小径深彫り加工用エンドミル『エポックディープエボリューションシリーズ』新発売 日立ツール

110720日立ツール1日立ツールがこのほど小径深彫り加工をターゲットとしたエンドミルシリーズ『エポックディープエボリューションシリーズ』を発売した。エポックディープエボリューションシリーズ』の刃形はボールタイプおよびスクエアタイプであり、それぞれPNコート・ATHコートの2種類を新発売する。また首下部分はストレートネック形状となっている。

小径加工分野では、高精度加工・安定加工・耐折損性などが求められている。これらのニーズに対応するため、小径加工で問題となるビビリ振動を抑制できる形状とチッピングが起こりにくい刃形、また耐摩耗性を向上させたコーティングを採用している。この効果で工具たわみによる加工誤差量が半分以下に抑えられ、放電加工で行っていた領域で安定した直彫りがさらに可能になった。さらに従来からあるエポックディープボール・エポックディープスクエアよりもラインナップを拡充し、今までよりもより加工形状に最適な寸法で工具選定ができる。2種類のコーティングによって、銅電極のような軟鋼材から60HRCを超える高硬度材の直彫りまで幅広く安定加工が可能になる。

●特長●
①ビビリ振動を抑制できる形状を採用しているため形状誤差量が少なく高精度加工が可能。
②刃先強度重視の刃形により、高硬度材切削においても耐チッピング性が向上。
③コーティングは2種類から選定できるため、幅広い被削材に対応。
④ ボール、スクエアでトータル608アイテムとアイテム数が多く、加工形状に最適な寸法が選択可能。

●用途●
各種金型や電極にあるリブ溝や隅部分の仕上げ加工などの小径深彫り加工全般

●基本使用●
①エポックディープボールエボリューションPN/ATHコート(EPDBE-PN/ATH)(R0.05~R3:ボールタイプ ストレートネック)。
②エポックディープスクエアエボリューションPN/ATHコート(EPDSE-PN/ATH)φ0.1~φ6:スクエアタイプ ストレートネック)。

●価格●
①エポックディープボールエボリューション(EPDBE-PN/ATH):希望小売価格(消費税込み)4,158円~18,480円。
②エポックディープスクエアエボリューション(EPDSE-PN/ATH):希望小売価格(消費税込み)3,812円~20,475円。

年間6億円の売り上げを見込む。