ニュース

「第29回JIMTOF2018」が11月1日から東京ビッグサイトで開催! テーマは「未来へつなぐ、技術の大樹」

 「JIMTOF2018(第29回日本国際工作機械見本市)」が本年11月1日(木)から6日(火)の6日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)全館で開催する。入場料は、前売り1,000円(税込)、当日3,000円(税込)、学生無料。いずれも完全登録制。

 今回の出展規模は、1,085社(直接出展832社〈重複除く〉、共同・内部出展253社)、5,524小間(9月30日現在)。出展参加国・地域は、オーストリア、中国、チェコ、デンマーク、フランス、ドイツ、インド、イスラエル、イタリア、日本、韓国、リヒテンシュタイン、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、トルコ、イギリス、アメリカ。

JIMTOF半世紀の歴史の中で初! 出展者数1,000社超えの過去最多を記録

181015JIMTOF1日本工作機械工業会 天野専務理事 開催に先立ち、10月3日、都内のメルパルク東京で記者発表が開かれた。
 会見の席で、日本工作機械工業会の天野正義専務理事が、「1962年の開催以来今回で29回目を迎える。今回のテーマは『未来へつなぐ、技術の大樹』。第四次産業革命を迎えている中で、JIMTOFは、これからも時代のニーズを的確に捉えて、最先端の技術を世界に発信し続け、来場者とものづくりの未来を繋げていきたいという思いのもと、このテーマにさせていただいた。この展示会は単なる商談の場ではなく、ものづくり技術の祭典という側面を持っている。企画展示等も充実させ、工作機械への理解と知識の普及に努めていく。」としたうえで、最近の工作機械を取り巻く環境について触れた。

 それによると、「業界はインダストリー4.0やわが国のコネクテッドインダストリーなど、新たな情報化の時代に直面している。ものづくりと情報の融合化が急速に進展しつつあるということで、工作機械を中心とした設備状況をリアルタイムに把握することが新時代への対応だろうと認識している。」と述べ、「今回のJIMTOFでは、IoTプラットフォームのつながりを介して、時代に即した魅力ある“見える化システム”のソリューションが各社とも多く出展される。こうした中で、われわれもIoTプラットフォームを活用しながら、日工会会員メーカーの展示機をつなぐことにより、ビッグサイトを巨大な工場に見立てて、これにより来場者の皆様にIoTの一環を実感していただきたい。これを機械に工作機械ユーザーのIoT導入機運を高めていきたい。」とした。

181015JIMTOF2東京ビッグサイト 木暮 代表取締役常務 東京ビッグサイトの小暮 実 代表取締役常務が、「JIMTOF2018がいよいよ迫ってきた。今回、『未来へつなぐ、技術の大樹』をテーマにしたが、このキャッチフレーズは、未来を目指してさらなる成長を続けるJIMTOFを体感していただきながら、楽しんで頂きたいという思いが込められている。JIMTOFは年月を重ねて成長を続ける樹木に見立てて、最先端の最新技術を発信して続けていくシンボルである。」と述べ、今回の開催規模については、「東京ビッグサイトの全ホール、約100,000㎡を利用して開催する。今回の出展者数は1,085社だが、この出展社数はJIMTOF半世紀以上の歴史を持つが、過去最多の数字である。初めて1,000社の大台を超えた。全体の出展小間数は5,524小間でこちらも過去最大規模となる。」と説明した。

開催概要

(1)名 称:JIMTOF2018(第29回日本国際工作機械見本市)
(2)テーマ:「未来へつなぐ、技術の大樹」
(3)会 期:2018年11月1日(木)~6日(火) 6日間(9:00~17:00)
(4)会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)全館
(5)主 催:(一社)日本工作機械工業会、(株)東京ビッグサイト
(6)後 援:外務省、経済産業省、東京都、日本商工会議所
(7)協 賛:日本工作機械輸入協会、(一社)日本鍛圧機械工業会、日本精密機械工業会、日本機械工具工業会、(一社)日本工作機器工業会、日本精密測定機器工業会、研削砥石工業会、ダイヤモンド工業協会、日本光学測定機工業会、(一社)日本フルードパワー工業会、日本試験機工業会、(一社)日本歯車工業会
(8)出展物:工作機械、鍛圧機械、工作機器、機械工具、ダイヤモンド・CBN工具、研削砥石、歯車・歯車装置、油圧・空気圧・水圧機器、精密測定機器、光学測定機器、試験機器、制御装置及び関連ソフトウェア(CAD/CAM等)、その他工作機械に関連する環境対応機器装置・機器・資材・製品・技術及び情報
(9)入場料:前売:1,000円/当日:3,000円(いずれも税込)学生:無料 
*いずれも完全登録制

