北川鉄工所の“チャックメーカーが開発”したグリッパを見た!

野に咲く~花のよぉに~♪ と、歌いたくなるくらい良い天気の中で、日本全国津々浦々、ハイボール片手に出張三昧のワタクシですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

おそらくドイツのEMOが終わってすぐにメカトロテックの展示会が控えているので、ギョーカイの各メーカーさんは、もう、テンテコマイって感じであろうかと勝手に推測をしており、連絡をするのも実はためらうほど。忙しい時に連絡をしてしまう間の悪いワタクシを許してください。

さて、先日、北川鉄工所にお邪魔いたしました。

担当者さんが、銀色のジェラルミンケースをパカッと開くと――――。
なんということでしょう!

美しいメタリックブルーが目に飛び込んできました
170928b1

なんだか強そう!
170928b2

これはKITAGAWAの「PROMANO」から、新しくでた「NTSシリーズ」です。
超軽量で超薄型、高い耐久性を誇るリニューアルバージョンなんですよ。

従来モデルと比較したら、ほらこんなにコンパクトに!
170928b3

超軽量で超薄型でありながら、高い耐久性が実現したのは、“チャックメーカー”がつくった“グリッパ”だからこそ。信頼性も抜群です。

切屑対策も強化したので、メンテナンス性も向上しています。

ウェッジ機構にご注目!
マスタージョーを全面から取り外せるので、グリッパをロボットから取り外すことなく、摺動面の清掃が簡単にできる親切設計となっています。

170928b4

コンパクトボディだから、ロボット可搬重量を制限しないのも嬉しい。
これだと安心してロボットに取り付けられますね。

しつこいようだけど、同社はチャックメーカーだから、把握精度も抜群! 

現在、自動化の流れが勢いを増して加速しております。
もちろんロボットの性能も重要ですが、こうしたマシンとワークの間で威力を発揮するグリッパに要注目! ここがモロいと良い仕事ができませんものね☆

同社は、アメリカ、ヨーロッパ、タイ、中国、メキシコなどへ生産拠点や営業拠点を拡大している勢いの良い企業です。

10月18日(水)からはじまる「MECT2017」では、これら注目の新製品群もズラリと展示しますよ!

経済効果を高めたいとお考えのそこのアナタ!
良い情報が見つかるチャンスです!