第27回ニューメンブレンテクノロジーシンポジウム ~地球資源創生に貢献する膜技術~

日本能率協会(JMA、会長=山口範雄)は、日本膜学会と共同し、11月29日(月)~12月2日(木)まで東京港区・三田NNホールで「第27回ニューメンブレンテクノロジーシンポジウム2010」を開催する。

本年は海外水ビジネスの最前線として、膜利用水ビジネスの海外展開、中東における水事業展開など国内外でもビジネス事例や、エネルギー創製と環境負荷低減への挑戦として、新エネルギー・省エネルギー関連する無機分離膜の最新技術が紹介されるセッションが設けている。

【プログラム】
●11月29日(月)10:00~13:00
「エネルギー創製と環境負荷低減への挑戦」
広島大学 都留稔了/(株)ノリタケカンパニーリミテッド 宮嶋圭太

●11月29日(月)14:00~17:00
「膜によるCO₂回収と環境負荷低減への挑戦」
山口大学 喜多英敏/地球環境産業技術研究機構 風間伸吾

●11月30日(火)10:00~13:00
「実績を重ねる膜浄水システムの最前線」
荏原エンジニアリングサービス(株)/(社)膜分離技術振興協会 田村真紀夫

●11月30日(火)14:00~17:00
「新規膜造水・浄化システムへの挑戦」
水道機工(株)橋本暢之/大山・面部連・システムズ(株)中塚修志

●12月1日(水)10:00~13:00
「RO・NF膜システムの最前線」
栗田工業(株)川勝孝博/オルガノ(株)佐藤祐也

●12月1日(水)14:00~17:00
「海外水ビジネスの最前線」
日東電工(株)岩堀 博/(株)日立プラントテクノロジー

●12月2日(木)10:00~13:00
「MBRの最前線」
日本下水道事業団 村上孝雄/東レ(株)豊原大樹

●12月2日(金)14:00~17:00
「水・資源の回収・再利用への挑戦」
東京都市大学 長岡祐/メタウォーター(株)米川 均

問い合わせ先
(社)日本能率協会 ものづくり支援事業ユニット
電話03-3434-1410 E-Mail :tech-con@jma.or.jp