オークマがインド初の営業・テクニカルサービス拠点「グルガオンテクニカルセンター」を開設

180611オークマ オークマ(社長=花木義麿氏)のインド法人Okuma India Pvt. Ltd(オークマインド)は、顧客からの高まるニーズに応えるべく、このほど首都デリー近郊のグルガオン市(デリー空港から車で約10分)に営業・技術・サービスの拠点となる「グルガオンテクニカルセンター」を開設した。

 インド経済は順調な経済成長が続いており、生活水準の向上に伴い高い品質の工業製品が求められ、自動車や農機・建機向けに工作機械市場も拡大している。顧客の加工サポートやアフターサービスに対するニーズの高まりを受け、地域に根ざした営業活動と技術支援、アフターサービスの一層の充実と、オークマブランドの浸透を図ることが狙い。

(1)製品の展示、テストカット対応、 加工サポート及びソリューション提供の強化
(2)サービスパーツ在庫の充実による迅速サービスの強化
を掲げ、年間30億円の受注獲得を目指している。

 現在同社では、インド国内にグルガオンテクニカルセンター以外に5ヶ所の駐在事務所があるが、今後広大なインド市場をカバーするため、来年以降も同様のテクニカルセンターをインド各地に展開していくとしている。

■グルガオンテクニカルセンター
Okuma India Pvt. Ltd内に設置
敷地面積:370㎡
展示機:最新CNC工作機械3台(立形マシニングセンターMB-56VA、横形CNC旋盤GENOS L2000M、複合加工機MULTUS U4000 (10月搬入予定)
初期投資額:約1.0億円

■Okuma India Pvt. Ltd
100%出資のインド子会社
資本金:119,799,000インドルピー(約1億9,800万円)
所在地:Plot-89, Phase 2, Udyog Vihar, Gurgaon, Haryana, India
設立:2007年3月
従業員数:16名(うちテクニカルセンター要員2名)