月別アーカイブ 2014年02

現実逃避♡

ポピーちゃんはペットの散歩をしていました。
140228b1


ところが!
「イーッ!」「イーッ!」
ポピーちゃんの可愛さに惹かれたショッカーが奇声を張り上げながらポピーちゃんをひょいと肩の上に乗せました。連れ去ろうとしたのです。

ポピーちゃん「助けて~~!」
140228b2


はっ! あの声は・・・・!
140228b3


とうっ!
140228b4


ライダー2号「ポピーちゃん、ケガはないかい?」
140228b5

はい。ごめんなさい。
現実逃避をしてしまいました。。。。。

ちなみにわたしは仮面ライダーの中でも2号が一番好きです。

昭和6年 宇都宮製作所の製品カタログ

140225b

みてみて~!
これは昭和6年の宇都宮製作所(当時は宇都宮機械工具製作所)さんの製品カタログなんですよ。
あとは製造現場ドットコムのトップページをみ・て・ね☆

OKK、ただいま本社M工場建て替え中☆

140223b

先日、OKKさんに行ってきました。
ただいま本社M工場が建て替え中ですが、建物がなくっちゃっているのを目の当たりにすると、改めてM工場の広さが分かりますね。

M工場の詳細は前記事でどうぞ↓↓
http://seizougenba.com/node/3118

高硬度と戦え!

工具業界の小林製薬といえばダイジェット工業。
そのネーミングセンスにはいつもハッとさせられます。

ダイジェットさんは「困ったときのダイジェット」ともいわれ、痒いところに手が届くような微妙なサイズを取り揃えているところも、また支持されています。

140220

ファイルケースもイカしてるね!

デキる女のフランク三浦♡(女性誌風タイトルにしてみた)

デキる女は黙ってフランク三浦――――。
140218b1


働く女は毎日が勝負。煩悩の文字が理性を吹っ飛ばす!
140218b2

最近お気に入りの時計です。完全非防水です。

【お知らせ】第114回型技術セミナー「ダイカスト用金型の材料、熱処理、表面処理・改質の提案」

型技術協会「型寿命評価研究委員会」が、各種金型の加工技術や表面安定化に関する話題提供、共同研究・実験および関連技術に関する技術の提案をしている。
今回のセミナーのテーマは、「ダイカスト用金型の材料、熱処理、表面処理・改質の提案」。

「日本の金型技術や産業動向も著しく変革されようとしている今日ですが、熱間用金型の寿命向上技術などの蓄積はコスト削減、工程の安定化や生産性向上に大きく影響することから、各関係企業ではその改善に努めています。セミナーでは、昨年まで委員会参画企業における共同研究を通して、金型寿命に関わる評価結果を報告してきましたが、本セミナーではダイカスト関係技術の金型寿命に関わる話題性のあるテーマについて紹介して戴きます。金型寿命安定化、操業時の品質向上技術について、有意義な講演と考えますので、是非奮ってご参加下さい」とのこと。
開催要領は以下のとおり。

●開催日時: 2014年3月13日(木)  10:00 ~16:30

●開催場所: 芝浦工業大学 芝浦キャンパス
〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14 (下記をクリック↓)
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html

●主  催: (社)型技術協会(企画:型寿命評価研究委員会)

●協  賛: (社)日本金型工業会

■講演者 (講演順)■

10:00  開会挨拶  安齋 正博 氏(芝浦工業大学)
司 会 : 安齋 正博 氏(芝浦工業大学)

(1) 10:00-11:00 『熱処理が容易な高品質熱間ダイス鋼 DHA-World』
大同特殊鋼(株)  河野 正道 氏

(2) 11:00-12:00 『CAEを活用したダイカスト金型の寿命向上』
日立金属(株)  田村 庸 氏

12:00-13:00  休 憩

司 会 : 日原 政彦 氏(九州工業大学)

(3)13:00-13:30 『高強度高靭性熱間ダイス鋼QDX-HARMOTEXの材料特性』
山陽特殊製鋼(株)  島村 祐太 氏

(4)13:30-14:15 『Al合金溶湯充填性に及ぼす表面処理と離型剤の影響』
日産自動車(株)  林 憲司 氏

(5)14:15-15:00 『ダイカスト金型向けPVD処理による生産性向上とPPD最新窒化処理の提案』
日本エリコンバルザース(株)  福井 茂雄 氏

15:00-15:15  休 憩

(6)15:15-16:00 『ダイカスト金型へのショットピーニング加工の適用』
新東工業(株)  小林 祐次 氏

(7)16:00-16:30  質疑応答

■参加申込方法
●参加費

いずれもテキスト1冊を含む
・会 員 :20,000円 (会員の対象は主催・協賛団体会員です)
・型技術協会学生会員 :1,000円
・一 般 :30,000円

※ 個人会員A入会申込付き 26,375円(希望者事務局まで問い合わせること)
内訳 : 参加費20,000円+入会金3,000円+1月入会時年会費3,375円
※ 海外から送金の場合、銀行取引手数料4,000円が別途必要。

