ニュース

研究開発に最適な技術がここにある!

「第15回機械要素技術展(M-Tech)」、「第22回設計・製造ソリューション展(DMS)」、「第2回メディカルテクノロジーEXPO」、「第19回3Dバーチャルリアリティ展(IVR)」が、6月22日~24日までの3日間、東京ビッグサイトで開催された。製品の研究開発のために最適な機械要素や加工技術を効率的に導入・比較検討することを目的に製造業の設計者、開発者、生産技術者、購買担当者、経営者を中心とした多数のユーザーや専門家が訪れた。

オーエスジーは“トータルコーディネート”で加工の悩みを解決!

110705展示会1成長市場であるアジアを重点地域と位置づけている同社。現地で製品開発から生産、営業、アフターサービスまでを一貫して行う体制を整え、現在、受注力の拡大を図っているが、既存のソリッド工具に加え、インデキサブル工具(刃先交換式工具)等の新たな製品を市場投入するため、製品ラインを拡充中だ。
「Phoenix PFB」は、インデキサブルタイプのボールエンドミル。高いボディ取り付け制度が良好な加工面、超寿命を可能にする。特長は以下のとおり。

PFB-SP
・幅広い秘策材をカバーするスパイラル刃形。
・耐熱、耐摩耗性に優れた超硬質コーティングを採用、スパイラル刃形との組み合わせにより、幅広い被削材料で高速仕上げ加工が可能。
・優れたインサートR制度(±6μm)。

この製品は、耐摩耗性と耐欠損性のバランスに優れた“XP3320”超硬材種を使用している。酸化開始温度は1300℃、皮膜硬度は3500HVを誇る。高速、高能率切削において超寿命を実現している。

PFB-D
・切れ味抜群なスパイラル刃形を採用。
・グラファイト、銅、アルミニウム、MMC、炭素繊維複合材料などの加工において驚異的な耐久を実現するダイヤモンドコーティング。

ダイヤモンドコーティング専用材種“XC4505”。高度な切削技術と最先端技術よるダイヤモンドコーティングの組合せにより、シャープエッジを実現している。

なお、ボディの特長だが、「超硬ボディ」が、びびりを抑制し、突き出しの長い加工においても良好な加工面を得ることができ、また、高速加工時においても高精度、超寿命加工を可能にする。「銅ボディ」は、比較的突き出しの短い加工において高いコストパフォーマンスを発揮する。

皮膜技術は日々進化!

110705展示会2処理前はサンドペーパーで擦ると傷つくけれど、タイプBLのものは擦っても傷つきません!皮膜技術も日々進化している。ユケン工業の樹脂成型用新膜「タイプBL」は、皮膜硬度が一般的な樹脂型用鋼の5~6倍を誇る。金型構造や樹脂材から離型性が困難とされる部位に効果があり、成形工程の短縮で生産性もアップする。耐摩耗性に優れるので、GF含有材、シボ形状、ピン各モールドの型も長寿命化し、型材を腐食性ガスから徹底ガード、ガス付着低下によるメンテナンス対策に貢献する皮膜なのだ。




110705展示会3メッキでも塗装でもない「スーパーブラック」続いては、アベルの“メッキでも塗装でもない”「スーパーブラック」。大阪橋本知事と海外販路を開拓しているという。
ステンレスの美しい金属感を出すため、従来の化学発色法の欠点であった色の再現性を格段に向上させる電解発色法を川崎製鉄と共同で開発・製品化した同社だが、さらに色の均一性も飛躍的に向上させ、溶接の伴う加工物でも均一に発色可能な「スーパーブラック」の開発・製品化に成功。これはステンレス製品に電気化学的処理を施し、表面上に黒色酸化皮膜を精製させ機能性と意匠性を付与させる微細加工技術なのだ。

微細が得意な日進工具は世界最小で勝負

 
110705展示会7同社が今回展示していたのは、世界最小の「めねじ」と「おねじ」。被削材はSUS304、純チタン。使用工具は同社開発品ネジ切り工具S0.1。恐ろしく微細である。
これらの製品の数々は、今後、開発が進むであろう医療分野を視野に入れての展示である。
医療分野は認可の問題等まだ課題が多いが、日本が得意とする微細加工の分野では世界から注目を浴びること間違いない。

