天田財団が「技能検定の受検手数料の助成」を開始

 天田財団(理事長=岡本満夫氏)は、従来の「金属等の加工に係る研究への助成」のほかに「金属等の加工業に従事する人材の育成と技能の向上に有益な資格の取得に対する助成」を今年から行う。これまでの公益目的事業に加え「技能検定の受検手数料の助成」を10 月1 日(火)から開始している。

 2019 年度は、職業能力開発促進法施行令で指定され、都道府県職業能力開発協会が実施
する技能検定の職種である「工場板金」技能検定に係る「受検手数料の助成」を実施する。

 2019 年度は、技能検定「工場板金」の後期受検から助成先を募集する。
 (1) 助成金予算額 : 1,350 万円(約650 名相当)一法人10 名以内
 (2) 申請受付期間 : 10 月1 日(開始)~2020 年2 月29 日(または予算終了時)
 (3) 助成金振込日 : 11 月~3 月までの月末日、5 回を予定

 技能検定とは、働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」で、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されている。(中央職業能力開発協会ホームページより)

 助成金申請には、技能検定受検申請書・受検票・受検手数料領収書等のコピーが必要。助成を希望する方は、同財団ウェブサイト(https://www.amada-f.or.jp/)に掲載している詳細を確認のうえ、応募すること。