工をはじめあらゆる分野で高能率加工を実現する工作機械3台を展示し、実演を行う。また、生産性向上に役立つ独自の知能化技術や、IoTを活用した稼働率向上支援システム「Connect Plan」も紹介する。特に注目すべきは、5軸制御マシニングセンタに最先端レーザ加工を融合したスマートマシン「MU-8000V LASER EX」。ミーリング、旋削、研削加工に、焼入れ、金属積層造形を加えた究極の工程集約を1マシンで実現するのだから頼もしい! 他にもインテリジェント複合加工機「MULTUS U3000」は、切削・ミーリング加工能力の強化と、効果的な工程集約ができる広い動作範囲を実現して誕生。下刃物台、対向主軸、長手展開など豊富な仕様展開を準備し、より高い次元の工程集約を実現する。会場では最先端の加工方法、独自の知能化技術にくわえ、IoTを活用した次世代のものづくりを提案する。

複合化・複雑化する金型・部品の高能率な工程集約加工に威力を発揮!
●OKK

180413top6VC-X350 重切削、高剛性の100年品質を誇る同社の見所は、精度と剛性に優れた角形すべりガイドを採用し、重切削・高能率加工を実現する立て形マシニングセンタ「VM53R」と、金型・部品の高速・高能率加工を実現する5軸制御立形マシニングセンタ「VC-X350」。特に5軸専用機として同社の技術を集結した「VC-X350」は、工程集約によるリードタイム短縮・段取り替えによる精度劣化・作業者の負担を一掃してくれるマシンだ。ATCはOKK独自のカム式高速同期工具交換装置で、安定した工具交換と抜群の耐久性を実現している。リニアローラガイドは従来機より1ランクサイズアップし、ガイド剛性が約2倍に向上しているところもポイントが高い! 長期間の面展ナンスフリーとオイルによる汚染ゼロを実現しているのも嬉しい。

「好調業種へPR!新研削盤で研削に革命を!」
●岡本工作機械製作所

180413top7PSG63SA1 今回は、好調業種の「金型業界」・「半導体業界」に向けて計4機種をPR。2017年4月から発売を開始して金型業界に好調の“PSG-SA1シリーズ”は研削作業に必要な汎用性を生かしたまま、大型タッチパネルでの自動研削サイクルを実現。IoT技術を活用して各部品の稼働状況の把握でサービス面の向上に成功、今後の研削盤業界を牽引する新型研削盤。
 さらに同社前年比2倍の受注台数を突き進んでいるロータリー研削盤“PRGシリーズ”は好調の半導体業界へのPR展示を行うとのこと。近年研削盤業界に斬新な発想を提案する岡本工作機械の“研削革命”に注目頂きたい!

「最先端のつながる技術で夢のような近未来」がデーマ
●キタムラ機械

180413top8Mytrunnion-4G 今回はトラニオンタイプ5軸制御立形マシニングセンタシリーズの中心機種2機種「Mytrunnion-4G」と「Mycenter-4XT」を出品。特に注目したいのは、「Mytrunnion-4G」。φ400mmの超高精度ローラーギヤカム旋回傾斜テーブルを搭載し、追従性・敏捷性に優れ高剛性・高速加工に最適。2008年に世界初アイコン制御のタッチパネル操作やインダストリー4.0に対応した独自のCNC装置「Arumatik-Mi」は、スマートフォン感覚でラクラク簡単操作の豊富な機能を搭載し、インターネットテクノロジーを駆使した使い易さが特長。また、スマートフォンでマシニングセンタの監視、操作、メンテナンスを可能にする画期的な最新機能「Anywhere-Remote」も要チェック! 19インチマルチタッチパネルに高解像度CCDカメラ、マイク、スピーカーを搭載し、世界中どこからでもインターネットを介して、作業者と会話して加工現場の状況を明確に把握できる。