大垣精工が創立50周年、セイコーハイテックが創立35周年を迎え「感謝記念食事会」を開催

181015大垣精工1国内外の業界関係者並びに政財界から350名がお祝いにかけつけ会場内は盛大に盛り上がった。 大垣精工並びにセイコーハイテック(社長=上田勝弘氏)が、それぞれ創立50周年(大垣精工)・創立35周年(セイコーハイテック)を迎え、10月1日、大垣市内の大垣フォーラムホテルで「感謝記念食事会」を開催した。国内外の業界関係者並びに政財界から350名がお祝いにかけつけた。

 第一部は、「未来への挑戦 ~社会の生産性とレジリエンス向上を目指して~」をテーマにセコムの中山泰男社長が講演をした。続いて、びわ湖ホール声楽アンサンブル、長崎芸子連、元宝塚歌劇団のこだま愛氏が、歌と踊りで会場を魅了した。

181015大垣精工2 鏡開きと小川敏大垣市長をはじめ多数の来賓からお祝いのあいさつがあった。
 
 小川大垣市長は、「大垣精工グループは高度な技術力とグローバルな視野をもって会社を大きく発展させてこられた。この大垣市を支えていただき、大変ありがたく思っている。これも大垣精工グループの皆様の抜きんでた力を発揮した結果ではないかと感じている。こうした企業が大垣市を支えている。」と地域へ貢献する大垣精工グループに感謝の意を表した。

181015大垣精工3感謝の意を表する上田 大垣精工並びにセイコーハイテック社長 上田社長から感謝と記念事業の一環として、「水の都大垣ふるさと応援寄附金」、「岐阜大学創立70周年事業」、「立命館大学校友会未来人材育成基金」に、それぞれ目録の贈呈があった。
 
「どんなに物質文明が発展しても、いつの時代も“人”が主役である。」という上田社長は、本年、本社工場前に超精密金型・次世代プレス部品工場を新たに設立した。生産体制を強化し、次世代の自動車向け部品増産に対応するとして、ますます注目度が高まっている。

キタムラ機械が世界最小スペースの最新型同時5軸制御立形マシニングセンタ「MedCenter5AX」を開発

181015キタムラ機械 マシニングセンタ専業メーカーのキタムラ機械(社長=北村彰浩氏)が、このほど、世界最小スペース(公衆電話ブーススペース)機械幅が1.2mで所要床面積が2.4㎡でも、直径180㎜、高さ175㎜の加工ができる最新型同時5軸制御立形マシニングセンタ「MedCenter5AX」を開発したと発表した。

 このマシンは、最小スペースでも独自の工具交換装置(特許申請済)の開発により、省スペース機では不可能だった大容量40本の工具収納を可能とし、毎分3万回転(無制限1年間保証)の高速回転主軸を標準搭載している。搭載できる最大工具は(直径50㎜、長さ200㎜)となり、高速回転のマシニングセンタとしては、異例の大型工具が大容量で利用できるマガジンを内蔵している。A軸(傾斜軸)は毎分36,000度、C軸(回転軸)は毎分200回転の追従性の高い回転動作を実現した本格高速高精度切削機である。

 5軸加工物は同時5軸移動でも俊敏で干渉が少なく、加工物への接近性に優れている。今回の開発は、消費者ニーズの高機能化やデザイン性が高まり、多品種少量生産の高生産性と、部品の複雑化・微細化・軽量化、高精度化の要求とともに材質がチタンやコバルトクロム合金などの高硬度、難削材の高精度加工が求められるユーザーニーズに対応した。

