不二越が「アクアREVOドリル オイルホール」を新発売

190829不二越1 不二越(社長=坂本 淳氏)が、このほど「アクアREVOドリル オイルホール」を発売した。同社は、2018年に材料・形状・コーティングの全てを一新した超硬ドリル「アクアREVOドリル」を市場投入し、注目を集めたが、長寿命・高能率・多用途の優位性が幅広いユーザーから評価されたことを受け、今回、新発想のオイルホール形状を採用した「アクアREVOドリル オイルホール」を新たにラインナップした。

 自動車部品や機械部品などの加工現場では、生産性の向上に向けて、加工効率の改善や工具の長寿命化の要求が高まりに加え、加工硬化しやすいステンレスなどの難削材への加工需要が増えるなか、内部給油型のオイルホールドリルのニーズが拡大している。今回の新製品は、材料部門を有する同社独自の技術を結集し、硬さと靭性、そして耐摩耗性に優れた新超硬材に、新発想のオイルホール「REVO Power Cooler」を採用し、流体解析と剛性解析により、最適なオイルホール形状を開発、冷却性・潤滑性・切りくず排出性を飛躍的に向上させた。

特長

190829不二越2(1)圧倒的な長寿命
 REVO Power Coolerにより、内部給油の吐出量は同社従来品比で2倍。切削油の流量・流速を増加させ、加工点での高い冷却性を実現するとともに、潤滑性、切りくず排出性を向上させることで、他社汎用オイルホールドリルと比べ、約2倍の長寿命化を実現。

(2)高能率加工
 REVO Power Coolerの高い冷却性、潤滑性、切りくず排出性に加え、耐摩耗性と耐酸化性に優れたREVO-Dコートにより、高速切削や高送り加工における加工性能が向上。

(3)幅広い被削材に対応
 汎用オイルホールドリルでありながら、ステンレスの穴あけ加工において、他社ステンレス専用オイルホールドリルに比べて、2倍以上の長寿命を実現。一般鋼から高硬度鋼、ステンレス、チタン合金、耐熱合金まで、あらゆる材質に対して、アクアREVOドリル オイルホールは一本で対応可能。

■寸法範囲・価格
 ・3D 寸法範囲:φ3.0~φ16.0 全131 寸法
 参考寸法:代表寸法 φ6.0 全長 82mm 14,200 円/本(税抜)
 ・5D 寸法範囲:φ3.0~φ16.0 全131 寸法
 参考寸法:代表寸法 φ6.0 全長 100mm 16,400 円/本(税抜)
 ・8D 寸法範囲:φ3.0~φ16.0 全131 寸法
 参考寸法:代表寸法 φ6.0 全長 118mm 18,400 円/本(税抜)