ニュース

「過去最高の業績」オーエスジーが第106回定時株主総会を開く

190301OSG オーエスジー(社長=石川則男氏)が、2月16日(土)に同社アカデミー グローバルテクノロジーセンター(豊川市一宮町)で第106回定時株主総会を開催した。

 石川社長はあいさつの中で、「2018年度は創業80周年の記念すべき1年で、大変好調な世界経済を背景に世界中で労働力が不足になった。IoT、半導体、自動化等への投資が世界中で旺盛になった。それに伴い工作機械、産業機械、半導体製造装置、ロボット等の生産が増加し、当社が製造している切削工具の需要も極めて旺盛な状況であった。2018年度はお陰様で過去最高の業績で終えることができたが、その一方、一部製品の供給が追いつかず、ご迷惑をおかけした1年でもあった。社員一同、顧客の信頼にお応えできるよう今後とも努力をしていく。」と振り返った。

190301OSG2説明する石川社長 同社の2018年度は創立80周年を迎え、世界中で強い受注に恵まれた。主要ユーザーである自動車関連産業向けをはじめ、多くの業種で需要が好調に推移し、『Aブランド』をはじめとする標準品、特殊品ともに受注が強く、主力のタップや超硬製品の生産能力の増強や自動化につとめ、フル生産体制をとった結果、過去最高の業績を実現した。また、国内外で増加する受注に対応するため、72時間無人稼働を見据えたスマートラインを国内主力工場に導入し、全工場に展開する取り組みを開始した。

 この結果、売上高は、1,313億6,800万円(前期比9.3%増)、営業利益は225億2,000万円(前期比17.7%増)、当期純利益は147億1,000万円(同5.1%増)となった。
 
 欧米は、消費、生産、輸出に支えられ堅調に推移した。中国も個人消費、輸出に継続が見られたが、成長は持続。その他アジアの新興国は、以前の高い伸びと比べ鈍化したものの一定の成長を持続した。

 国内においては、生産と輸出に支えられ拡大を維持してきたが、自然災害などで個人消費が伸び悩み、期末にかけて減速基調となった。この結果、国内では、主要ユーザーである自動車関連産業をはじめ、幅広い業種から需要は堅調に推移し、主力のタップ、超硬ドリル、超硬エンドミル、ハイスドリルの売上が増加し、前期と比較して増収増益となった。

 米州は、主要市場の北米で航空機関連産業が好調で自動車関連産業向けをはじめとするその他業種の需要も堅調に推移した。メキシコでは自動車関連産業向けが引き続き堅調に推移した。ブラジルでは、国内需要は超硬ドリルの需要が堅調に推移し、輸出需要も好調で増益に貢献した。米州セグメント全体では主力のタップ、超硬ドリルおよび超硬エンドミルの売上げが増加したことにより、前期と比較して増収増益となった。
 
 欧州アフリカでは、自動車関連産業むけ需要を中心に業績は順調に推移した。なお、当連結会見年度期首よりフランスおよびドイツに所在する子会社2社を新たに連結子会社として加えている。

 中国では自動車関連産業向けを中心に多くの産業で市況は好調に推移した。韓国では、自動車関連産業向けは横ばい、IT関連産業向けは低調で、前期の売上は維持しながらも減益となった。台湾では主力のタップが増加し、大手ユーザー開拓により超硬ドリルが大きく伸び業績は順調に推移した。新興国、その他のアジア地域では各拠点総じて好調に推移し、着実にシェアを増加させた。アジアセグメント全体では、主力のタップおよび超硬ドリルの売上が増加したことにより前期と比較して増収増益となった。

 2019年度も、Aブランドの新製品発売を予定しており、M&Aで獲得した新販路を活用し、さらなる受注拡大を目指す。また、生産能力の増強と、国内工場の再編を目的に新城工場の敷地に新工場を建設し、今後世界展開のモデルとなるスマートラインの構築に努める。これら、生産体制刷新のために、全世界の生産工場を共通のデジタルデータで繋ぎ、小ロットの特殊品、大ロットのカタログ品にかかわらず、品質とコストと納期を高いレベルで実現するための新プロジェクト『OSG4.0』を2019年1月にスタートさせた。さらに、再研磨事業、コーティング事業をはじめとするサービス事業にも注力し、世界中の顧客の様々な需要に対応する。

 これらの取り組みにより、2019年度は売上高1,370億円、営業利益240億円を計画している。同社では2020年度、売上高1,500億円、営業利益300億円の達成に向け、今年度もさらなる飛躍を目指すとした。

 剰余金処分の件、取締役(監査等委員である取締役を除く。)2名選任の件、補欠の監査等委員である取締役1名選任の件、役員賞与支給の件、取締役(監査等委員である取締役を覗く。)に対する譲渡制限付株式の付与のための報酬額決定の件が上程され、それぞれ満場一致をもって承認可決し閉会となった。

 なお、総会に関連して恒例となったプレゼンテーションでは、総会開会前に新製品等の紹介、総会終了後には海外動向を中心に報告があった。

DMG森精機 増収増益増配!

