【動画】高能率加工のヒント! ユキワ精工 ロボドリルとロボットを組合せCNC傾斜円テーブルで切削加工 

「G1チャック」が高い評価を得ているユキワ精工さんが、ロボットを活用して高付加価値品をつくる様子をyoutubeにアップしています。

ファナックさんのロボドリル「アルファ-D14MiA5」&ロボット「LR Mate 200
iD」とユキワさんのCNC傾斜円テーブル「TNT170L」&電動割出縁テーブル「DEFS500」のコンビネーション!

ワークストッカーからワークを供給、CNC傾斜テーブルで多面加工、加工後のワークをロボットハンドで搬出し、ワークストッカーも機械側から制御。ファナックさんのロボットが干渉を最小限に抑えている様子もわかります。CNC傾斜円テーブルでの多面加工は、加工エリアが広く取れて、多面加工の利用範囲も広がっていますよ。

動画長さは5分ほど。あっという間ですが、高能率加工のヒントが詰まっています。動画長さは5分ほど。分かりやすい説明もありますので、ぜひご覧下さいませ☆