技術開発と技能と性別と.。o○

エキサイティングな2013年の幕開けを迎えた私。
解説記事も恐ろしいほどの大反響をいただき、喜びにうち震えております。
皆様の反響をご覧下さい。非常に嬉しいコメントの数々です。
もうね、おねえさん、ひとりひとりに「読んでくれてありがとう」、ってお礼をいいたいくらいよ!

はてなブックマーク 科学・学問↓↓
http://b.hatena.ne.jp/entry/seizougenba.com/node/2337

Ceron↓↓
http://ceron.jp/url/seizougenba.com/node/2337

≪ものをつくるモト≫の世界が広く注目され、理解されたことは私にとっても非常に嬉しいことです。この対決の舞台を作ってくださった関係者の皆様に深く感謝いたします。

ところで、多くの反響をいただく・・・ということは色々なこともございます。
私はこうみえて案外親切で実直な人間ですので、可能な限りお答えすることにしています(あくまでも可能な限りですが)が、お願いがあります。

技術開発と技能をゴタゴタにしている方が見受けられます。
技術開発は、まだ商品になる前のもの、人間に役立つものを発明・考案し、作ることです。
技能は人に付く技です。概念がちょいと違うのです。
なので技術開発で起きる事象のものを、技能の土俵でお話されても困るのです。しかも一方的な思い込みのもとで話される方の多くは、その論理がわかっていないので、まず、そこから説明しなければなりません。私ごとで恐縮ですが私の時間も限りがございますので、どうかよろしくお願いいたします。

また、時々、暴言を吐いたりする方もいらっしゃいます。

話し合って分かり合えるのはマトモな人だけです。正当性も見当たらないまま、一方的に攻撃をするような方、喧嘩を売りつける方は異常であり、異常をマトモと捉えることを私はいたしません。話し合いで解決するなら、ニュースで騒がれている学校のいじめ問題や数々の犯罪行為がなくなることでしょう。そんな甘い世の中ではないことを私は知っています。

私は女性なのですが、女性に対し、恫喝しておとなしくさせよう・・・といった不届き者に対しては、まともな対応はいたしません―――ということですが―――。

(本当に女性なのか?)

実は私の性別が気になる方がいらっしゃるようなので、ご説明しましょう(笑)

サイトをすべて見ていただければ分かると思いますが、たまたまどこかのサイトから引っ張ってきた記事を読んだ方だと分かりにくいかもしれません。遅くなってしまいましたが署名を入れました。

私の性別ですが、正真正銘の女性です。性格が男性っぽいので見せかけだけは女性らしくしようと、日々、涙ぐましいほどの努力に加え、経費削減のため化粧工程の短縮に頭を悩ませている、ごく普通の女性なんですよ☆

ウフフフフ
130106ブログ

大好きなキャンディ・ミルキィさん(左)と昨年末の忘年会の一コマです。
キャンディさんは、あの名作、キャンディ・キャンディのコレクターであり、その自由な発想から人生哲学を学ぶことができる尊敬する一人です。

ちなみに我が家は母と私、親子2代でキャンディ・キャンディファンです☆