月別アーカイブ 2016年11

取材のこぼれ話(キタムラ機械)

現在、JIMTOFで取材したものは書くことがたくさんあって、ニュース記事をまとめるのに苦労しています。

さてさて話は変わって、JIMTOF会場のキタムラ機械さんのブースに立ち寄ったところ、運良く、北村社長がいらっしゃいましたので、いろいろお話しを聞くことができました。この話はまた後ほど。

このとき拝見したのが――――。

さりげなくKITAMURA! カフスには歯車が!
161129b1

手首の裏生地に会社マーク☆
161129b2

グレーのネクタイも高級感があり、さりげなく企業PR
161129b3

製造現場ドットコムでも掲載しますが、キタムラさんのマシンって独創的かつ使う人に優しいことが特長ですが、今回も新たな発見がありました☆

次号の更新をお楽しみに☆

JIMTOF2016とIndustry4.0の課題

超絶走り回ったJIMTOF2016も終わりました。今回はIoT、Industry4.0とのカラミが多く、この件についていろいろと話を聞くこともありました。

4.0は、オープンな標準技術と、クローズなコア技術(←この中には特許と営業秘密あり)、データから構成されており、標準による市場の拡大や、特許と営業秘密によるコア技術の囲い込み、データの収集(ビッグデータ)や解析(AI)、フィードバックから成り立っているというざっくりとした見解があるようです。

ところが、日本の不得意なところはオープンな標準技術とデータの収集だと言われています。クローズなコア技術は得意とするところなんですが。したがって、4.0を構成している一連の全てを通して戦略的に考えることが必要だということですね。

コアな秘密を守りつつ、オープンにするというのは、とても難しいのですが、作戦を練らなければなりませんね。また、これらの課題をしっかりと捉え、戦略的に道筋をつくれる人材が果たして日本にどのくらい存在するかが気になるところです。


161124b

ちなみにこの写真はブログの内容とはまったく関係のないものですが、MAZAKさんのブースでパチリ。おや? 誰かのそっくりさん?

期待を裏切らない遊び心にグッときました。

さてさて、ただいまJIMTOFレポートをまとめ中です。見所が満載でしたので、ただいまワタクシ、アウトプットに四苦八苦しています。

ニュースに掲載しきれない細かなことはブログにアップしますので、お時間のあるときに要チェックですぞ(●∀-)

【お知らせ】JIMTOF会期中DMG森精機が東京グローバルヘッドクォータオープンハウスを開催

DMG森精機が11月17日(木)~22日(火)の6日間、東京グローバルヘッドクォータにて「東京グローバルヘッドクォータオープンハウス(東京GHQOH)」を開催しますよ。同社は、同期間に東京ビッグサイトで開催されるJIMTOF2016にも出展いたしますが、会場の都合上JIMTOFには出展しきれない製品やデモ加工、ソリューションを東京GHQOHで紹介してくれるので、DMGMORIファンにはたまらないイベントとなっています。

東京GHQOHでは計30台の工作機械を展示し、全ての機械でデモ加工を行いますよ。
今回は、「DMG MORIの加工ソリューション」をテーマに、最新の5軸加工機や、テクノロジーサイクルの1つで最適な工具配置をプログラミングする「ツールソートサイクル」を紹介。また、5軸加工機を検討の方には実際に体験ができる「同時5軸加工機 加工体験(参加費無料)」や、工具メーカーとのオープンイノベーションとして、加工に応じた最適な工具を紹介する工具ギャラリーなども展示! まさに一石二鳥ね!

期間中は、同社のエキスパートによるテクニカルセミナーも開催するんですって。
セミナーでは、最新の加工事例の紹介、システムソリューションの紹介、CELOSクラブおよびテクノロジーサイクルの紹介など、「顧客の課題解決に役立つ情報」を紹介してくれます。

東京グローバルヘッドクォータは、JIMTOF会場から車で約15分という距離に位置しており、JIMTOF会場との間で往復無料シャトルバスを運行します。
会場では飲み物と昼食、軽食のサービスまで用意してくれますよ。

15時30分からはハッピーアワーとして、アルコールも用意! 
同社では、「混雑が予想されるJIMTOF会場を避け、19時までゆっくりとおくつろぎいただける空間をご用意していますので、JIMTOF会場からもお気軽にお立ち寄りください」とのこと。

日時:2016年11月17日(木)~22日(火)11:00~19:00
場所:DMG森精機株式会社 東京グローバルヘッドクォータ
〒135-0052 東京都江東区潮見2丁目3-23 TEL:03-6758-5900(代表)