190301DMGMORI説明する森社長 DMG森精機(社長=森 雅彦氏)は、2018年12月期(1月~12月)の連結決算を発表した。

 当期における連結業績は、売上収益5012億4,800万円(前年同期4296億6,400万円)、営業利益362億6,100万円(前年同期293億9,100万円)、税引前当期利益312億7,500万円(前年同期248億300万円)、親会社の所有者に帰属する当期利益185億1,700万円(前年同期152億6,300万円)となった。なお、当期の利益配当金は、一株当たり年間50円(前期40円)を実施する。

 当期の受注額は、4,970億円で前年同期比11%増となった。ただ、上期の受注は好調に推移したものの、下期の受注は高水準を維持するもほぼ前年並みにとどまった。この状況下においても、CELOS、テクノロジーサイクル、周辺装置を含む自動化需要が伸長し、受注総額に占める自動化案件の比率は24%(前年同期17%)まで向上した。また、5軸加工機、複合加工機のほか、超音波およびアディティブマニュファクチュアリング(積層造形)などの先端技術の受注も伸長した。

 地域別では、日本が前年同期比24%増と最も高い伸びとなり、次いで米州が13%増、欧州、中国がそれぞれ7%増、インドを含むアジアが4%増と各地域とも増加した。日本、米州、欧州は年度を通じて高水準の受注を確保できた。ただ、中国については、第3四半期(1~9月)までは、トラック、バスなどの輸送機器、エネルギー関連、一般機械向け受注増を享受できたが、第4四半期(10~12月)に入り、米中貿易摩擦の影響を避けられず、需要減に加えて、顧客の外貨調達難から、同社の受注計上要件となる前受金の受領が遅れる傾向が生じ、受注は大幅な減少が続いている。

 同社の事業戦略については、製造現場での自動化・複合化の促進と5軸加工機の普及、統合的なデジタル化によるインダストリー4.0の実現に取り組んでいる。さらにアディティブマニュファクチュアリング(積層造形)の発展やDMQP(DMG森精機認定周辺機器)パートナーとの連携を通じ、すべての顧客に最適なソリューションを提供している。また、技術開発では、大型5軸加工機DMU 200 Gantry およびDMU 340 Gantryを昨年のJIMTOFで日本初披露し、国内で販売開始した。標準搭載の自社製主軸speed MASTERが高速かつ高精度な加工を実現するほか、ガントリ構造の固定テーブルを採用することにより、重量ワークや偏荷重ワークへの対応も可能となった。このため、アルミやGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の大型加工物も効率よく加工できることから航空宇宙業界や金型業界から好評を得ている。本年6月以降には、ヒューマンマシンインターフェイスCELOSにマカフィー㈱の「McAfee Embedded Control」を国内生産機に標準採用し、システムの停止や情報流出を阻止する情報セキュリティ対策を強化していく。

 一方、同社は働き方改革にも取組み、“よく遊び、よく学び、よく働く”をモットーに、社員が安心して力を発揮できる健康的な環境の整備を進めている。昨年12月からは、一日の勤務時間を12時間以内としたうえで、退勤から次の出勤までを12時間以上あける「12時間インターバル制」を導入した。また、同社は「DMG MORI SAILING TEAM」を発足させ、日本における外洋ヨットレースの第一人者である海洋冒険家の白石康次郎氏を迎え入れて、単独・無寄港・無補給の世界一周レース「Vendée Globe(ヴァンデグローブ)2020」に挑戦する。あらゆる自然環境に耐えうる剛性、精度を追求した最先端の船舶の提供を通して、製造業の発展に貢献するという。

 2019年度(1~12月)は、日本工作機械工業会が受注を前年度比12%減と予想するなど、高水準の中での調整局面を迎えると思われる。このような環境下で、同社は今まで進めてきた5軸加工機、複合加工機などの工程集約型機械、自動システムの需要増、超音波加工機、アディティブマニュファクチュアリング(積層造形)など先端加工技術の用途拡大に手応えがあり、引続き受注拡大に努めるとしている。その業績(連結)予想は、売上収益5000億円、営業利益360億円、親会社の所有者に帰属する当期利益190億円を見込んでいる。また、次期配当金についても、一株当たり年間60円の増配を予定。なお、米ドルレートは110円、ユーロレートは125円を想定している。

【移転】イスカルジャパン 水戸営業所がつくば営業所として開設

 イスカルジャパン(社長=岡田一成氏)の水戸営業所がつくば営業所として開設する。
 新事務所での業務開始日は3月4日(月)。

■つくば営業所 (移転先)
〒305-0032
茨城県つくば市竹園2-10-8 第三芳村ビル403号室
TEL 029-828-7361 / FAX 029-828-7362