 納入後数年度でも拡張可能な12面自動パレットチェンジャーにも対応しており、初期投資が少なくても長時間無人加工にも容易に対応できる。

 高分解能光学式スケールフィードバックや独自の熱変位補正システムを標準装備し、 微細複雑形状の長時間加工にも高精度加工を実現。加工機内での自動計測機能も可能。制御装置は、2008年に世界で初めて開発した第4世代コンピューター数値制御装置「Arumatik-Mi」を搭載。インターネットテクノロジーを駆使した使い易さが特徴で、あらゆる操作方法をオンデマンドでガイダンスするシステムが好評を博している。

 また、高解像度CCDカメラ、マイク、スピーカーを標準搭載し、ネットを介して作業者と会話して加工現場の状況をより明確に把握できる。PCやモバイル端末での工場外からの機械監視、通知も実現。世界中のどこからでも工場の稼働状況などの管理が可能である。

 この「MedCenter5AX」の完成により、直径170㎜から直径1000㎜までの同時5軸制御立形マシニングセンタ6機種のラインアップを揃えた。

 このマシンは、11月1日から東京ビックサイトで開催される国際工作機械見本市「JIMTOF2018」に初出品する。

タンガロイが焼入れ鋼仕上げ切削用「HP」チップブレーカ付CBNインサートを拡充

181015タンガロイ タンガロイ(社長=木下聡氏)が、焼入れ鋼の仕上げ加工で切りくず処理性に優れる「HP」チップブレーカ付CBNインサートを拡充し、このほど販売を開始した。

 焼入れ鋼の仕上げ加工用「HP」チップブレーカは、切込み0.2 mm以下の仕上げ加工領域で安定した切りくず処理性が得られ、切りくずによる不具合を改善し生産効率を大幅に改善できるとしてすでに好評を博しているが、今回、アイテムを拡充することで、より幅広い焼入れ鋼の仕上げ加工に対応が可能となった。豊富なインサートのラインナップにより、多様な加工ニーズに対応する。

●主な特長
 (1)切れ刃とブレーカの位置を最適化することにより、クレータ摩耗を抑制し、安定した切りくず処理性が可能
 (2)低抵抗の刃先仕様により、ワークの変形と、びびりの発生を抑制
 (3)切りくず処理性と優れた加工面精度を両立させるワイパー刃付きHPインサートを設定
 (4)連続加工に適するBXM10インサートと断続加工に適するBXA20インサートを設定

●主な形番と標準価格
・2QP-GNGG120408-HP BXM10:6,700円
・2QP-GNGG120408-HP BXA20:6,700円
・2QP-DNGM150404-HP BXM10:6,700円
・3QP-TNGM160408-HP BXM10:8,700円
・2QP-VNGM160408-HP BXM10:6,700円
・2QP-CCGT060204-HP BXM10:9,310円
・2QP-DCGT070204-HP BXM10:9,310円
(いずれも税抜価格)

三菱マテリアルが高能率アルミニウム合金仕上げ正面削りカッタ「FMAX」にロングエッジ形インサートを追加

181015三菱マテリアル 三菱マテリアル 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント=中村伸一氏)は、高能率アルミニウム合金仕上げ正面削りカッタ「FMAX」にロングエッジ形インサートを追加し、このほど販売を開始した。

 高能率アルミニウム合金仕上げ正面削りカッタ「FMAX」は軽量化と高剛性を両立した高速回転対応カッタ。従来品以上の多刃設計により、アルミニウム合金などの非鉄金属を、工具径125mm24枚刃にて、テーブル送り速度毎分20m以上で加工することが可能となり、自動車部品などの加工の高能率化を実現できる正面削りカッタである。

 今回、鋳物部品などの加工時に生じる、せき・ゲート残りなどの突起物を、仕上げ加工と同時に加工が可能なロングエッジ形インサートを追加し、使用用途をさらに拡大した。

●特長
 ① 鋳物部品などの加工時に生じる、せき・ゲート残りなどの突起物を、仕上げ加工と同時に加工できることで、加工回数を削減し、加工時間を短縮。
 ② インサート材種はダイヤモンド焼結体MD220を採用し、刃先エッジの微小損傷が原因のバリ発生を抑制し、長寿命を実現。

●標準価格
 GOER1408PXFR2-8 MD220:9,800円(税抜)

三菱日立ツールが、エポックディープボールエボリューションハード-TH3「EPDBEH-TH3」、異形工具シリーズGALLEA「GP1LB形」インサートのラインナップを拡大!