大昭和精機は生産加工のIT化を推進

110705展示会8「次加工の予定を把握できない」、「人手が足りない」、「段取り作業に手がかかる」、「段取ミスで不良が発生する」、「工具購入費が多い」、「機械稼働状況や工具の状態がわからない」といった製造現場の問題を解決するため『Factory Manager(ファクトリー・マネージャー)』の導入によるIT化を推進していた。

多品種少量生産、変種変量生産では加工前の段取作業が頻繁に発生する。生産性向上のカギはまさしく加工前の段取時間の短縮であろう。熟練者の技能に依存してきた段取作業も、PCを用いて情報管理することで、熟練者以外でもできるようになる。結果、稼働率もアップし、生産性の向上につながるというわけだ。

同社の「Factory Manager」は製造現場における情報を一元管理。作業に必要な機械やNCデータ・図面などを作業マスタで管理する。スケジュールを利用し、簡単な工程管理や進捗管理をすることも可能である。NC装置とNCデータの送受信もできる。工具種マスタで標準工具を管理することで、工具研削時間の短縮・加工ミスの防止に役立つ。

「同時5軸NC切削加工シミュレーション」を発売 森精機

110705森精機1森精機製作所が、パソコン上で同時5軸加工をシミュレーションできるソフトウェア、「同時5軸NC切削加工シミュレーション」を開発した。このソフトウェアは同社の5軸制御立形マシニングセンタ、NMVシリーズ専用の切削加工シミュレーションソフト。

このソフトウェアは、同社の機械のオペレーティングシステムMAPPSに標準搭載の対話機能や、パソコン上の対話機能MORI-APから出力されたNCプログラムのシミュレーションが可能。さらに様々なCAMシステムから出力されたNCプログラムや、手入力されたNCプログラムの確認にも利用できる。また、機械搭載型の一般的な干渉チェック機能では不可能だった、素材が削り取られていく様子も確認可能である。機械を作動させないオフラインの状態で、セットアップから干渉・動作の確認まで、一連の加工シミュレーションができる。同時5軸NC切削加工シミュレーションにより、パソコン上で複雑な5軸加工用のNCプログラムを事前に検証し、プログラムを最適化することで生産効率が向上する。

面倒なセットアップを簡略化して、段取り時間を短縮

ソフトウェアには、あらかじめ森精機が用意した正確な機械モデルが登録されており、使用前のモデル作成やセットアップなど面倒な設定を省くことができる。正確な機械パラメータも登録されているため、タイムスタディにおいても正確な結果が得られる。今回、複雑になりがちな工具登録も設定画面をシンプルにし、工具モデルの作成を簡単にした。またNMVシリーズに標準搭載のMAPPS対話機能やESPRIT(CAMソフトウェア)に登録された工具データを読み込んでそのまま使用することもできる。三次元CAD上で作成したワーク素材や治具のデータについても、STLなどのファイルフォーマットを変更せずにそのまま取り込むことができ、設定を簡略化する。

シンプルな画面設計で操作性を向上

ソフトウェアの画面は顧客にその機能を最大限活用できるよう、シンプルな設計となっている。パソコン画面上に表示される操作パネルは実機と同じデザインのため、オペレーターは実機の使用前にパソコン上で機械操作のトレーニングをすることができる。またシミュレーション画面は2分割表示することも可能で、別々の視点から加工シミュレーションを確認できる。機内の加工シミュレーション映像とワークの素材除去シミュレーション映像を同時に表示することにより、確実な確認作業が可能だ。なお、 工具オフセットについても操作性を向上しました。ソフトウェア上にデータとして登録されている工具の長さや径の値を用いての検証はもちろん、工具オフセット登録画面に入力された値を使うこともでき、柔軟な操作性を実現しています。

定価は159万円。

「WorkNC Dental」で医療分野の拡販狙う セスクワ

110705セスクワ1セスクワ(本社、フランス・マコン市)が6月24日、ブルーノ・マルコ社長の来日に伴い、東京・港区の青山ロビンズクラブで「セスクワカンファレンス&懇親会」を開催した。

