月別アーカイブ 2018年04

明日から「INTERMOLD2018(大阪)」

いやん、もう。
夕べおせんべいを食べていたら、歯が1本欠けちゃったの。

よりによって大阪入りだというのに!

歯に1本不具合が生じただけで、咀嚼して飲み込むまでにこんなに時間がかかってしまうとは!

ああ、もっと慎重に食べれば良かった――と、今更ながら後悔してる。

誰だっけ、歯は民度を表すって言ったの(笑)
180417b

さぁ、明日からINTERMOLD(大阪)が始まります。

わたしもカメラを引っ下げて、取材に回りますよ(^_-)☆

会期中はtwitterでガンガンつぶやきますので、こちらも要チェック! 

現在、東京は曇りのち雨の予報。大阪も東京と同じくらいの天気かな? 

というわけで、これから行ってきま~す。

皆様も健やかでハッピーな1日をお過ごし下さい♪

【聴講無料☆事前登録】試作・デザイン・解析&3Dプリンティングフェア 特別講演

「INTERMOLD2018/金型展2018」ならびに「金属プレス加工技術展2018」の会期中、『開発・製造プロセスに変革をもたらすAIおよび最新技術動向と活用事例』(特別協力:オートディスク)をテーマに特別講演会が、インテックス大阪 国際会議ホールで開かれます。聴講は無料。事前登録制。

この特別講演では、フランスのエアバス社がジェネレーティブデザインを活用し、軽量化と製品強度を両立させるデザインを実用化した事例や、加工精度を高める最新のものづくりの事例を紹介してくれるという貴重な内容となっています。製造プロセスの変化がもたらす未来像とは!?

講師:オートディスク(株)デジタルマニファクチャリンググループ アジアパシフィック担当ディレクター辻野浩司 氏

日時:2018年4月18日(水)13:30~15:00
会場:インテックス大阪 国際会議ホール
定員:約350名

▼来場者登録フォームはこちら▼
https://www.intermold.jp/seminar/sp/3/

【聴講無料☆事前登録】自動車生産の最新事情と将来を探る! 金属プレス加工技術展2018 特別講演スケジュール

4 月18日(水)から4 月21 日(土)までの4日間、インテックス大阪で「INTERMOLD2018/金型展2018」ならびに「金属プレス加工技術展2018」が開催されますが、会期中、「自動車生産の最新事情と将来を探る」をテーマに、日本の自動車製造と生産技術をプレス技術の観点から、その将来像を考えるとして特別講演が開かれます。選りすぐりの講師陣が製造業のトレンドに向き合い説明してくれるという絶好のチャンス!!

企画・総合司会:東京大学名誉教授工学博士 中川威雄 氏
日     時:4月20日(金)13:00~17:00
会     場:インテックス大阪 国際会議ホール
定     員:約350名(聴講無料、事前登録制)

講演1「電動化と知能化が拓くインテリジェントモビリティの時代」

日産のビジョンである「ニッサン インテリジェント モビリティ」を支える、電動化・知能化の技術の現状と課題について共有する。エネルギーソースの変化とものづくりやビジネスに与える中長期的なインパクトを多面的に論議する。

日    時:4月20日(金)13:00~14:00
講    師:日産自動車(株)久村春芳 氏

講演2「環境保全・安全・快適さを追求する自動車を支える車体用材料とその成形技術」

大きな変革期を迎えている自動車業界。軽量化や衝突安全対策の車体の高強度化・高剛性化などを実現するためにハイテン、アルミニウム合金、CFRPなどを適材適所に使うマルチマテリアル化と車体を構成する材料は多様化や、最近の車体用材料の状況とそれらの加工技術の課題を紹介。

日    時:4月20日(金)14:30~15:30
講    師:(元)理化学研究所 工学博士 林 央 氏

講演3「注目集まるインド自動車産業の最新動向」

現在世界第5位の自動車生産国のインドは2025年に日本を抜き世界第3位になると予想されている。現地に詳しい講師が観測し続けて得た変化と情報をもとに、インド自動車産業の将来像を考える内容。

日    時:4月20日(金)15:40~17:00
講    師:東京大学大学院 経済学研究科 ものづくり経営研究センター特別研究員 伊藤 洋 氏

▼詳細と来場者登録フォームはコチラ▼
https://www.intermold.jp/seminar/sp/2/

【お知らせ】「INTERMOLD2018」(大阪)の会期中に金型シンポジウムが開催! ~関西の金型業界の現状と今後を検証する~

INTERMOLD2018(大阪)の会期中に金型シンポジウム(主催=日本金型工業会・金型協会)が開かれます。

このシンポジウムでは関西圏、大阪地区の抱える固有の問題点を捉まえて現状把握と金型企業が取り組むべき課題について考察するもの。現在、トレンドとなっている「EV化/自動運転化」をテーマに、仕事の変化や技術的課題も織り交ぜて検証。また、人材確保や人材育成などの経営課題を重ね合わせ、各パネラーの立場から経験を踏まえて意見交換、提言を行うといった内容の濃いものとなっています。

日時:2018年4月21日(土) 11:00~12:30

会場:インテックス大阪 インターモールド会場内 テクニカル・ワークショップ〈第1会場〉

主催:日本金型工業会・金型協会

特別協力:日本工作機械販売協会

〇総合司会
タイ国裾野産業連合会 顧問 前川 佳徳 氏(元型技術協会 会長)

〇パネラー
日本金型工業会 会  長       牧野 俊清 氏
日本金型工業会 副 会 長 西部支部長 山中 雅仁 氏
金 型 協 会  代表理事       永田 淳也 氏
日本工作機械販売協会    副会長  赤澤 正道 氏

■定員:80名

▼参加申込先▼
https://www.intermold.jp/seminar/sp/12/

DMG MORIの保育園

180403b1

DMG森精機が伊賀事業所、奈良事業所、名古屋本社、東京グローバルヘッドクォータで「DMG MORI保育園」を開設しましたが、先日、伊賀事業所にて見学する機会に恵まれました☆

社員が仕事と子育ての両立ができるよう、安心して長く働けるための環境の整備に注力していることがよく分かりました。

上質なオモチャの数々。
180403b2

180403b3

180403b4

この絵本は英語バージョンよ♡
180403b7

食器だってこだわりが!!
180403b6

子どもたちの教育水準を高めるための施設を目指しているとのことですが、取材をすすめていくうち、これらの取り組みにおいて日本国内の中でも、かなり進んでいる印象を受けました。

この取り組みについての詳細は、次号の製造現場ドットコムのニュースで掲載いたしますので、お楽しみに(●∀^)☆ 

こうした取り組みがどんどん日本で増えますように。

※記事および画像の無断転用禁止