【JIMTOF強化週間】すごいのが出てるわ~!

昨日の午後は人で凄かったわね。

ところで皆様!
三井精機さんの巨大工作機械「HU100-5X」に乗っかってるワークを見ましたか?
まだの人はぜひ、その目で見てきて!

さらに!
まだ飛んでいないAIR BUS A350のIPC(中圧圧縮機)のケースが展示してあったの!
この展示品、チタン製のリング材より旋削、切削によって展示品の形状まで削りだしたものなんですって。この部品の形状加工に三井さんの5軸加工機が使用されているのよ! 

巨大といえば、ベールを脱いだ安田工業さんの「YBN10T-100TT」も迫力があったわ。
こちらはYASDA最大のトラニオンタイプということで、来場者も釘付けになっていたわよ。
伝統と最先端の技術の融合をその目で確かめるといいわ!

あら・・・・・・・・。
大物ばかり書いちゃったから、今度は微細加工機に触れるわね。
微細加工機といえば、碌々産業さんよね。JIMTOF初披露のマシン2台は、「MEGA SS」と「MEGA SD」よ! そして驚くことに碌々さんは、「ルミナス」っていう工具まで作っちゃったのよ。名前もイカしてるわよね! ここの製品におけるネーミングセンスも素晴らしくてさ。このセンスは海藤社長ならではのものなのよ。☆さすがね(●∀●)☆

センスの良さといったら、ヤマザキマザックさんのブースに度肝を抜かれちゃったわ。
山崎社長さんいわく「ブース内とSF映画に出てくる空母をイメージした」んですって。このアイデアも山崎社長さんのもので、「SF映画が大好き」とのこと。
ステキな予備知識まで仕入れちゃったわ☆(●ω●)ウフ☆

OKKさんの「VM/Rシリーズ」のラインナップが3機種揃いも必見の価値ありで、これまた人だかりが出来ていたわよ。

さて、本日、製造現場ドットコムのオススメするワークショップ関連は以下のとおり。

●オーエスジー
13:00~14:00 会議棟606会議室
「タップ・ドリル・ミリング加工における差別化の提案」
ものづくりの現場でどんな差別化をお客様に提供できるか? 第一部:タップ、ドリル、第二部:インデキサブル、エンドミル加工において、最新工具が提供する付加価値の一例を開発者が紹介する。

●イワタツール
15:00~16:00 会議棟607会議室
「脆性材及び焼き入れ鋼加工用小径工具」
焼入鋼・ガラス・セラミック・シリコン用切削工具の製作事例や、加工事例などについて解説。トグロンハードドリルによる、焼入済金型のイジェクターピン穴切削加工とCBN・PCDドリルやリーマについて。

■第15回国際工作機械技術者会議■
【テクニカルセッション3「工作機械と新素材加工における高効率化技術】
会議棟レセプションホールA1階

☆16:05~16:50 
富士重工業 航空宇宙カンパニー生産技術部主査兼製造部主査 小島裕登
「CFRPの高能率加工技術の最前線」

☆16:50~17:35
牧野フライス製作所 加工技術本部 カスタマアプリケーショングループ マネージャ 上野裕司
「難削材の加工能率向上と工具寿命延長を両立する最先端技術」

JIMTOF2012の公式晩餐会が昨日開催されました
121103burogu1

素晴らしい演奏に心がトロけました
121103burogu2