月別アーカイブ 2018年08

友人の一言が☆

製造現場ドットコムを更新しました。
今回はファナック大特集です。滅多に立ち入ることができない工場で、同社のハイテク自動化ラインを見学することもできました。工場内は、製造現場、というより、まるでSFの世界に足を踏み入れた感覚で、とっても刺激的! 

幼少のころから、働く車や飛行機などの大きなメカものをみると、意味もなくカッコイイ! と思ってしまうわたし。大人になってもコーフンしすぎちゃったのね、ノートに書いた取材メモの字が汚すぎて何を書いているのか解読不能だったわ(笑) お陰で記憶を呼び覚ますのに苦労したわよ。

ところで、以前、経済に詳しい研究職の美人で知的な友人が、わたしに質問をしたことがあったのね。

「なすちゃん、ファナックって知ってるでしょ? どうして黄色なの? 子どもの頃、近くにファナックの建物があったんだけど、疑問に思ってたのよ。そしたらね、お父さんが、部署ごとに色があるらしいぞ、って言ってたの。紫もあるらしいとかないとか。これ、ほんと?」

えええええええええええええええっ!? 
友人の一言に衝撃を受けたわたし。
ファナックって黄色しかないんじゃないの!!!? 

「紫? うそだあ。聞いたことないもん。黄色しかないはずだよ。」(わたし)
「だって子どものころ、お父さんが言っていたのよ。気になるよ。」(友人)

わたしも、様々な人から、「なぜ黄色なのか?」を尋ねられたことがあったけれど、よく分からない――としか言えなかった。「コーポレートカラーだから」といえばそれまでだし。

同業者にも尋ねてみたし、業界の方にも散々聞いてみたけれど、なにが本当なのか分からない。誰1人、「実はいろんな色があった。」とは言っていない。

う~~ん。謎は深まるばかりだ――――。友人の言った部署ごとに色があるとかないとか、どーゆーこと!? まさかわれわれが知らない謎の組織があるとか? ああ想像は膨らむばかり。 

そうだ! この機会に思いきって聞いてみよう! 

こうしたネタは、経営者ご本人に確認をせねばなるまい。憶測をあたかも本当のように書くのはよくない。われわれのような商いは、誰になにを確認したか、というのはとても重要なことなのだ。

ということで、今回、稲葉会長兼CEOに黄色の謎を聞くことができましたが、なるほど!
そういうことだったのか! 

↓取材記事はこちら↓
http://seizougenba.com/node/10196

ファナックが設立されたのは1972年。同社が成長を遂げていく過程とともに、われわれは子ども時代を過ごしてきたのだ。(年がバレるので、これ以上記載することを控える)。

稲葉会長の話によると、ファナックが富士通から分離独立したときに、他にも数社が独立し、当時の富士通社長が各社の社長も兼務していたこともあって、分類しやすいよう各社で色を決めた――という経緯だった。

つまり、友人が「部署ごとに色があるらしいとお父さんがいっていた。」と言っていたのは、おそらくファナックを含め、富士通から分離独立した会社を指していたのだ!(と推測する)。 

友人よ! ありがとう! お陰で謎が解けましたぞ! 

ちなみに紫があったかどうかは、聞きそびれてしまいました(笑)

ファナック販促品の「フィールどん兵衛」(非売品)。黄色だからカレー味!
180831b

【動画】ユキワ精工が「おぢやまつり」で花火☆ 

180828b

新潟県小千谷市にあるユキワ精工が「おぢやまつり」で花火を盛大に打ち上げました。

夜空に大輪の花を咲かせました☆

美しいですね~(^∀^)
わたしもナマで見たかった!

ところで、小千谷といえば、人口3万6,000人ほど。へぎ蕎麦や鯉が有名ですが、世界トップシェアを誇る製造業が集中している謎のエリアでもあります。なんていっても、リーマンショック等、不景気の嵐が吹き荒れても、企業の従業員数に変化が見られなかった――という企業基盤の強さも特長です。

企業は地域貢献も社会責務のひとつです。

ユキワ精工が、地域における製造業のための人材育成はもちろん地元の皆様を楽しませ、製造している製品とともに、地域に愛される企業としても成長を続けているのが分かりますね☆

ところで、今年は世界最大級の技術ショーである「JIMTOF」が開催される年です。

小千谷地域からはなんと6社が出展!