金型研磨コンテストが大いに盛り上がる! バリ取りのコンテンツ満載!
●ジーベックテクノロジー

180413top9 バリ取りの自動化を推奨している同社のブース展開といえば、バリ取りに関してのコンテンツが豊富だということ。バリ取りや研磨の自動化ツールを展示するのはもちろん、バリ取り・研磨の自動化、手作業改善について相談を受け付け個々の悩みに応じて解決策を提案する。また、東京で好評だった「金型研磨コンテスト」を今回も実施! 職人の方々のチャレンジを会場内で受け付けている。会期中、この企画は大きな盛り上がりをみせることは間違いなし! また同社の住吉社長/バリ取り大学理事長のセミナーや、バリ取りと公開討論会も会期中に行い、ユーザーから寄せられた相談ワークに対して改善方法を提案する。やっかいなバリ取りの効率化に貢献するコンテンツが満載だ!

ビビリを瞬時に減衰!BIGならではの見所満載!
●大昭和精機

180413top10ビビリによる仕上げ面精度に悩める方々に朗報! 今回同社が展示する「BIGスマートダンパー・ボーリングヘッド」は、内部に特殊なダイナミックダンパーを設け、ビビリを瞬時に減衰。高い防振効果で従来の5〜6倍の加工能力が向上する。これにより、ボーリング加工径の縮小を最小限に抑制する事ができる。高精度仕上げボーリング「EWNヘッド」が一体型になったタイプと、高剛性の荒用ボーリング「SWヘッド」が一体のタイプ、いずれもヘッド一体型のため、より刃先に近い箇所まで内部のダンパーを大きく設けることができ、さらに高い防振効果が得られビビリをシャットアウトする。一体型SWヘッドは加工径φ41〜φ110。一体型EWNヘッドは加工径φ32〜φ203。いずれもBIG+KAISER CKコネクションシステムでの連結にて使用が可能だ。

難削材加工に強い! 難加工の攻略法も紹介
●ダイジェット工業

180413top11防振Sヘッド 「難削材加工はおまかせください!」と力強い同社。今回は高硬度材やチタン、耐熱合金など難削材の荒加工から仕上げ加工まで、最適な工具を提案する。併せて加工能率の改善に貢献する新商品も出展。耐摩耗用工具ではレアメタルレスの複合新材料「サーメタル」製品を展示。4/21(土)11:00からは、テクニカルワークショップ第2会場において「難削材、お待ちしてます」と題し、ワークショップを開講。金型別に難削材加工の攻略法も紹介する。一押し商品は、「防振SヘッドSMSR形」。航空機や金型向け部品の深掘加工・仕上げ加工をターゲットとした防振タイプのソリッドモジュラーヘッドだ。不等分割・不等リードの採用により防振性に優れ、安定した加工を実現。新材種「DH115」を採用し、炭素鋼、プリハードン鋼からステンレス鋼、チタン合金など幅広い被削材に対応する。

5軸加工機のスタンダードモデル「DMU 50 3rd Generation」など4台を展示!
●DMG森精機

180413top12DMU 50 3rd Generation 5年ぶりの出展となる同社。今回は、「5軸とレーザを融合した最先端の金型加工」をテーマに、5軸加工機での工程集約やレーザ加工機での高精度な面品位など、5軸加工機とレーザ加工機による金属加工のメリットを体感できる。また、CAMを用いたプログラミングや簡単な操作で実現する計測やサービス体制など、5軸加工機の導入に不安を感じている方にも安心して使用できるソリューションを最新の加工技術をもった同社のエキスパートが提案するというから心強い! 注目したい最新5軸加工機は「DMU 50 3rd Generation」と「DMC 80 FD duoBLOCK」。最新レーザ加工機は「LASERTEC 45 Shape」。同社のさらなる高精度な金型生産に貢献する技術とノウハウにこうご期待!

