月別アーカイブ 2017年10

ひぇっ! 日本最大最強動物ヒグマに遭遇

この土日、疲れた身体を癒やしに、北海道へ。
というわけで、道産子のわたくし、昔行っていた温泉へレッツラGO!。
目的は他にも、夜空を撮ること。夏に失敗しちゃったから、そのリベンジもあった。

育成中は自然の中が当たり前だったので、特に感じることはなかったんだけど、今更、自然のありがたみをつくづく感じている今日この頃。健全な肉体と精神を維持するためにも、何も考えず、手負いの熊のように湯に浸かることがわたしには必要よ。それに報道写真もよいけれど、たまには美しい自然を撮りたいわよね。

ところで、わたしの母は山奥育ちなので、熊が大嫌い。
子どもの頃、生徒と先生が熊に襲われ、家畜も襲われたというトラウマが残っている。いつ、熊が襲ってきてもおかしくない環境で育っているので、わたしが写真を撮るため、人気のないところへ行くことに否定的だ。理由は「熊が出るから」。

といっても、わたしが育ったところは、田舎だけど熊が出たことはなかった。ちょっとクルマで走れば、出没してもおかしくない地域だけれど、子どもの頃は山の中に1人で行くこともなかったので、母のように怯えることもない。熊のことは頭からすっかりないわけね。

――というわけで、仕事が終わったあと、フル装備で北海道へ。

向かった温泉は奥深いところにある。ガードレールもない崖っぷちの悪路という、デンジャラスゾーンをひた走らなければ、そこには到着しない。さすがに高齢者には運転をさせられないので、送迎を頼んだ。

しばらく走っていると、運転手さんが突然、クルマを徐行し、道路を指した。

「ほれ、これは熊のうんこだ」

そこには真っ黒いうんこがあった。わたしたちはクルマに轢かれたような痕跡のある熊のうんこを認めた。 

木の実が混じっています
171016b1

熊は縄張りにうんこをする。通行量が少ないとはいえ、クルマが走る道路に大胆にもマーキング行為とは! 熊はビビリなので人間を避けるというが、なんと強気な熊なんだ。

熊は頭が良い動物だ。崖から石を投げて人間の様子を窺う熊を目撃した者もいる。食べものへの執念もすごい。熊は木の実や昆虫を主に食べているけれど、北海道にしかいないヒグマはツキノワグマに比べると肉食の傾向があるので危険だ。特に新鮮な生肉を覚えたヒグマは恐ろしい。同じ味を求めて何度もやって来る。また、突然道路にやってきた巨大熊にバシッとクルマを叩かれそうになったという体験者もいる。驚いた熊は人を攻撃するので、遭遇しないに越したことはない。恐ろしいこっちゃ!

冬眠に入る前の熊は栄養をつけなければならないので、実りの秋は栄養を摂取する大チャンス! ちなみに冬眠に失敗する熊もたまにいるらしく、そういう熊は「穴持たず」と呼ばれ、凶暴性が増すので要注意なのだ。

↓ちなみに日本最悪の動物による事件。ご参考までに↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%AF%9B%E5%88%A5%E7%BE%86%E4%BA...

山の谷間にある温泉施設は自然がいっぱい! 源泉掛け流しの湯も嬉しい。自然を感じる露天風呂も懐かしくてサイコー! さあ、あとはご飯を食べて夜空の撮影だ!

静かです
171016b2

と思ったら、雨が降ってきたじゃありませんか。天気の回復を待っていると、午前3:00にようやく雲の間からチラチラと星が見え始めた。熊に怯える老人たちをたたき起こし、機材の一部を持たせて外に出た。

ホテルの外は街灯があるので撮影には不向きだ。300メートルほど歩くと街灯がなく、真っ暗なので嫌がる一同を引き連れそこまで歩くことにした。じゃらじゃらと音を立てたり、咳払いをしたり変な声で喋ったりする一同。

それが弱った獣のうめき声としか思えず、セッティングに集中できないわたし。

「ああっ! うるさいっ! ちょっと変な声やめてよ! 集中できない! だいたい、弱った獣のうめき声にしか聞こえないし! 弱い獲物を襲うのが熊じゃんか! こっちへ来たらどうすんのさ!」と怒りを露わにしたところ、「人間がいると熊に分からせるのが何故悪い!」と返された。

「熊なんかビビリだから出ないって!」
「熊の恐ろしさを知らないんだ!」
「ああうるさい! もういいっ! 1人でやるから帰っていいよもうっ!」
「熊に食われたって知らんよ!」

とまぁ、場はいっぺんに険悪なムードに。 

しかしながら、雲が邪魔をして星が思ったように撮れない。凍える寒さの中、雲の流れを気にしながら、しばらく星が出るのを待ったけれど、なかなか思い通りにいかず、断念。

もうすぐ日が昇る。東京へ戻らなければならない。
というわけで、気を取り直して冷えた身体を温泉で温め、朝ご飯を食べて、出発。
夜空は撮れなかったけれど、湯を満喫したからヨシとしよう。

クルマの中では、素晴らしい温泉にいかに癒やされたかと話が弾む。そんな和やかな雰囲気の中、突然、1人が声をあげた。

「熊だ! ほらほらっ! あそこ!」

20~30mほど先だろうか。黒光りした物体がなにやら蠢いている、と思った瞬間!
熊がこちらに気付いたようだ。一瞬、直立したではないか!