冒頭、ブルーノ・マルコ社長が、「今回の来日の目的は、震災で被害に遭われた地域のために日本赤十字社に寄付することと成長著しい東南アジアへの拡販、そしてデータデザインの協力のもと新しい製品であるWorkNCデンタルの紹介をしています。われわれのコンセプトはオートマティック。自動化を意識した開発を行っています」とあいさつし、活動状況、今後の展開などを話した。

特別ゲストとして、マルコ社長の30年来の友人であるフランス・マコン市長・代議士のGérard Voisin 氏、国会議員で弁護士の丸山和也氏がそれぞれあいさつした。

田澤聡森精機製作所千葉事業所エンジニアリング加工事業部マネージャー、新田宏日立ツール営業センター主任部員がそれぞれプレゼンテーションを行った。

110705セスクワ2岡村隆徳データデザイン社長が「セスクワさんとの付き合いは今年で17年目になります。このソフトを販売するにあたって、お客様に“痒いところに手が届くというより掻きむしってしまうほど良いソフト”と称賛されたことが印象的でした。現在、日本の中小企業が遅れているのはコスト管理が出来ていない点が挙げられています。まさしく“見える化”ができていない、という現状なのですが、この現状を打破するためには中小企業の適したシステムが必要になってきます。われわれは、セスクワさんとよきビジネスパートナー、よき友人として今後も良い関係を続けて行く次第です」とあいさつした。

会場を移して、本田宏一 本田技研研究所四輪R&Dセンター主任研究員の乾杯の発声で和やかな懇談が始まった。

歯科模型スキャナ/デンタルCADと連携し、あらゆる切削加工機に対応

今回、セスクワが拡販に注力する製品は「WorkNC Dental」。この製品は、市販されている歯科模型スキャナ/デンタルCADシステムと連携し、あらゆる切削加工機に対応した加工プログラムを高精度かつ短時間で確実に生成することができる自動CAMソフトウェアである。

デンタルCADシステムで作成したSTLデータだけでなく、特定の歯科模型スキャナ専用フォーマットの読み込みに対応し、また歯科業界や他産業で導入されているあらゆる汎用加工機に対応することができるポストプロセッサ機能を持ち合わせているため、センターラボ運用や技工所運用など、用途に合わせたシステムコーディネートが可能。
特別なCAMトレーニングを必要とせず、歯科技工専門知識を持たれている方であれば誰でも簡単に、セラミック、ジルコニア、チタン、コバルトクロムなどの歯科治療用素材から、アンレイ/オンレイ、クラウン、ブリッジ、コーピング、デンチャー、インプラント上部構造体/アバットメント/フィクスチャなどを削り出す加工プログラムを生成することが可能だ。

「オープン・イノベーションマッチングin大田」開催

大田区がオープンイノベーションをテーマにした商談会を10月に開催するが、それに先立ち8月4日、5日の両日に、大田区産業プラザ1階大展示ホールで大手企業との取引促進を目的としたイベントを開催する。入場は無料。

■平成23年8月4日(木)開催■
『2011年KRP-KIRイノベーションマッチング会 自動車部品メーカーのニーズとシーズのマッチング』
自動車部品メーカーの事業・技術ニーズの紹介と質疑を行う。

【対象】
・大学・研究機関、産業支援機関のコーディネータ。
・コーディネータ紹介の大手企業との連携に興味を持つ企業。

【開催概要】
日時:平成23年8月4日(木)13:30~17:45。
会場:大田区産業プラザ1階大展示ホール。
定員:100名(先着)
参加企業(順不同):パナソニック、三菱電機、住友電工焼結合金。
内容:上記企業に関する、事業・技術ニーズに関する情報ならびに10月に開催する商談会の説明。

■平静23年8月5日(金)開催■
『2011 オープン・イノベーションマッチングin大田 シンポジウム』
大手企業や中小企業がそれぞれの立場からオープン・イノベーションに対する取り組みを紹介する。