 三菱日立ツール(社長=増田照彦氏)がこのほど、好評のエポックディープボールエボリューションハード-TH3「EPDBEH-TH3」、異形工具シリーズGALLEA「GP1LB形」インサートのラインナップをそれぞれ拡大した。

エポックディープボールエボリューションハード-TH3「EPDBEH-TH3」を拡大

181015三菱日立ツール1 エポックディープボールエボリューションハード-TH3「EPDBEH-TH3」のラインナップに首下長の短いタイプとR0.075のエンドミルが追加され、計220アイテムに拡大した。

 今回、従来よりも首下長が短いタイプ(L/Dの小さいサイズ)を追加したが、首下長の短い工具を使うことで高硬度鋼加工における工具への負荷が軽減され、より高精度かつ長寿命な加工が可能となった。また、極小径のアプリケーションでは、特に高精度な加工が求められているが、しかし小径になればなるほど工具が受ける負荷は大きくなり、高精度かつ長寿命な加工は困難な状況である。R0.1 工具による加工の後に、R0.075工具による最終仕上げ前加工を行うことで、最終仕上げ(R0.05工具による加工)における工具の負荷が軽減され、より高精度な仕上げ加工が期待できる。

●特長
 ① 新開発した次世代コーティング「TH3」を採用し、高硬度鋼の加工において優れた耐摩耗性を発揮する。TH3コーティングはナノ組織の適用により、被膜の破壊単位が小さいのが特徴で、これにより高硬度鋼の加工において優れた耐摩耗性を発揮する。
 ② 高硬度鋼加工用に適正化したダブルフェイス形状を採用し、工具の摩滅を抑制する。
 ③ 高精度加工を追求した工具設計により、ワークの削り残り量を低減する。

 高硬度鋼を使用している各種金型(プラスチック金型、鍛造金型、プレス金型など)のリブ溝加工や隅部分の仕上げ加工など小径深彫り加工全般、50HRC以上の高硬度鋼の直彫り加工に威力を発揮する。

 価格は、4,680円~23,100円(税別)。

高能率仕上げ加工用 異形工具シリーズGALLEA「GP1LB形」インサートのラインナップを拡大

181015三菱日立ツール2 GP1LB形は特に5軸加工機による加工において高能率仕上げ加工を実現する工具として好評を博していたが、3軸加工機における起伏のある加工面の加工ではコーナー接続Rでの加工で効率を上げることが課題となっていた。そこで、レンズR刃、バレルR刃のみならず、大きな接続R刃を持つタイプのインサートを4種類8アイテム追加発売し、これにより3軸加工機における接続R刃の加工でも加工ピッチを大きくして加工することが可能になった。GP1LBの3軸加工機による高能率仕上げ加工で、GALLEA GP1LBがより使いやすくなった。

●特長
 ① GALLEA GP1LB形はレンズR刃とバレルR刃を持つ独自のR刃形により、壁面及び、なだらかな曲面の高能率仕上げ加工を実現した。
 ② 同一工具径のボールエンドミルと比較して仕上げ加工ピッチは約1.4倍の切込みが可能。
 ③ また、同一工具径のボールエンドミルと同一加工ピッチで加工すると、加工面粗さは約半分近くと良好な加工面が得られる。
 ④ GP1LB形のインサートは、アルファボールプレシジョンF ABPF形のホルダに取付け、使用することができる。

 価格はインサート:10,200円~14,800円(税別)。

オークマが高速・高精度・高面品位加工を実現する5 面加工門形マシニングセンタ「MCR-S(Super)」を開発

181015オークマ1オークマ(社長=花木義麿氏)がこのほど、高速・高精度・高面品位加工を実現する5 面加工門形マシニングセンタ「MCR-S(Super)」を開発した。高い加工レベルが求められている自動車用プレス金型加工において革新的な生産性の向上が狙いだ