「ひゃあああっ!」

その肉体は毛艶が良く筋肉が盛り上がりっていた。きっと美味しいものを食べているのだろう。ノソノソと余裕をかまして山の中に消えて行く熊。幸いにも熊のほうから逃げてくれたのだ。

というわけで、震える手で熊が背中を向けて逃げていく瞬間を捕らえました。

出た――――――――――っ!
171016b3

171016b4

171016b5

171016b6

171016b7

171016b8

171016b11

案外可愛い顔をしています。しかしながら油断はイケマセン! ヒグマはどう猛です。

その一方で、熊にしてみれば、自分の縄張りに人間が入ってきたようなところもあるので、自然と触れ合うには謙虚な姿勢が必要だな、と思いました。

しばらくして親が、「あの熊、夜中に崖の上からみんなを見ていたかもね。あいつ、早く1人にならないかな~ってさ・・・」だって(汗)

「ブルーム-ノボテスト」ニュースに貴重な対談が!

171010b

先日、名古屋にあるブルーム-ノボテストにお邪魔したところ、同社で発行している最新版のブルーム-ノボテストニュースを頂きました。

この中でなんと今回!
同社のアレキサンダー・ブルーム社長とファナックの稲葉善治会長が対談をしているではありませんか!

切削工作機械の将来像や産業用ロボットの未来について等、お二人のお考えが示されており、貴重な対談内容となっています。これは、ギョーカイでご活躍の皆様にもぜひ読んでいただきたい! 

この対談が掲載されているブルーム-ノボテストニュースは、10月18日からポートメッセなごやで開催されるメカトロテックの展示会で同社のブースに行けばいただけるとのこと。

そういえば、同社は先月開催されたドイツのEMOで、最新技術を発表しました。
スピンドルの試験装置なんですが、これがドイツの専門媒体マシンマルクトが主催している測定部品部門で表彰されたとのこと。

同社は“データを取ることの深さ”について、真剣に取り組んでいる企業ですから、皆様をあっと言わせるような製品が出てくると思われます。

ここではあまり詳しくは書けませんが、もっと知りたい方は、直接ブースに行って、最新の動向をお尋ねくださいまし(●∀●)

きっと面白い話が聞けるかもしれません☆

超広角レンズが仲間入り

171008b

先日新しいレンズを仕入れました。
良い仕事してくれるかな☆

うん。
ワタクシの腕次第だけどね(笑)

【お知らせ】ナガセインテグレックスから技術情報誌「INCREDIBLE CONCEPT(Vol.12)」が出ました!

171006b

最近、睡眠不足が過ぎるせいか名刺入れを出すところに財布を出してしまったり、コンビニで支払いをしようとして名刺入れを出したりと、思いっきりボケをかましているワタクシ。自分の脳みそに自信が持てず、若干凹んでいます・・・といったら、なんとなく可憐な感じがするのですが、凹んでる暇さえないという・・・・・。

ああ、こうやって図々しくなっていくのね、と精神が図太くなっていくのを実感しています。

さてさて、先日、ナガセインテグレックスにお邪魔いたしました。ちょうどこの頃、10月2日から配布を開始している同社の技術情報誌、「INCREDIBLE CONCEPT」もそろそろ出来上がるころでしたよ。

この情報誌、同社のPR誌でありながら、内容が濃いんですよね。

というのも、超精密と超高効率(ナガセさんは“超能率”と呼んでいる)を実現させるための詳しい事例を掲載。ツッ込んだ内容が、より専門性を高めているのです。

今回のテーマは「生産性」。

限られた環境で、いかに成果を上げるか―――を追求した内容となっております。

↓「I.C」12号 見所↓
http://www.nagase-i.jp/pdf/IC12.pdf

また、同社の顧客の中から生産性向上で大きな成果を上げている企業の特集も掲載していますから、これも読みどころです。

ちなみに、この冊子は「ナガセプレミアムクラブ」限定の技術情報誌なので、入手するにはナガセプレミアムクラブへの入会が必要とのこと。年入会費や年会費は不要です。

↓購読の申込み先はコチラ↓
http://www.nagase-i.jp/premium/index.html

なお、入会は日本在住の方のみ。競合メーカー・工作機械メーカーの入会はもちろんNGです。

企業の情報誌は、単なるPRだけじゃなく、随所に自社技術の見せどころを惜しげもなく出しているところもあるので、こうした“配布モノ”をゲットするのも加工のノウハウを広げる良いチャンスかもしれません☆

そうそう、同社では今月開催される「MECT2017」で新規開発機「高精度平面研削盤 SGS-75BLD2-Neo3」を初披露するんですって! こちらも楽しみです♪

