世界中の産業界に寄与するタンガロイを知る(後編) ~松本営業本部長に聞く~

221128top00

 グローバル企業のタンガロイ(社長:木下 聡 氏、本社:福島県いわき市好間工業団地1-1)は毎年多くの新製品を開発し、その製品の全ては〝日本機械工具工業会 環境調和製品認定基準〟に基づく基準を満たしたものである。地球規模で産業界の発展に寄与するアイデアと製品力が魅力の切削工具は、ユーザーから高い評価と信頼を博している。

 同社のスローガンのひとつに『営業はタンガロイのアンテナであれ』という言葉がある。加工現場の課題や動向や変化をいち早くキャッチし、品質向上と工期短縮による経済効果を高めるためのノウハウを顧客に提供するのは専門性を持った営業部隊だ。前回掲載した木下社長に引き続き、松本憲幸営業本部長のインタビューを掲載する。続きを読む
 

20211月sg_mol_edt_

 

 

ピックアップ

【工作機械編】JIMTOF2022で見た注目各社の技術まとめ

 「JIMTOF2022」でみた工作機械は、カーボンニュートラルへの対応を視野に入れ、環境に配慮したマシンが目立った。製造現場では労働人口の減少に加え、人材の多様化も進んでいるため、誰もが使いやすい工作機械がトレンドとなっているようだ。また機械の自動化・複合化はさらなる加速をみせ、工程プロセスの効率化を推進する技術が多く披露された。

【切削工具・周辺機器編】JIMTOF2022で見た注目各社の技術まとめ

 「JIMTOF2022」でみた切削工具・周辺機器は、工作機械同様、CO2削減のためのグリーンテクノロジーとともに工程プロセスの効率化を推進するものが多く見られた。世界のトレンドとなっているEVや半導体産業向けのニーズに沿った製品が豊富に展示され、環境負荷低減のために加工時間を短縮するための取り組みを機械メーカーとコラボをしながらソリューションとして提案していた企業も目立っていた。