クビレディを入手☆

春だわ。薄着の季節はもうすぐそこよ! 
どこで恋のチャンスが訪れるか分からないわ!(←といってみたかった)

この年代になってくると、不思議なことに己に無頓着になってきます。
たまたま可愛いワンピースなどを発見したとき、「やん☆可愛い~♪」なんつって試着してみると、もうピチパツ! 鏡に映った己はボンレスハムみたい。

で、現実を思い知るわけよ。
「ちっ、最近の若い子は痩せすぎなんだよ!」ってね。(←決して自分が増大したとは認めない)。

というのもさ、自分をイメージするときは、どういうわけか20代の姿しかイメージできないわけ。ホントは脳内で理解しているのよ、あの頃の己ではないって。

でね、たまに記念写真を撮って頂いたものが送られてくると、さらに厳しい現実を知るわけよ。

なんということでしょう――――。
写真に写ったミシュランくんのような己の姿―――ああもう、直視できない。

他人とは思えない腹部
130329a

ここ数年の間に蓄積した地層のような腹部の脂肪をワシ掴みにした私は奮起したわ!
絶対に元に戻すわよ! 階段だってラクラク走れる体力だって取り戻してみせる! 

というわけで、最近、新しいアイテムを入手しました。

ジャーン! 
130329b

この不安定な椅子に座ってバランスをとってるだけでクビれてくる・・・っていうアレね。なかなか口コミの評判もいいみたいで、さっそくポチったわけ。

最初はぎこちなかった動きもコツさえ掴めば、あらあら、なかなか楽しいじゃないのさ。
テレビをみながらユラユラ~ユラユラ~左右にユラユラ~前後にユラユラ~♪

と調子こいて気を抜いた瞬間、後ろにひっくり返って後頭部を強打! 
なんとも切ないアラフォーよのぅ。