三菱マテリアルが新製品を発売中! ~センタリング・面取り加工用超硬ドリル“リーディングドリルシリーズ”「DLE」、焼結合金・鋳鉄加工用CBN材種「MB4120」~

 三菱マテリアル 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:中村伸一氏)が、続々新製品を発売している。このほど新たにm①センタリング・面取り加工用超硬ドリル“リーディングドリルシリーズ”「DLE」、②焼結合金・鋳鉄加工用CBN材種「MB4120」を市場投入した。

センタリング・面取り加工用超硬ドリル“リーディングドリルシリーズ”「DLE」

180627三菱マテリアル1 この製品は複合旋盤、小型自動旋盤で使用されるセンタリングや面取り加工などに対応した超硬ドリル。今回、ERコレットに対応した取り付け部径5mm、7mmを含む、先端角90°、9アイテムの販売を開始した。

 主な特長は、以下の通り。

 ① 二段先端角形状とシンニング形状により、ステンレス鋼の加工でも異常欠損なく耐久性に優れ、寿命延長を実現。
 ② 良好な食付き性と切れ味の良い刃先形状は、切削抵抗が低いことにより、動力の小さい小型自動旋盤での加工に最適。
 ③ ドリル専用PVDコーテッド超硬材種により、一般鋼はもちろん軟鋼、炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼、鋳鉄系まで幅広い被削材で優れた耐摩耗性を実現。

■標準価格
・DLE0300S030P090 DP1020 :6,770円
・DLE0500S050P090 DP1020 :8,410円
・DLE0700S070P090 DP1020 :10,260円
・DLE1000S100P090 DP1020 :13,620円
・DLE1600S160P090 DP1020 :29,760円
(いずれも税抜価格)

焼結合金・鋳鉄加工用CBN材種「MB4120」

180627三菱マテリアル2 この製品は、バルブ機構やオイルポンプ部品などの焼結合金・鋳鉄加工において、耐欠損性を大幅に向上させることにより、連続加工から断続加工まで、幅広く使用可能なCBN材種。このほどネガティブインサートとポジティブインサートを同時に販売を開始した。

 主な特長は、以下の通り。

 ① 微粒cBN粒子により、優れた刃先靱性を発揮し、高い耐欠損性を有することにより、断続加工においても安定した加工を実現。
 ② 焼結条件の最適化により、微粒cBN-微粒cBNの結合が強固となり、加工中に発生するcBNの脱落やクラックの発生を抑制することで、優れた耐摩耗性と耐欠損性を実現。
 ③ 刃先処理は、切れ味の良いシャープエッジをはじめ、丸ホーニング、3種類のチャンファーホーニングを規格化し、バリエーションが豊富。

●標準価格
・NP-CNGA120404SF2 MB4120:4,830円
・NP-DNGA150408SE2 MB4120:4,830円
・NP-TNGA160404GS3 MB4120:6,260円
・NP-CCGW09T308TS2 MB4120:5,380円
・NP-VBGW110304FS2 MB4120:5,380円