【対象】
・大学・研究機関、産業支援機関ならびに大手企業との連携に興味を持つ中小企業。

【開催概要】
日時:平成23年8月5日(金)13:00~17:30。
会場:大田区産業プラザ1階大展示ホール
定員:150名(先着)
参加企業(順不同):パナソニック ホームアプライアンス社、日立製作所、三菱電機、ハタダ、フルハートジャパン。
内容:(1)「プレゼンテーション」 上記企業によるオープン・イノベーションに関連したプレゼンテーションを実施する。(2)パネルディスカッションを実施(コーディネータ・清水 洋一橋大学イノベーション研究センター准教授)。(3)10月に開催する商談会の説明。

このほか、「ものづくり系企業活性化の事例と提案」をテーマに橋本洋志産業技術大学院大学教授を講師にプレセミナーの開催を予定している。 

「DMG/MORI SEIKI奨学基金」を設立 

森精機製作所は、業務・資本提携先であるドイツ・ギルデマイスター社の「日本の製造業の復興に向けた人材支援を行いたい」との要請を受け、賛同した同社は、ギルデマイスター社とともに震災支援の一環として、将来の日本の製造業を担う被災地の国立高等学校専門学校生に対する就学支援を目的として、「DMG/MORI SEIKI奨学基金」を設立し、支給することを、このほど国立高等専門学校機構と基本合意した。

奨学金概要
【目的】東日本大震災で被災した国立高等専門学校生に対する就学支援
【名称】DMG/MORI SEIKI奨学基金
【支給総額】3億円
【支給期間】10年間
【支給金額】1人5万円(年間60万円)
【対象者】東日本大震災で被災した高等専門学校の学生
【運営】国立高等専門学校機構

完璧なセキュリティのためのインターロックシステム

110705フランス1このほどフランスのロニス(RONIS)社は、中圧・高圧の電気機器・電気設備を対象とする作業者と機器の安全確保に特化したインターロックシステムのフルラインナップを開発した。4種類の製品シリーズから成るこのラインナップは、所定の順序に従う操作を要求することによって、リスクを伴うすべての構成要素に対応できる多彩なロック機構を提供する。これらのシステムは、顧客企業固有のニーズに合わせてカスタマイズすることもできる。

断路器の制御用インターロックから、サーキットブレーカー、インバーター、変圧器のロッキングシステム、そしてアクセスドア(トラップドア、扉、小扉など)のロック機構に至るまで、同社のインターロック製品ラインアップは最大限のセキュリティをもたらすように特別設計されたもの。リスクを伴う各構成要素は1つまたは2つ以上のロック機構に拘束されており、各ロック機構はそれぞれ固有のキーを使う場合にのみ作動させることができる。ロック機構が相互依存関係にあるため、ひとつのキーを解除して次のロック機構を作動させるには、前のロック機構が正常に動作する必要がある。この仕組みは機械式であるため、信頼性が向上し、もっとも安全なロック機構である。各操作は一定の手順に入念に組み込まれており、キーの利用により、所定の手順を踏まないわけにはいかず、エラーのリスクが解消される。

110705フランス2これらのシステムはオール金属製であり、最大限の信頼性を確保するため、品質面と堅牢性の面で厳選された材料で構成されている。過酷な使用環境においても機能する堅牢なステンレス製ケース(錠箱)を中心に、各インターロック機構は真鍮製のピンタンブラーシリンダー錠を備えており、組み合わせの可能性を広げている。

複製しにくく、約80,000通りの組み合わせが可能な新型キーであるリバーシブルキーも開発された。

同社では日本販売代理店を募集している。

コンタクト
RONIS
Mr. Jean-Philippe Vuylsteke / Sales and Marketing Director
Email : jean-philippe.vuylsteke@ronis.fr  Tel : +33 (0)2 48 74 50 00 
Website : www.ronis.fr 

今までにない! ヘアライン模様を曲面形状に転写

110627牧野フライス3D横荒ヘアライン牧野フライス製作所(社長=牧野二郎氏、本社・東京都目黒区中根)がこのほどヘアライン模様を曲面形状に転写できる3次元CAMシステム 「FF/cam」 のオプションとして、「ヘアライン仕上げ (HLF) 」の販売を開始した。

ヘアライン模様とは、金属の表面処理加工のひとつで、一方向に髪の毛などの細かい傷をつける加工法およびその仕上げを指す。従来、成型品にヘアライン模様を付ける方法(金型内に転写シートを配置して形成する方法・インモールド成形で「IMD」、「IML」)と、金型にサンドペーパーを擦りつける方法がある。