生産性を激変させる秘策がここにある!
●ナガセインテグレックス

180413top13SGC-840α S4-Zero3 今回は「生産性激変!!」をテーマに驚異の生産性を生み出すための超精密加工と超能率加工を両立するマシンと加工システムを出展する。常にユーザー目線で加工時間の短縮や工程の改善など、ロスを無くして生産性の向上を図るマシンを世に送り出している同社の注目すべきマシンは、超精密成形平面研削盤「SGC-840αS4-Zero3(適削仕様・爆削仕様)」。精密樹脂金型、純そう金型やプレス金型の超平面創成に最適。“世界最高レベル”の超平面、超鏡面、超形状創成を実現するマシンだ。他にも高精度成形平面研削盤 「SGE-520SLD2-Zero3」、AI GRINDING ROBOTICS「適削」、超精密クーラント濾過・改質・供給ユニット 「爆削」などナガセならではのユニークな出展製品が盛りだくさん!

“ツルツル・すべすべ・ピカピカ”な加工面を高速加工機で実現!
●日進工具

180413top14 見所は高硬度材の超仕上げ加工に対応したPCDボールエンドミル『PCDRB』。ダイヤモンド焼結体(PCD)の特性を活かすユニークな工具デザインが、高速マシニングセンターを利用した加工で、面粗さをナノレベルまで引き上げている。まさに切削では困難とされていた「金型の磨きレス化」を実現する工具として注目したい。「困難な金型の磨きレス化は、工具と共に高精度な高速加工機、加工環境、ツールパスの最適化など、その状況で加工結果が大きく変化します。そのため、加工にトライするハードルも高いという声が多く聞かれました。」と同社。そのハードルを少しでも低くし、磨きレス化を体験できるようにと今回「PCDトライアルキット」も展示。加工に必要なワーク・工具・NCプログラムが同梱されており、すぐにテストが開始できる体験キットとなっている。

5軸加工機でワーク加工精度を見える化
●ブルーム-ノボテスト

180413top15 同社の注目製品は金型ワークの品質安定化や製造工数削減に向けた、加工後ワークの機上3次元測定を実現する「フォームコントロール」。測定ソフトウェアでワークのCADデータをPCに取込み、PC上に表示された3D画像にマウスクリックで測定点を指定。プローブの最適計測パスをPCで自動作成し、干渉チェックもPC上で実行する簡単操作が特長。測定結果は帳票に加え、ワーク3D画像へのグラフやマッピング表示、またCSV形式での出力となる。機上での加工後ワーク測定で計測工数削減、後工程への不良排出抑制、且つ不良ワークを機外へ取外すことなく追加工が可能。3軸/5軸加工機共に対応可能、またネットワーク構築によるIoT化に向けた提案もしてくれる。 期間中はブースにて同製品のプレゼンテーションを実施予定(11時~15時の間で一時間毎)。同製品の素晴らしさに触れることが可能な体験コーナーも設置する。

年々要求精度が厳しくなる、順送プレス用金型加工に適したマシンを展示
●牧野フライス製作所

180413top16 今回は、年々要求精度が厳しくなる順送プレス用金型加工に適した、高い真円度・ピッチ精度を実現した高精度ワイヤ放電加工機「UP6 H.E.A.T.」を展示。注目したいのは、高い要求精度を維持するための機体温度制御の他、3面アプローチ可能な接近性の良い構造、新しい自動結線方式など新技術を多く採用し、高精度だけでなく、使い勝手の良さを追求している点だ。移動量(X,Y,Z):650mm×450mm×320mm、(U,V)±75mm x×±75mm、最大ワークサイズ:1000mm × 800mm × 300mm、最大積載質量:1800kg、真円度:0.75μm(実績値)、ピッチ精度:1μm。同社の展示会ブースでは時折、ひっそりと「あっ!」と驚くような展示品があるので隅々まで見学することをオススメする。

「さらなる高精度、高機能への挑戦。」
●三井精機工業

180413top17J350G 同社は、5軸立形マシニングセンタ「Vertex55X Ⅲ」とジグ研削盤「J350G」を出展。 「Vertex55X Ⅲ」は、「最小の設置スペースで最大の加工エリア」を実現した初代Vertexの特長に加え、さらに精度・剛性を向上させている。一方のジグ研削盤「J350G」は、砥石自動切り込みストロークの大幅な拡張で、異径穴の自動加工範囲を飛躍的に拡大させた。特に「J350G」は今回のIntermold2018で、新たに開発したテーパー研削加工のデモンストレーションを行う。注目したい点は、従来の機種ではテーパー角度が3°までだったが、本機は90°までのテーパー角度の加工が可能となったこと。従来機では不可能だった加工を実現したことで、プラスチック金型等、本機が活躍できる範囲が大幅に拡大し、ジグ研削加工の新たな領域を広げることができた。同社50年のジグ研削盤生産の歴史の中でも本機はエポックメイキングなマシンなのだ!

