JMAが優良工場表彰制度「2018 年度(第8 回)GOOD FACTORY 賞」決定 ~中国、マレーシア、日本の3ヵ国から5工場を表彰~

 日本能率協会(会長=中村正己氏、略称:JMA)は、日本およびアジア地域に進出している製造業の生産性や品質の向上、改善活動に成果をあげた工場を表彰する「GOOD FACTORY 賞」を2011 年に創設し、優秀事例を紹介する活動を行っているが、このほど第8回の受賞企業として、NEC、オークマ、コマツ、東レ、ブラザー工業、の5社・5工場を決定したと発表した。

 「GOOD FACTORY賞」は、日本およびアジア地域で、工場の生産性向上、品質向上など体質革新活動に取り組まれている事例に着目し、そのプロセスや成功要因、現場の知恵、働く方々の意識改革、社会的貢献などの内容を日本製造業の範として顕彰するもの。優良工場の事例を産業界に広く紹介することで、製造業の体質強化と発展に寄与することを目的としている。

 GOOD FACTORY賞審査委員会(委員長:東京工業大学工学院経営工学系教授伊藤謙治氏) の書類審査・現地審査を経て、以下の企業に決定した。

180818能率協会