 同社が今回の開発に至った経緯は、ハイブリッド、EV 等パワートレインが多様化し、低燃費の追求やユーザーの嗜好の広がりから、自動車はそのスタイリングがますます重要視されたことにある。


181015オークマ2Hyper-Surfaceによる高面品位加工 外観デザインの進化につれて、シャープなエッジと滑らかな曲面が共存する意匠性の高いデザインが多用され、その実現のために、プレス金型製造においては非常に高いレベルで形状精度および加工面品位の両立が求められるようになっている。その一方で、手作業による磨き・型合わせ工程などの熟練技能や各工程間の物流等における人材・労働力不足は大きな課題となっており、工程集約や高効率生産が求められていることを背景に、同社では、プレス金型の生産革新として、「MCR-S(Super)」を開発に至った。

 新開発の「MCR-S(Super)」は、プレス金型のトータルリードタイム短縮を目的に、加工時間短縮25% 、クラス最速の連続切削送りで、面品位の向上(往復段差0.5μm 以下)を実現した。筋目や縞模様がなく、磨き作業を最小化する高面品位加工ができる。また、型合わせ工程では、長時間連続加工においても安定した高精度加工を可能とし、 凸凹金型合わせ時間を大幅削減している。同社では、「究極の工程集約として、レーザユニットによる焼入れや補修工程の集約を高い次元で実現するプレス金型加工向け5 面加工門形マシニングセンタです。」とコメントしている。

特長と実現技術

181015オークマ3レーザーユニット
(1)プレス金型の加工時間を大幅短縮
●加工時間25%短縮
高い形状精度と加工面品位を維持しながら高速連続切削送りを実現
 ☆自動車サイドパネル金型の加工時間 従来機:7 時間13 分 → MCR-S : 5 時間25 分
 ☆平均連続切削送り速度 X・Y 軸 20m/min (従来機比5 倍) Z 軸 10m/min (従来機比2.5 倍)

●大物プレス金型の高能率加工を可能にする重切削加工能力
 ☆フライス加工の切削量710cm³/min

●加工物の重量に合わせてテーブル加速度を自律的に最大化する「サーボナビ」

(2)磨き修正作業を大幅削減する先進の高面品位化技術
●NC 制御技術「Hyper-Surface」が加工面不良につながる加工プログラムの乱れを自動補整
 ☆加工面に筋目や縞模様がない高面品位加工を実現

●これまで培ってきた高精度・高剛性設計をさらに強化し、高速仕上げでの高い面品位を実現
 ☆コラムのリブ配置の最適化、鋳物の肉厚強化、サドル幅のサイズアップによる高剛性化

(3)型合わせ工程の手仕上げ時間を大幅削減する高精度化技術
●機械設計をさらに進化させた「サーモフレンドリーコンセプト」で精度安定性を向上
 ☆長時間加工において、時間差が生じる加工エリア間の段差を極小化
 ☆温度変化8℃における倒れの変化量1.7μm/200mm (従来機比1/5)

●工具の割出角度に合わせてセンサが旋回し、精密な撮像で刃先位置を高精度に計測する「旋回式撮像センサ」
 ☆工具の割出角度が異なる加工エリア間の段差10μm 以下 (従来機比1/2)
 ☆撮像画像の記録によりトレーサビリティを確保し、工具状態の管理を容易化

(4)トータルリードタイムを短縮する究極の工程集約 [世界初]
●プレス金型の熱処理と肉盛り補修を機上で実現
 ☆金型の載せ替えなしで、段取り作業と次工程待ちの時間を大幅短縮
 ☆一週間以上要する社外での焼入れ工程、補修工程を一台の機械に集約
 ☆レーザ精密焼入れとLMD(Laser Metal Deposition)方式の金属積層造形の両方に対応

製品仕様(クリックして拡大)↓
181015オークマ4

岡本工作機械製作所が精密平面研削盤「PSG –GX」シリーズの発売を開始

181015岡本工作機械1 岡本工作機械製作所(社長=石井常路氏)が、全世界における販売実績台数約20,000台を誇る精密平面研削「PSG-DXシリーズ」のマイナーチェンジ機として、精密平面研削「PSG-GXシリーズ」の販売をこのほど開始した。