▼詳細に関してはWebサイトより確認▼
https://www.dmgmori.co.jp/sp/jimtof/

<東京グローバルヘッドクォータ アクセス方法>
161111b

【JIMTOF】商談のチャンス! 「マッチングシステム」にご注目! ~会期前から来場者と出展社双方のアポ取りが可能になりました!~

JIMTOFの主催者である日本工作機械工業会と東京ビッグサイトは、より多くの商談機会を持つことを狙いとして、「マッチングシステム」を開発しました。

これは、来場者と出展社双方のアポイントややり取りが会期前より行えるシステムです。
つまり、このシステムを使えば、混雑した中でアポ取り時間を摺り合わせるための苦戦は改善されるってわけね。最初からアポを取っていたほうが時間のゆとりが持てるので、これはおねえさん、オススメです☆

●マッチングシステムでできること
①マッチング専用サイトで貴社の求める条件に合うマッチング先を検索
来場者は来場者専用サイト「マイページ」から、出展者は出展者専用サイトから、マッチングシステム専用ページより検索が可能。社名や業種だけでなく、商談目的や取扱製品など、詳細な項目での検索ができるので、よりスマートに貴社の求めるマッチング先を見つけることができますよ!

②サイト上でダイレクトにアポイント申込、詳細やり取り
専用サイトを介して、ダイレクトにやり取りが行えるのもGOOD! 専用サイト上にてやり取りが完結するうえ、個人メールに情報が埋もれることがないので、煩わしいこともなく、シンプルな管理ができますよ。アポイントが入った際に、個人メールに着信をお知らせすることもできるので、よほどじゃない限り、うっかりミスで商談チャンスを見逃すこがありません☆

▼出展者専用サイト▼
https://www.jimtof.org/system/index.aspx

▼来場者専用サイト(マイページ)▼
https://www.jimtof.org/MyPage/jp/index.aspx

皆様が有意義な商談機会を創出できますことを!
161109b

【注意】「JIMTOF」入場証の発行が今回から変わりました! プリントアウトでOKよ!

161108b

前回のJIMTOFまでは入場登録後に後日郵送にて入場証が送付されていたのですが、今回より来場者ご自身で入場証を印刷して持参となりました! ご自宅のプリンターで印刷するだけでOK! 煩わしい手続きから開放されることになっています。

長くJIMTOFに来場されている方は、いつもの癖で、入場証をインターネット等から購入して入場証が届くのを待っていても、来ないので要注意ですぞ! 

当日の会場で印刷―――となると長蛇の列に巻き込まれて大変な思いをするので、皆様気をつけてね!

↓JIMTOFのHPに入場証についてのQAがあります↓ 
http://www.jimtof.org/jp/visitorFAQ.html

マザックワールドコミュニケーションマガジン「CYBER WORLD」が発行☆

161106b

マザックさんの「CYBER WORLD」が発行されています。

今回は、「航空機産業とそれを支える工作機械」が特集されていて、航空機のどの部品をマザックの機械が活躍されているか詳しく紹介されています。これは分かりやすい!

他にもマザックのマシンを活用している元気いっぱいの工場取材もあり、今回も内容が充実しています(●∀●)

メーカーさんが出している冊子って、内容が濃いので読んでいて大変刺激になります。

【お知らせ】ジェイテクトが11月4日(金)に「GE3i 新製品発表会」

ジェイテクトが“高精度”、かつ“使いやすさ”をさらに進化させた新型CNC円筒研削盤「GE3i」の新製品発表会を11月4日(金)、ジェイテクト刈谷工場カスタマーセンターにて10:00~16:00まで開催します。

また、新商品発表会会場にて、送品セミナーも開催します。

【テーマ】「新型CNC円筒研削盤「GE3i」の開発背景と特徴」。
【講 師】同社工作機械・メカトロ営業部販売企画室 赤池輝明氏。
【場 所】は同社カスタマーセンターDEルーム(会場内)
【時 間】①11:00~12:20  ②14:00~14:20

当日は刈谷駅(北口)より会場までのピストンバスを運行するので、便利ですよ。
運行時間は10:00~15:30まで30分間隔です。

「GE3i」新製品発表会
開 催 日:平成28年11月4日(金)
開催時間:10:00~16:00
会  場:ジェイテクト刈谷工場 カスタマーセンター

ナガセインテグレックスのプレミアム技術情報誌♪

1611102b

ナガセインテグレックスさんのプレミアム技術情報誌「INCREDIBLE CONCEPT」(
Vol.11)が発刊されました(●∀●)拍手~パチパチパチ☆

“プレミアム技術情報誌”だけあって、ページをめくると同社の開発者が新規開発機について技術的なものをまとめられています。しかも分かりやすい! 想像以上の素晴らしい内容に、思わずうなり声が漏れるほどでした。

詳しい内容はここでは言えないのでアレですが、気になる方は、JIMTOF会場で問合せをしてみてくださいね。冊子の内容が専門的かつ読みどころ満載なので、在庫がすぐに無くなるような予感がいたします。

と、いうわけで、この技術情報誌からは、JIMTOFでご披露される最新の開発マシンの説明がびっしり詰まっていました☆

※記事および画像の無断転用禁止