●募集人数:40人

●申込締切:3月6日(木)
*申込締切後のキャンセル不可。参加費が発生する。

●申込方法
オンライン申込↓↓(下記をクリック)
http://www.jsdmt.jp/03seminar/jsdmt-seminer114.cgi

(1) 申込の際は、代金の振込方法と振込日を記入すること。
参加費は銀行または郵便振替にて入金すること。
(2) 参加決定者には参加券・請求書を発送する。
当日は、参加券と引換にテキストを渡すので必ず持参すること。

●問合先
一般社団法人 型技術協会
〒231-0011 横浜市中区太田町6-79 アブソルート横濱馬車道ビル201号室
電話:045-224-6081  FAX:045-224-6082  E-mail:info@jsdmt.jp

雪と戯れるショッカー

イ―――ッ!(←雪に興奮するショッカー)
140216b1


「イーッ! イーッ!」(←はしゃぐショッカー)
140216b2


イッ! (←転ぶショッカー)
140216b3


イイイイーッ! (←雪合戦に興じているショッカー)
140216b4

週末、ものすごい量の雪が降りました。
皆様、大丈夫でしたでしょうか。

慣れない除雪作業に追われ、腰を痛めてはいないかと心配しております。

独立時計師 浅岡 肇氏の高い芸術性と技術力

どこのメーカーにも属さず、たったひとりで己の想像力と技術力で時計をつくる独立時計師は世界中を探してもほんの十数人しかいないと聞いていますが、なんと2009年に日本で初めてトゥールビヨンを完成させた人物がいます。

浅岡 肇さんです。
その高い芸術性と高い技術力は世界からも絶賛されています。

この時計の美しさをご覧下さい!

日本の製造業は紆余曲折ありますが、浅岡さんの一貫した“数を追わず質を追求する姿勢”をみると、真実の価値とは――と、考えさせられます。

日本発、世界を相手に勝負できるものは、まだまだある! 
というわけで、次回の製造現場ドットコムは浅岡 肇さんの登場です! お楽しみに!

世界の可愛いを下支え♡小原彫刻工業

140109b

可愛いに憧れる世界中の女性のハートを鷲掴みににするジルスチュアート。
この素敵な口紅の外観に使用されている金型は小原彫刻工業さんが製作しています。
世界のジルスチュアートの「可愛い」を支えている日本の金型屋さんってスゴイですね♡

ジルスチュアートは可愛くて繊細、もっというならばお姫様的なイメージがあります。
こういったブランドはイメージが大切で、繊細なイメージを損なわない仕事っぷりが求められます。

このように世界のジルスチュアートも求める金型づくりに必要とされる「腕」をもつ会社は、地球上どこにいても必要とされることが分かります。

小原彫刻工業の小原社長さんは、「美しい彫刻柄が、持つ女性の気持ちをルンルンにしてくれれば更に嬉しいです」とのこと。

ということで、私も1本、購入しちゃいました。

140209b2

なりすましともとれる行為について

ただいまTwitter上に、那須直美の名称、肩書きが類似するものがあるとご指摘をいただいております。

製造現場ドットコム・那須直美のTwitter公式アカウントは、@nao_nass のみであり、その他のアカウントにつきましては一切関係のないものです。なお、悪質な行為につきましては、弊社法務関係顧問とも相談のうえ、法的手段も含め対応してまいります。

関係者各位には、ご心配おかけし、心よりお詫び申し上げます。

功亜工業の微細穴加工に驚いた!

先日開催された「彩の国ビジネスアリーナ2014」をブラブラしていましたが、あらっ!
功亜工業さんの加工物がスゴイじゃないの! 
難易度とクオリティの高さに、ねーさん、驚き桃の木山椒の木よ。

功亜工業さんのウリは、高精度な複合加工を得意とすること。
樹脂から難削材まで幅ひろ~く多品種・単品・小ロットに対応してくれるフレキシブルな町工場なのだ。そのほかにもマシニングセンター、NC旋盤の加工も対応しているので、幅広い加工ができる工場として一目置かれているの。

140207b

ブースに立っていたのは高山功太取締役専務。
テーブルの上には難易度の高いサンプル品などがズラリと並ぶ。
その一部をお見せしましょう!

この手の平にある小さな加工物をご覧あれ!
140207bv

SUS303の加工。マシンはマザック「INTEGREX200」。
端面の5穴が球体の面から反対側の穴に貫通。
驚くことに、そのうち4つの穴は斜めにあいていているのです!
なんという面倒な加工なのだろうか!

拡大! よくみて! 穴もとてもキレイでしょ!
140207b3

次に、先端の軸が細くなっていくこの加工物。
材料はSUS304
140207b4

裏はこんな感じ
140207b5

「普通に加工していると何回か折れてしまう」というやっかいなシロモノだったそうだ。驚くのは、「真ん中に0.5の貫通が20くらいあります。こういった加工は条件を探すのにドリルを何本も犠牲にしながら条件を探して開けました。穴の曲がりと軸の曲がりが出ないように加工するのが難しかった」とのこと。

これを見てピンときたそこのアナタ!
功亜工業さんは航空宇宙関連などの過酷な条件下で使用される部品などの加工にも強みを発揮してくれるので、「こんな加工はできないだろうか?」と悩まれている方は相談してみるといいかもしれないわ。きっと親切丁寧に誠意をもって対応してくれるわよ。

キラリと光る難加工が大好物なわたし。今後もどんどんこのような腕のいい町工場を探し出すつもりよ(●∀●)☆

【お知らせ】第2回金型関連技術発表講演会開催! 今回は会員外の方も無料で受講できるチャンス!