 今回は、デザインの一新を行い、操作方法・機能はDXシリーズを踏襲、機械内油槽の分割方式によるメンテナンスの簡易化、防錆性に富んだステンレス材のカバーを採用し、標準色はツートンカラー仕様としている。

ラインナップ一覧
181015岡本工作機械2

JIMTOF会期中に小千谷地域6社が「JIMTOF2018おぢやスタンプラリー」を開催

181015スタンプラリー1 JIMTOF2018おぢやスタンプラリー実行委員会(実行委員長=酒巻弘和 ユキワ精工社長)が、本年11月1日~6日まで東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF2018(第29回日本国際工作機械見本市)で、「JIMTOF2018おぢやスタンプラリー」を開催する。

 酒巻実行委員長はこの目的について、「新潟県小千谷市は、人口3万6,000人弱の小さなまちですが、自社ブランドを持ち、JIMTOF2018展には6社も出展するメーカー集積地です。おそらく人口あたりのJIMTOF出展者数は日本一の市。今回は、この小千谷市が工作機械、工作機器メーカーの集積地であることを広く認識していただくとともに、小千谷市内のメーカー名を覚えていただくことを目的として、JIMTOF2018にて、小千谷市から出店の6社をめぐる『JIMTOF2018おぢやスタンプラリー』を開催することになりました。」とコメントしている。

JIMTOF2018おぢやスタンプラリーの実施概要

181015スタンプラリー2(1)実施期間
2018年11月1日(木)~11月6日(火)JIMTOF2018開催期間中
(2)実施内容
小千谷から出展の6社全ての小間を訪問し、応募ハガキにスタンプを集めること。応募ハガキを投函した方々の中から抽選で『小千谷名産品』が当たる。

(3)JIMTOF2018おぢやスタンプラリーの景品:小千谷の名産品は以下のとおり。

●特賞 魚沼産コシヒカリ新米60kg(1名)
●A賞 魚沼産コシヒカリ新米 3kg(30名)
●B賞 小千谷そば・うどんセット(30名)
●C賞 あられ詰め合わせ    (30名)

(4)JIMTOF2018 おぢやスタンプラリーの注意事項(応募ハガキ/チラシへの記載内容)
・応募は、一人1 通。
・各社小間にては、来場登録をすること。
・応募の〆切は11 月21 日消印有効。
・6 社の社員は応募不可。
・当選は商品の発送をもって代える。
・特賞の新米60kg は、分割での発送となる。
・発送先は、日本国内に限る。

■小千谷市からのJIMTOF2018 への出展6 社(50 音順)

●オヂヤセイキ(株) (小間番号: 東7 ホールE7123)
〒947-0042 新潟県小千谷市平沢2 丁目11 番19 号(T) 0258-82-3331 http://www.ojiyas.co.jp/

●(株)第一測範製作所(小間番号: 東7 ホールE7025)
〒947-0044 新潟県小千谷市大字坪野826 番地2 (T) 0258-84-3911 http://www.issoku.jp/index.html

●(株)タカハシキカイ(小間番号: 東1 ホールE1051)
〒947-8506 新潟県小千谷市大字山谷字新保4番地11 号(T) 0258-82-4315 http://www.tmwjp.com/

●日本ベアリング(株)(小間番号: 西2 ホールW2015)
〒947-8503 新潟県小千谷市千谷甲2833 (T) 0258‐82‐5711
http://www.nb-linear.co.jp/

●ユキワ精工(株)(小間番号: 西2 ホールW2028)
〒947-0052 新潟県小千谷市千谷2600-1 (T) 0258-82-1800
http://www.yukiwa.co.jp/

●理研精機株式会社(小間番号: 西2 ホールW2050)
〒947-8555 新潟県小千谷市大字薭生乙664 番地 (T) 0258-82-4121 http://www.rikenseiki.co.jp/

日立建機が「平成30年北海道胆振東部地震」の被害に対し支援

 日立建機(社長=平野耕太郎氏)はこのほど、「平成30年北海道胆振東部地震」の被害に対し、日立建機グループが被災した方の救済や被災地の復興のために500万円の支援を行うと発表した。なお、この支援は社会福祉法人 北海道共同募金会を通じて行う。