「IMD」は、加飾されたフィルムを送り装置により射出成型の金型内で転写、工程数が少ないことから自動化・高速化が可能で成型品の大量生産に適しており、一方「IML」は、
絵柄などを施したIMLを金型内で成形品に直接貼り付けることで、射出成形と同時に加飾を行う。 工程数が多いことから成形品の大量生産は難しく、少量多 品種生産が適すとされている。

従来法のデメリットは、材料コストがかかるため用途が高級品に限られることがあげられる。転写箔の位置決め、転写不良、フィルム破れ、シワ などがコストに跳ね返り、リサイクル法の適用により回収後の費用もコスト がかかってしまううえ、 ヘアライン模様に再現性がない。

同社が提案するのは、ヘアライン模様を切削加工で金型に付加することに より工程の削減、外注業者への注文が不要となり 成型品を短期間に作成できる画期的な加工システムだ。これにより、リードタイムの大幅な短縮が実現し、切削加工することによりデザイナーのイメージを再現しやすく、同じヘアライン模様のついた金型を作成できる。

レーザ用FACレンズを使用せずに対照的なビームプロファイルを実現

110627モリテックスモリテックス(社長=松岡昇氏、本社:東京都豊島区)は、このほど親会社であるSCHOTT AG(本社:ドイツ マインツ、取締役会議長兼CEO:ウド・ウンゲホイヤー)が本年5月に開発した、FACレンズを使用せずに対照的なビームプロファイルを実現する溶融ファイバ「ビームシェーパー(Beam Shaper)」の取扱いを開始した。

ビームシェーパーを使用することで、高出力ダイオードレーザ使用時に用いられる速軸コリメーション(FAC)レンズが不要となる。 今後、このSCHOTT AGが開発したビームシェーパーを製品ラインナップに加え、レーザーメスなどの医療用機器分野やレーザ光源を使用した工作機器分野などへの販売展開を行う。

SCHOTT AGでは、非対称的に発光するレーザダイオード光を、形の均一な光線に成形するためのソリューションとしてビームシェーパーを開発、この製品はフレキシブルな多成分グラスファイバで、レーザダイオードとの直接結合が可能だ。

現在、レーザダイオードは、固体レーザの励起など、多くの用途に使用されている。レーザダイオードは小型で効率的だが非対称的に発光するという難点があった。これを解消するため、調整が難しいFAC レンズが必須であり、システムレベルでは、組み立てに時間がかかるという難点があった。SCHOTT AGの開発した新技術ではFAC レンズが不要となるので、短時間での組込が可能となる。

レーザダイオードから放出された光は、例えば口径の小さな円形など、様々な形への変形が可能なので、高品質なレーザ光を出すことが可能である。現在、ファイバは0.4 から0.8 までの範囲の開口数に対応している。さらに、出射光を一般的なライトガイドに入力した場合、最長2,000mmまで80%の光を透過させることが可能だ。

耐久温度は約150 度。出力密度によっては、コネクターを冷却することが必要な場合もあるが、これらのライトガイドは強固な構造で使い勝手が良いことから、既設のレーザダイオードも一層使いやすくなり、その性能の向上も可能である。これにより、医療分野におけるレーザメスへの利用をはじめ、工業分野においてのレーザ光源を使用した工作機器への搭載といった新たな用途への利用も期待されている。

レーザ加工機能を搭載した5軸マシニングセンタ「LASERTEC 210 Shape」を販売開始

110627森精機1レーザーヘッド森精機製作所は、提携先である独国・DMG社製のレーザ加工機能を搭載した5軸制御マシニングセンタ「LASERTEC 210 Shape」の販売をこのほど開始した。

「LASERTEC 210 Shape」は、Y軸移動量2,100 mmの大型マシニングセンタ。HSKインタフェースを介してレーザ加工用のファイバレーザスキャニングヘッドを装着することで、5軸での切削加工に加え、「レーザによるシボ加工」が可能である。シボ加工とは、ワーク表面に皮革調、ハニカム調といった模様を施す、特に金型業界で要求される微細な仕上げ加工。レーザによるシボ加工は、化学薬品で金属表面を腐食させて行う従来のエッチング法に比べ、正確で多彩なパターンが得られるメリットがある。「LASERTEC 210 Shape」は、金型の中でも大型となる自動車のダッシュボードやハンドルなど内装部品用金型の加工に適している。

