DMG森精機が「グローバルパーツセンタ開所式」ならびに「伊賀イノベーションデー」を開く

190808DMGiv1 DMG森精機(社長=森 雅彦氏)が、7月9日(火)から13日(土)の5日間、同社伊賀事業所で「伊賀イノベーションデー2019」を開催し、多数の来場者で賑わった。初日となった9日は、奈良事業所から移転・拡張したグローバルパーツセンタ開所式を行った。



グローバルパーツセンタは効率的な作業を実現!

190808DMGiv2あいさつをする森社長 新しくなったグローバルパーツセンタは床面積1万2,810㎡の広さを誇る。最大の特長は、ERPと連動した最新鋭の構想自動ラック倉庫を津入試、倉庫管理システムWMS(Warehouse Management System)によるピッキング最適化アルゴリズムにより効率的な作業を実現していることだ。今回の移転・開所で自動化ならびに標準化を加速させ、欧州・米州・中国他、全世界の顧客への供給を迅速かつ確実に行う。これでパーツを収納できる容積率が従来比150%となった。

 この建物は、1970年に先代である森社長の父が初めて伊賀で造った建物。稼働開始に先立ちあいさつをした森社長は、「自分自身も小学校3年生のときに、まだ名阪国道はここに出来ていなかったので、ディーゼルカーで2時間ほどかけてここに来たことがある。父は他に自慢する人もいなかったようで、子供に向かって、この工場すごいだろ、と自慢した思い出がある。こんなに綺麗になったので、おそらく先代社長も喜んでいるでしょう。」と、感慨深い様子を見せた。

190808DMGiv3最新の自動化システムを導入したグローバルパーツセンタ 現在受注ベースで95%の出荷率とのことだが、森社長は、「今後はさらにお客様の予防保全を含めて、そろそろパーツを交換したい等のときに、最近のIoT等、様々な仕組みを使い、実際に問題が発生してから24時間以内にパーツを90数%、100%近い形で持っていく所存であり、今後様々な取り組みを考えている。現在、40年以上機械を使われているお客様もたくさんあり、90数%の発送率を保つのは大変な作業だが、社員と新しい仕組みを今後も改善改良しながら構築していきたい。」との思いを話した。

 同社では、全世界の顧客に向けた24時間以内のパーツ発想率(2019年3月時点で95%)をさらに高めるとしている。

■グローバルパーツセンタ 概要
場 所:DMG森精機 伊賀事業所内
床面積:12,810㎡
内 容:バケット自動倉庫9基、大型長尺自動倉庫1基、小型長尺自動倉庫604棚、小物保管用中量ラック、パレット自動倉庫4基、ケースコンベアライン1式、移動ラック

伊賀イノベーションデー2019は、「5軸化・デジタル化・自動化」がテーマ

190808dmgiv4 今回の伊賀イノベーションデー2019は、「5軸化・デジタル化・自動化」がテーマ。大型5軸マシニングセンタ2大、日本初出展となる3機種を含めた計36大を展示してデモ化工を実施した。さらに同社創立70周年を記念して全国70社の顧客とともに5軸加工機の普及を目的に発足した「5軸加工研究会」の展示スペースや次世代の通信規格5Gの体験コーナーを含めた多彩な催しで来場者を楽しませた。

 イノベーションデー2019の開幕にあたってテクニカルプレス会見が行われ、森社長が自らプレゼンを行った。

 森社長は、「デジタル化は特に20代~30代のオペレータにとって重要な要素。現在、デジタル化に多雨するバリアが低くなっている。プランニングから設計、製造準備、生産、モニタリング、品質管理、デジタル化して、一気通貫のデジタル化を提案している。」とした。

生産改革を加速させるのが狙い! 最新技術に釘付け!

190808dmgiv5トポロジー最適化技術を活用した工作機械 今回展示されていた新技術は、トポロジー最適化技術を活用した工作機械。また、AIで切りくずを感知し自動でクーラントを流す技術「AI切りくず除去ソリューション」を含めた工場生産改革を推進するものだ。

 同社によると、トポロジー最適化は、構造にかかる荷重に対して必要な箇所を残し、最適な構造形状を導く技術。最近では積層造形の発展で注目を集めている技術だ。同社では、最新技術を工作機械に活用し、「CMX600V」をもとに、切削能力は据え置きながら、CMX600V比で動剛性250%、静剛性120%、100kg以上の軽量化を達成した。イノベーションデー2019の会期中は展示のみならずデモ加工を実施し、大きな注目を浴びた。

 さて、切りくずが溜まると機械の突発停止や加工不良につながるため、従来はオペレータが掃除をしていたが、次にこの写真をご覧頂きたい。これは、マシン内部に設置したカメラの画像をもとに、切りくずの堆積している場所と堆積量をAIが推論し、マシン構造を加味して洗浄経路を自動計算するというもの。結果に基づき角度が自由に変えられる駆動ノズルがクーラントを吐出して切りくずを除去するというのだから、面倒臭い清掃作業に嫌気がさしていたオペレータの負担を軽減してくれるありがたい技術だ。長時間の無人運転も実現するので現場の作業能率がアップし、経済効果を高めるとして期待大である。

190808dmgiv6大勢の来場者で賑わいをみせた。 他にも大型・シャフトワーク加工、航空機エンジン、ロケット部品、半導体関連部品に最適な大型精密ターニングセンタ「NLX6000|1000」や、国内で初めて展示したパウダーベッド方式のレーザ金属積層造型機「LASERTEC 12 SLM」では、35 μmの小さなレーザスポット径による医療部品ワークの緻密な積層造形のデモンストレーションなども行い、来場者は豊富な見どころに圧倒されていた。