イスカルジャパンが超高送り加工対応、高剛性、強化タイプ突切・溝入れ工具「マルチFグリップ」(MULTI F GRIP)を新発売

191021イスカルジャパン イスカルジャパン(社長=岡田一成氏)が、このほど、超高送り加工対応、高剛性、強化タイプ突切・溝入れ工具「マルチFグリップ」(MULTI F GRIP)をリリースした。

 この製品は、突切・溝入れ加工時にブレードに掛かる負荷を、従来のX軸方向からY軸方向に分散させる角型ブレードを採用し、極めて高い剛性での加工を可能とする工具で、耐久性の高いブレードは、防振性に優れ、加工中のビビリを抑制する。

 また、優れた仕上げ面と真直性で、高圧クーラント対応の内部給油式で、良好な切屑排出も実現した。

 マルチFグリップには、2種類の角型ブレードが取付けられる。特長は以下のとおり。

「タングFグリップ」
 ・縦置き構造、タンググリップチップ取付用
 ・最大突切径Φ120mm (3~5mm幅チップ使用時) 
  →加工の無駄を省き、コスト削減
 ・高送り対応「HFブレーカー」の使用により、従来の2倍以上の送りで加工が可能
  →高生産性を実現

「ドゥーFグリップ」
 ・2コーナー使い、ドゥーグリップチップ取付用
 ・加工中のビビリを抑制し、優れた仕上げ面と真直性を実現
 ・最大突切径Φ120mm (4~5mm幅チップ使用時) 
 ・高生産性を実現

■レパートリー
 ●マルチFグリップ (ホルダー)
 高圧クーラント対応
 TGTBQ…JHP、突切・溝入加工用ホルダー

 ●角型ブレード
 TGAQ-JHP タンググリップチップ用ブレード
 DGAQ-JHP ドゥーグリップチップ用ブレード