最新工具を駆使した加工ソリューションで金型加工の悩みを解決!
●三菱日立ツール

180413top18 高能率加工を実践したいが要求精度に仕上げるために手戻り加工はしたくない、焼入れ鋼などの高硬度鋼の直彫り加工を実現したい、最終の磨き工程の負荷をできる限り軽減したい、夜間の自動運転を活用し働き方改革にも取り組みたい、など金型の製造現場では高精度な金型を効率よく作りたいというニーズがあり、同社ではこうした課題に真摯に取り組んでいる。今までも金型の高精度な加工を実現するために基礎加工の段階から金型の仕上がり精度を意識してトータル工程で高精度を追求する「Hi-Pre²」コンセプトを紹介してきたが、今回は同コンセプトに加えて最新工具を駆使した加工ソリューションで課題の解決事例を紹介する。注目したい点は、優れた耐摩耗性と耐熱性を有する新コーティングTH-3を搭載した「エポックディープボールエボリューションハード-TH3」を用いた加工。「加工の開始から終了まで精度を維持したい」「高硬度材の高品位面加工を実現したい」といったニーズを解決する。

「SMOOTH MACHINING SMART MANUFACTURING イノベーションはここからはじまる。」
●ヤマザキマザック

180413top19UD-400/5X 同社は、「SMOOTH MACHINING SMART MANUFACTURING イノベーションはここからはじまる。」を出展テーマとして、金型加工向け最新鋭機やハイブリッド複合加工機を含む3台を展示する。中でも今回の一押しは、金型や精密加工を高精度・高品位な加工面で実現する高速・超高精度な同時5軸加工機「UD-400/5X」。近年、金型業界などの精密加工分野では高品位な加工面と、高い生産性が求められており、こうした要求に応えるべく新開発されたマシンなのだ。完全左右対称の門形構造で機械剛性を高めベース、コラムに採用したミネラルキャストは減衰性が高く、高速加工時の振動を抑える。駆動用ギアを無くすことで振動を最小限に抑えたビルトインモータ高速主軸を搭載、また、主軸と高剛性ボールねじには軸心冷却方式を採用し、熱の発生を抑制する。さらに、長時間の連続加工においても高精度を維持するため、熱変位制御機能「サーマルシールド」と高分解能スケールフィードバックを装備した。

汎用性のある「微細加工機」がコンセプト! 機能“美”を追求したマシンに注目!
●碌々産業

180413top20 今回、同社の見所はなんといっても待望の新製品、超高精度高速微細加工機「Vision」。φ16mmエンドミルによる重切削からRa20nm以下の精密仕上げ加工まで1台で加工できるマシン=「汎用性のある微細加工機」というのが開発コンセプト。荒加工・中仕上げ加工・仕上げ加工を1台でできるマシンである。したがって、「わたり加工」をできるだけ少なくできるというメリットがあるのだ。リニアモータ駆動軸と超精密特殊直動ガイドを組み合わせ、微細加工機の領域を従来よりも大きな加工サイズへ適応しているのも嬉しい。さらに加工機の状態を見える化する「Advanced M-Kit」を搭載し、さらなる高精度化をサポートしている。注目すべきは、ネットワークを通じ微細加工がスムースに行われる環境をユーザーとメーカーが一体となってキープするシステムRCMS(ROKU-ROKU CLOUD MONITORING SYSTEM) に対応する点だ。碌々ならではの美しいマシンの外観にも要注目!