先ほど、小千谷の人口は3万6,000人であることに触れましたが、人口1人あたりのJIMTOF出展者数は、おそらく小千谷は日本一でありましょう!

そんな小千谷企業6社の皆様が、現在、「JIMTOF2018」で、来場者へ向けてエキサイティングなイベントの企画をしていると、小耳に挟みました。

どんなイベントになるのか楽しみですね☆

ほず袋

180819b

先日、「ダメな大人の会」のスペシャルメンバーから、お土産に「ほず袋」をいただきました☆
ちなみに「ほずを落とす」というのは、酒を飲み過ぎて正気を失うことを指すとのことです(爆笑)

ダメな大人がダメダメにならないお守りでございます(笑)
なんてたって祈祷付きですから、強力です!
常に持ち歩くようにします。

さて、製造現場ドットコムの辛口コラム【直目】を久々に更新しています。
今回は、個人情報搾取の汚い手口について書き散らかしました。
恐ろしい世の中になったなと実感しております。

7月は体調不良のため、動きに制約が出てしまい、思うように行動ができず、この時間の無駄ったら!  

実はこの体調不良、本当に大変なことになりかけました。
この貴重な経験は、近々コラムに掲載いたしますので、こちらも楽しみにしていてくださいね。

「原爆の悲惨さをいち早く伝えた(はがき)」

180809b

今日は8月9日。
昭和20年に原子爆弾が長崎に落とされた日です。2005年当時、三菱重工の相川相談役を取材した際に聞けたお話です。既出記事ですがご紹介したいと思います。原爆の悲惨さ、そして戦況下であっても郵便局が機能していたことに驚きます。

****************
昭和20年8月9日、新型爆弾(原子爆弾)が長崎に投下された。当時、原子爆弾という知識がなく新型爆弾と呼ばれ、その破壊力に人々はなすすべがなかった。このはがきは当時、熊本の第五高等学校の1年生であった相川相談役が被爆直後の長崎の状況を寮の班長の千地萬蔵氏(元大阪市立自然博物館館長・理学博士)に8月13日に知らせたものである。

「敵機と追ひつ追はれつ肝を冷やしながらも約二十時間の後無事長崎に到着いたしました。新型爆弾の威力を眼前に見せつけられた時自分は思はず戦慄するのを覚えました。これが人類自滅の兇器となるかもしれません。被害の跡たるや焼跡と云ふより寧ろ小さな砂漠と云った方がピンと来る程です。周囲の山は一木草悉く枯れ尽くし、正に死の色を呈して居ます。赤黒い死体は、或いは踊ったやうにし、或いは椅子に掛けたまゝあっちこっちに散見せられ、新型爆弾が如何に大いなる力を瞬間的に発揮するものであるか、如実に物語って居ます。幸いにして自分の家は少々の被害を受けただけで家族一同無事でほっと胸をなで下ろしました。長崎は危険なので今日(13日)早朝徒歩で表記の所に待避して居ます。自分のこのはがきには毫も誇張はありません。真実そのまゝです。五高生は未だ余りにも新爆弾を軽視し過ぎてゐます。もっと〱退避も速く待避壕ももっと完備される様に切に御願ひします。先ずはとりあへず御知らせまで、諸兄に宜敷く。」

このはがきは、翌日大村市内のポストに投函され、2~3日後、熊本の五高習学寮に配達されたもの。大村郵便局消印の日付は、昭和28年8月15日。まさに終戦の日である。原爆と終戦直前の最も激しい戦況下においても、郵便局がしっかりと機能していたことに驚かされる。この墨で書かれた貴重なはがきは逓信総合博物館で「原爆の悲惨さをいち早く伝えた(はがき)」として展示されている。
*****************

※記事および画像の無断転用禁止