「アマダAIイノベーション研究所」設立 アマダホールディングス

200211アマダアマダAIイノベーションマーク アマダホールディングスは、このほどアマダグループの中長期的な成長につながる調査研究と、AIを中心とする先端技術の獲得を目的に、「株式会社アマダAI イノベーション研究所」を設立した。

 アマダグループは、1946年の創業以来、一貫して「金属加工機械の総合メーカー」を目指し、板金事業を中核として発展した。多様化するニーズや社会に必要とされるモノづくりを、エンジニアリングと最新技術で解決するソリューションビジネスにより、世界中の顧客に選ばれるメーカーを目指している。

 同社によると、「昨今の製造業を取り巻く環境の変化は激しく、人手不足への対応を目的とした自動化や、熟練工の不足に対応する知能化への対応、また異業種連携などを見据え、次世代のモノづくりのための中核研究機関として『アマダAIイノベーション研究所』の設立に至った。」としている。

 同研究所の主な役割は次の通り。

 ① AIなどの先端技術を活用して板金加工の可能性を広げる。グループ各社と連携し、世界中の地域別ニーズに合わせ、生産工程全体の最適化や熟練技術の伝承、加工支援などに取り組む。
 ② 数十年後の社会を見据え、まだ顕在化していないニーズを探索し、新事業や新技術の育成に向けたマーケティング活動の実施。

 これらの活動の一環として、「アマダ AI イノベーション研究所」では大学や専門機関・研究機関などと積極的に連携していく。また、これらの活動を行うための利便性を考慮し、拠点を都内2カ所に設置し活動を開始する。

■ アマダ AIイノベーション研究所概要
社 名: ㈱アマダAI イノベーション研究所 AMADA AI Innovation Laboratory Inc.
本 社: 神奈川県伊勢原市石田 200
事務所: 東京都千代田区日比谷
設 立: 2020 年1月7日
代表者: 代表取締役 所長 鹿志村 洋次