工程集約
110627森精機2シボ加工面1台のマシニングセンタに5軸の切削加工とレーザ加工が集約、荒加工からシボ加工による表面仕上げまで、一貫した加工が可能である。段取り換えに時間と手間を要する大型の金型において、段取り換えが不要となりワンチャッキングで加工を完了する。またレーザヘッドは切削工具とは異なり摩耗・破損の心配がなく、光源寿命も100,000時間と長いため、長時間無人運転を行う金型加工を安心して行うことが可能である。

簡易操作を実現する「LASERSOFT-3D-TEXTURE」
「 LASERSOFT-3D-TEXTURE」は、自由なデザインを実現するソフトウェア。ビットマップ形式のモノクロ画像データや紙に出力したプリント情報からレーザ加工用プログラムを作成が可能である。つなぎ目なしで、広い表面や自由曲面に複雑な形状の投影ができる。簡易操作を実現するため、標準で三次元干渉チェック機能や5軸レーザ加工用の自動プログラミング機能を装備し、5軸レーザ加工をサポートする。

ヒューストンソリューションセンタを新装開設

同社では、回復基調にある米国市場において顧客のサポート体制を強化するため、主要販売店であるEllison Technologies,Inc(以下Ellison)と共同でヒューストンソリューションセンタを新装開設した。

この建物はEllisonが米国およびカナダに所有する21の拠点の中で最も規模が大きい。Ellisonのサービス、アプリケーション、営業担当、DMG/Mori Seiki USAのエンジニアリング社員あわせて25名が駐在している。ソリューションセンタ内に603.9㎡あるショールームを設け、最新設備と最新加工技術を紹介してくれる。また、最適な機械をチョイスできるようデモ加工を見学することもでき、要望するワークの加工図面に対するテスト加工を顧客立会いのもと実施し、テスト加工を通じて熟練の技術者が最適な加工法、工具、治具、切削条件など提案してくれる。

なお、米国市場は航空機やエネルギー、自動車産業を中心とした肥沃な市場であり、ヒューストンは石油・天然ガス掘削関連の中心地である。

モノの在り処を考慮できて、処理も高速化!

110627フレクシェロケーション機能フレクシェ(社長=浦野幹夫氏)は、このほど生産スケジューラ「FLEXSCHE(フレクシェ)」シリーズの新製品「FLEXSCHE 11(フレクシェ11)」の販売を開始した。「FLEXSCHE 11」では、複数箇所に分散する品目(原材料、中間品、製品)の場所の違いを考慮したスケジューリングとそれらの理論在庫量の視覚化のための「ロケーション機能」を新機能として搭載。この機能により本格的に計画立案の条件として扱えるようになった。

その他にも、多くの製造業に馴染みのある部品表形式でマスターデータを編集できる「部品表メンテナンス機能」、普段使い慣れたMicrosoft Excelを使って簡単かつ柔軟にさまざまな帳票を作成できる「Excel帳票機能」など、数十項目の新機能追加や機能改良が施されているとともに、処理も高速化(データによっては旧バージョンと比べて約30~40%短縮)した。

110627フレクシェ部品メンテナンス機能日本語版「FLEXSCHE 11」リリースに合わせて、英語版および簡体字中国語版「FLEXSCHE 11」もリリース。システム構成を検討しやすく、また価格面でも導入しやすくするためにセット製品もラインナップしている。生産スケジューラパッケージソフト「FLEXSCHE GP(フレクシェ・ジーピー)」を中核とし、機能や扱えるデータ規模が異なる4種類のセット製品がある。価格は420~640万円(税別)。また、多人数での計画立案環境を実現するサーバー・クライアント製品「FLEXSCHE Communicato(r フレクシェ・コミュニケーター)」のサーバーと2台のクライアントをセットにした「FLEXSCHE CommunicatorRegular Pack(フレクシェ・コミュニケーター・レギュラー・パック)」が780万円(税別)。

本年6月の販売開始から1年間で50システムの導入を見込んでいる。