日工会が『EMO Hannover 2017』開催結果概要をまとめました

世界三大工作機械見本市のひとつ、『EMO Hannover 2017』が、9月18日(月)から23日(土)の6日間、ドイツで開催されました。

このほど日本工作機械工業会が開催結果概要をまとめましたので、ご紹介いたします。

主要国出展概要

(1)ドイツ 出展者数855社
Industry4.0が進展中。センシング情報の集積、稼働状況の分析等、差別化を模索。

(2)イタリア 出展者数274社
ロータリーインデックスマシンやロボット技術の連携等による自動化対応を意識。

(3)台湾 出展者数223社
NC+PC(NCにPCを接続して補助的機能を付与)中心のユーザインターフェースの提供が目立った。

(4)中国 出展者数181社
大手企業の出展はなし。要素部品や工具関係の小規模出展に留まった。

(5)スイス 出展者数118社
高い機械剛性の維持、精密加工を意識した複合加工機を展示。

(6)日本 出展者数84社
工具・工作機械関連の自動化システムを駆使したスマート化、AMへの対応等、多彩な展示が見られた。

(7)韓国 出展者数59社
WIA、Doosan等がSMART化への対応をアピール。

開会式では、Frank-Walter Steinmeierドイツ連邦大統領が、①開かれた経済、自由貿易体制が重要、②Industrie4.0等によって相互が連結された(インターコネクト)世界の実現が重要、③革新的(イノベイティブ)な中小企業が経済発展の基礎、④若者の働き方の変化に対応した教育、職業訓練が大切――旨のスピーチを行った。

出展動向

①マルチレーザ式、ワイヤアーク式等の積層造形装置(Additive Manufacturing)の展示が充実。また、金属積層、切削、焼き入れが1台で可能な製品や、大型部品の加工にも対応が可能な製品も目立った。

②Industrei4.0への対応をうたった展示が見られたが、ユーザーメリットの具体化には模索状態。今後、差別化が図られるものと思料。スマート化の発信力は日本企業に優位性有り。

③ロボットの活用や、工具・工作物関連の自動化システムとの連携によるスマート化を意識した展示を広く展開。労働力不足等を背景に、各企業とも自動化を強く進めている模様。

④多軸・複合工作機械が引き続き増加。複合機能のラインナップも多岐に亘り、工程集約のニーズの高まりが窺われる。

その他

①海外工業会との個別会合では、CECIMO(欧州工作機械工業連盟)を中心に、自動車業界におけるEV(電気自動車)への移行に強い関心の声。自動車のEV移行に伴う工作機械業界の今後の行方について意見交換を実施。

②EMO Hannover2013よりも来場者は少なく感じられ、会場内は落ち着いた印象ながら、引き合いは前回並みに活発との声が多かった。

③会場スケールの大きさは世界四大展示会の中で群を抜き、場内の食事施設も充実。

④次回EMO Hanoover2019は2019年9月16日(月)~21日(土)に開催。

【お知らせ】ダイジェット工業が『新嵐キャンペーン』を実施中

171002b

ダイジェットファンに朗報です。

ダイジェット工業が「新嵐キャンペーン」を実施中ですよ。
期間は2017年12月20日まで☆

このキャンペーンの対象商品は、本日より発売の新製品高送りカッター「SKS-GⅡ」と、「ミラーボールSSインサート」。

↓新製品の詳細記事はコチラ↓
http://seizougenba.com/node/9105

新商品の発売と同時にキャンペーンを実施するなんて、ダイジェットさんもやるわね!
パンフレットを拝見しましたが、なかなか濃厚なサービスとなっておりました♡

【お知らせ】アマダ独自のスマートファクトリーがCEATEC JAPANで初出展!

アマダホールディングスが10月3日(火)から6日まで幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN2017に出展します。

この展示会は、家電見本市として発展してきたのですが、IoT総合展と転換を図ってきました。アマダグループは、今年ドイツで開催されたIT関連専門展であるCeBITへの出展し、多くの注目を集めました。そして今回、CEATEC JAPANにアマダならではのスマートファクトリーを初出展! 

同社が掲げる「V-Factory」は、「スマートなモノづくりのあり方」を提供するシステム。ユーザーとアマダがIoT技術でつながり、生産現場をアマダが支える仕組みです。

マシンの稼動と向上の情報をつなぐIoTプロダクトと顧客とアマダをつなぐIoTサポートから構成され、板金加工の全行程を支援し、新たな価値をつくり出してくれます。

これによるメリットはなんといっても、“無駄がないモノづくり”が実現できること。
近年問題視されている人材不足や、働き方改革にタイする課題の解決が可能になります。

アマダは90年代からモノづくりのデジタル化やネットワーク化に取り組み、構築してきましたが、どんどん時代とともに広がりをみせてきました。

今回の展示会では、来場者の皆様に向けて、「今まで培ってきた技術を発展させたスマートファクトリーを体感していただくとともに、ロボットによる板金曲げ加工の実演を交えながら,産業を支えるモノづくりの面白さ・楽しさを発信します」としています☆

※記事および画像の無断転用禁止