ジーベックテクノロジーが「裏張りカッター&パス」を新発売

160620ジーベック1 バリ取りの自動化を推進するジーベックテクノロジー(社長=住吉慶彦氏)が、6月22日(水)から1次穴径:2次穴径=1:1までの直交交差穴や、偏心交差・平面穴などに発生するバリを短時間で高品質に除去する「XEBEC裏バリカッター&パス」を発売する。
 アプローチが不可能、プログラミングが困難、そんな理由で自動化をあきらめ、手作業で行っていた裏バリ取りに、「裏バリ取り」の常識を変えてくれるとして注目の新製品だ。

 「XEBEC裏張りカッター&パス」は裏バリ取り専用に開発された球面カッターと、微分幾何学をバリ取りに応用し最適な工具軌跡を提供することで高品質なバリ取りが可能になるもの。最小穴径φ2mmから対応している。また、加工幅に合った切込量が演算され、均一な加工形状が得られる。変化するエッジ部の構成面角度に対し、常に2等分角方向に切り込む軌道で加工するため、バリ取りによる二次バリ発生を抑制する。

「XEBEC裏バリカッター&パス」の特長

 ●高 品 質 指定した加工幅に合った切込み量が演算され、均一な加工形状でバリ取り。
 ●短時間加工 高速輪郭加工でバリ取り。業界最速加工。
 ●長 寿 命 輪郭形状に沿った動作で、加工点を変化させ、切れ刃全体を使ってバリ取り。

160620ジーベック2

■対象穴形状
 直交交差・偏心交差時のドリル入り側のバリ、抜け側のバリ(裏バリ)に対応する。最小穴径はφ2mmから対応可能。

 直交交差穴は、2次穴径がφ2mm以上で、1次穴径 : 2次穴径が1: 1 まで対応可能。
 偏心交差穴は、2次穴径がφ2mm以上で、1次穴に対して破れ穴にならない偏心量まで対応可能。

160620ジーベック3

▼詳細はコチラ▼
https://www.xebec-tech.co.jp/products/bbc.html

 なお、この製品は、2016年6月22日(水)~24日(金) 東京ビックサイトで開催される『第20回機械要素技術展(M-Tech東京)』に初出展する。会場では、通常3万円する点群データを先着100名のお客様に無料でご提供するキャンペーンなども実施する。