三菱マテリアルがミーリング加工用コーテッド超硬材種「MV1020」の標準在庫化を開始

190917三菱マテリアル 三菱マテリアル 加工事業カンパニーが、ミーリング加工用コーテッド超硬材種「MV1020」の標準在庫化を開始した。

ミーリング加工用コーテッド超硬材種 「MV1020」は、独自技術による新しいコーティングプロセスにより、Al含有比率を高めても結晶構造が変化しないAl-richコーティングを開発し、高いAl含有比率と高い皮膜硬さを実現させたインサート材種。標準在庫化を開始したことにより、安定した供給を図る。

主な特長
① 高いAl含有比率と高い硬さを兼ね備える(Al,Ti)N膜を採用し、硬さに加え耐酸化性も大幅に向上させ、優れた耐摩耗性を実現。
② 耐熱衝撃性に優れ、熱亀裂の発生しやすい湿式切削においても加工安定性が向上。
③ 軟鋼、炭素鋼・合金鋼から析出硬化系ステンレス鋼、ダクタイル鋳鉄の加工に最適。

標準価格 : SNMU140812ANER-M MV1020 :2,000円
(代表型番) SNGU140812ANER-L MV1020 :2,480円
SEMT13T3AGSN-JM  MV1020 :1,330円
SEET13T3AGEN-JL MV1020 :1,640円
SOMT12T320PEER-FT MV1020 :1,330円
(*いずれも税抜き価格)