最先端技歯製作システム

先日、セスクワ(本社=フランス・マコン市)のブルーノ・マルコ社長が来日されました。
活動状況や製品ラインのご紹介など詳しい内容は、来週のニュースに掲載しますが、その前に・・・楽しかった懇親会のご様子をチラ見せしましょう。

あ、あれは! 丸山弁護士じゃないですか! 

110624セスクワ1

かなりご多忙とのことでしたが、ご挨拶に来てくれたとのことでした。

懇談会ではセスクワ本社のあるマコンの白ワインが振るわれました。
味が深いのよ、これが。冷えていてとても美味しい! ガブガブと呑んでしまいました。

あちこちからも「美味しい!」との声があがります。

マコンのワイン↓↓

110624セスクワ2

マルコ社長がおっしゃっていましたが、ヨーロッパでは歯の治療が非常に進んでいるんですって。
歯型をとったら、最速、ショッピングをしている最中に歯が出来ちゃうんですよ。歯の材料も最高級ジルコニア! 驚きました。
 
さすがはヨーロッパ。医療システムは最先端ですね。
・・・ということで、これからはセスクワの「WorkNCデンタル」に注目です。

実は私が通ってる歯科医院もこの最先端のシステムを利用しているんですよ。これからはこのやり方が義歯製作の主流になるでしょうね。

ところで。
フランスといえばシャンソンです。
私もシャンソンは大好きです。「バラ色の人生」を聴くと、普段は身を潜めている労働意欲がなぜか向上します。

そんな話をしているうちに、マルコ社長が「水に流して」をハミングしてくださいました。
おおおっ! 私もこの曲が大好きです。知ってる方は大喜びよ!(←私はフランス語で歌えないから、フンフン♪いってるだけ)

下記は主な歌詞を日本語に訳したものですが、ほんと、ステキな歌詞なんです。

いいえ、ぜんぜん
いいえ、わたしはなにも後悔していない
わたしに人がした良いことも
悪いことも
なにもかも、わたしにとってはどうでもいい
いいえ、ぜんぜん
いいえ、わたしはなにも後悔していない
わたしは代償を払った、清算した、忘れた
過去なんてどうでもいい

わたしの色々な過去を束にして
火をつけて焼いてしまった
わたしの過去の苦しみも喜びも
今となっては必要ない――――。

ね、ステキでしょ(*^_^*)

ところで、最近、たまたまなんですが、フランス続きなのです。
で、以前から前髪をどうするか悩んでいましたが、私は日本人ですので、無謀にもアジアンビューティーを目指してみました。

というわけで、前髪をパッツンと切ってしまったの。若干、呪われた日本人形みたいですが、印象に残る方が良いと考えました。

ところが。
笑い話ですが、マルコ社長ったら、「キミをニュースでみた。原発反対のプラカードを持ってデモ行進していたよね」ですって。これには周囲も爆笑ね。

私のアジアンビューティー道は険しい・・・・。