日本金型工業会西部支部主催の「第2回金型関連技術発表講演会」が2月21日(金)に開催致します。今回は会員外の方も無料で受講することができる。

●日 時: 平成26年2月21日(金)午後1時30分~午後5時40分

●場 所: 大阪科学技術センタービル 8階小ホール
大阪府大阪市西区靱本町1-8-4

●参加費: 一般社団法人日本金型工業会会員 無料

●会員外: 1日無料会員体験対象事業なので無料

●参加申込み方法: 参加申込書を1月27日までにFAXで申し込みのこと(この記事を読んでご希望の方は電話で問合せて申込をしてください)
●FAX: 06-6479―1479
●定 員: 70名(定員に達し次第締切)

●問い合わせ先・申込先:一般社団法人日本金型工業会西部支部
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル305
電話 06-6479-1477 FAX 06-6479-1479

■当日の発表内容■
13:30~14:00
プログラム①

・テーマ「新素材CFRP をヘッドに活用したミーリングセンター 」
・会社名:㈱ソディック
・発表者:マシニングセンター事業部 加工技術課 松村 克也 氏
・発表内容
ソディック最新技術紹介(新素材CFRP ヘッドを搭載した最新型HS430L シリーズと
新シミュレーションソフト・Motion Expert)リニア駆動高速・高精度MC の最先端技
術及び加工レポート

14:10~14:40
プログラム②

・テーマ「生産性の向上とランニングコストを低減するワイヤ放電加工機『U シリーズ』」
・会社名:㈱牧野フライス製作所
・発表者:EDM R&D 営業技術部 佐野 司 氏
・発表内容
近年、ワイヤ放電加工機において生産性の向上、ランニングコストの低減、省エネルギへの要求が高まっている。これらの要求を実現するには、より少ない加工回数で表面粗さや加工精度の向上が行えることが必要である。特に、厚物ワークでは1 回加工からの高い真直精度により加工回数が低減でき、かつ、少ないワイヤ電極の消費によりランニングコストも低減できる。そこで市場の要望に応えるため、大物のダイカスト金型や自動車プラスチック金型あるいはその他の一般部品などの厚物ワークの加工において、さらに加工効率の向上が達成できるワイヤ放電加工機U6 およびU6 H.E.A.T.の開発を行なった。
今回の講演では、それぞれの機械の特長と新制御装置 Hyper i を含めて紹介する。

14:50~15:20
プログラム③

・テーマ「最新の3次元CAM「HSMWORKS」による工具負荷制御と切削経路の最適化」
・会社名:㈱ジェービーエム
・発表者:東日本営業部 山本 崇 氏・宮沢 昭仁 氏
・発表内容

HSMWORKS は工具負荷制御により最適化された高速加工ツールパス演算を特徴としたSolidworks にアドインさせて使用するタイプのCAM システムです。
High Speed Machining の略であるHSM の名を冠したHSMWORKS。その名の通り世界最速レベルの演算能力、シミュレーション速度と精度も世界トップレベルの性能を実現しています。また最大の特徴である「負荷制御」高速加工ツールパスでは従来の低切込み高送りの概念とは異なり工具負荷制御演算ロジックを搭載し、刃長を有効に使い一定の負荷を維持するように完全にコントロールされたツールパスを出力します。そのため粗加工時間の短縮や工具寿命の延長を実現を可能としました。
講演当日は、最新の3次元CAM「HSMWORKS」の主な特徴を国内加工事例、高硬度
鋼へのダイレクトカッティングの事例と共に紹介します。

15:30~16:00
プログラム④

・テーマ「Additive Manufacturing(付加製造法)を実現する3Dプリンター~3Dプリンティングによるものづくりの実情~」
会社名:㈱NTTデータエンジニアリングシステムズ
発表者:営業部 大阪グループマネジャー 山根 利雄 氏
発表内容
幅広く利用され始めた3Dプリンター、適応範囲としては試作分野でのRP(rapid prototyping)利用が多いですが、近年3Dプリンターの造形物は金型や製品も対象になってきております。そこで、試作~製品まで対応できる3DプリンターによるAM(Additive manufacturing)をご紹介します。

16:10~17:40
プログラム⑤基調講演

・講演テーマ「金型産業の国際化に向けて」
・講演者:YKCコンサルティング
・河野 泰久 氏

講演要旨
1)経歴(自己)紹介
2)大企業と中小企業
3)金型技術の視点
4)金型事業の国際化とは
5)実践事例
・技術開発、人材育成
・コンピュータ活用
・加工革新
・海外事情
6)まとめ

17:40
閉会

※記事および画像の無断転用禁止