安田工業が新しい工場を新設中! キサゲ強化とテーブルユニットの組立工程がメイン! 

先日、安田工業にお邪魔してきました。

んまあっ! 

ショールームが新しくなっていましたよ。
他にも新工場が建設中で、ここにはキサゲ専用スペースができるとのこと。
ちょっとご紹介しましょう。

まずは、新しいショールームへ――あらまっ!

この廊下、新しいわね!
170924b1

同社の建物内は、独自性が溢れておりデザイン性が高いのが目につきます。
分かりやすくいうと、工作機械じゃなくてお洋服をつくっていそうな雰囲気と申しましょうか。

打ち合わせルーム。椅子がお洒落!
170924b2

さぁ、ここから、同社のショールーム兼加工テストをするところです!
加工サンプルがズラリと並んでいますが、秘密なのでボカしてあります☆

加工サンプルは直接見てね(●∀●)
170924bb

恒温室があります。お客様の超精密加工のニーズに対応しています。
中に入れる人数も制限しているとのこと。

恒温室
170924b3

170924b5

170924b6

熱電源は外に
170924b7

密閉されている空間ですから、空気は常に浄化しています。

ところで、冒頭申し上げたとおり、同社ではキサゲ工程の拡充のため、新しい工場を新設中です。

ちなみに、キサゲといえば、工作機械の精度を思いっきり左右する大切な工程。しかもキサゲ職人といえば、誰もが出来る仕事ではありません。根気と集中力、そしてセンスが必要です。

同社には「キサゲをやりたくて来ました!」という若者が自らやって来るとのこと。
これは非常に嬉しいことです。地元での優良企業っぷりが理解できます。

キサゲ工程を強化することでマシンの生産効率も20%ほど向上するとのこと。

現在のキサゲ工程
170924b8

新工場は「第5工場」になります
170924b10

ちなみに今回の投資額は約5億円。
竣工したら取材に行かなきゃね☆

さてさて、来月から名古屋でメカトロテックが始まります。
同社では、今回「V40i」を展示します。なんでも、今とても話題になっているスペースデブリへの解決等を含め、宇宙産業に貢献するマシンのようです。この件については、見せ場があるようですよ! また、「YMC650」のラインナップで5軸も展示するとのこと。

さらに! 
今回は、すでにアメリカやヨーロッパで販売している「PX30i」が日本で初お目見え! 他にも、参考して新規開発したマシンが1台展示されるんですって。

これは要注目ですね!
同社としても、会場内で目の肥えた皆様のご意見をぜひお聞きしたいとのことですよ☆