「JIMTOF2018 第29 回日本国際工作機械見本市」の出展者数・来場者数ともに過去最高を記録 ~1085 社が出展、会期6 日間の来場者総数は153,103 人~

 世界最大級の工作機械見本市「JIMTOF2018(第29 回日本国際工作機械見本市)」(主催:日本工作機械工業会/東京ビッグサイト)が、去る11月1日(木)~11 月6 日(火)までの6 日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催され、過去最多となる1085社・5524小間の企業・団体が国内外から参加した。VAインターナショナルが会期中の内訳等を発表した。

●過去最大の来場者数
 会期6日間を通して、前回のJIMTOF2016を上回る合計153,103人が来場し(来場者数は開催期間中の重複来場数を除く)、現行の完全登録制によるカウント方式採用後(第18回以降)、最多の来場者数となった。

●海外からの来場者数
 海外からは、前回比12.1%増の12,934人が来場した。中でも、アジアからの来場は11,039名(前回比13%増)となり、海外来場者全体の8割を占めた。またそれ以外のエリアからも、ヨーロッパ、北中南米を始めとして世界63カ国・地域から、来場者が訪れた。

●出展内容の特徴
 IoTプラットフォームを介した、設備の稼働状況の可視化を始めとする「見える化システム」のソリューションが精力的に出展され、IoTを実際に活用するための提案が多く見られた。この他、AIや計測技術を活用した省力化システム、工作機械とロボットの協働領域の拡大、実用面における積層造形加工(Additive Manufacturing)の進展、複合・5軸加工の進化等、製造業の未来を切り拓く新たなソリューションが随所に見られた。

●出展者・来場者からの高い評価
 主催者が実施したアンケートの結果によると、出展者においては、「出展目的」の達成度が非常に高く、次回も出展したいという回答が9割を超える結果となった。また、来場者からも、「業界動向」や「新製品情報」の入手源として注目されており、国内外ともに極めて高い割合で「期待以上」、「期待通り」の展示会であったと回答した。

●併催企画の充実
 基調講演では、業界でも特に関心の高いEVに関する講演を行い、約800名の聴講者を集めた。この他、IoT、AI、企業経営等、ものづくりの世界を様々な角度から紹介する講演を行い、いずれの会場もほぼ満席となる盛況ぶりだった。
 
 企画展示では、IoTプラットフォームを活用して会場内72社・292台の展示機と企画展示ブースを“つなぎ”、その稼働状況等の情報を大型モニターにライブ表示して、会場を一つの巨大な工場に見立てることで、IoTの一端を実感。また同ブースでは、会期初日に「IoTオープニングディスカッション」を開催し、84人の報道関係者等を前に、“つなぐ”からその先の価値創出へと急ぐ必要性を論じた。

 特別展示では、本田技研工業の協力で、その高い技術を活かしモータースポーツの現場で活躍している、Honda 製のSUPER GT(4輪)・Moto GP(2輪)出場車を展示した。さらに、過去から最新に至るまでのエンジンの実機を展示し、多くの方が過去から“つながる”技術の変遷・進化を見学に訪れた。

●学生の来場者数は5,266名
 学生のために企業のトップが集まり講演会を行う「工作機械トップセミナー」や、工作機械関連業界に興味を持ってもらうための「ものづくり業界紹介セミナー」が開催され、学生たちが熱心に耳を傾けた。また学生を応援する企業の紹介やブース位置を掲載した冊子「会場案内」も配布され、学生の工作機械関連業界への興味関心の向上に貢献した。学生の来場者数は前回比1.5%増の5,266名となった。

サンドビックが業績並びにデジタル戦略を発表

190301サンドビック1説明するエネビリ社長 サンドビック(社長=マイケル・エネベリ氏)が、2月14日、名古屋市内の名古屋マリオットアソシアホテルで開催された同社中部日本コロマント会総会に先立ち、「2018年度業績」、「デジタル戦略」、「新組織体制」等について発表があった。

 エネベリ社長は、「2018年は記録的な年となった。史上初めて1,000億スウェーデン・クローナを超えた。これは日本円にして約1兆2,500億円になる。この成長は主に南北アメリカ、オーストラリアが中心となっている。ヨーロッパとアジアはこれに比べて低いながらも安定した成長を示している。売上の38%はヨーロッパ、21%がノースアメリカ、アジアは約20%。産業分野の観点からは、主に航空機及び石油ガス分野で力強い成長が見られたが、ヨーロッパとアジア、特に中国を中心とするアジアは減少傾向にある。」と数字を示したあと、「市場シェアの獲得と市場の新しい領域への参入に注力する。」と意気込みを示した。

 サンドビックが参入しているマーケットの新分野に“デジタルマニュファクチャリング”がある。同社の好調なデジタル製品シリーズは“CoroPlus(コロプラス)”と呼ばれ、従来の切削工具の種類であるコロターン、コロミル、コロドリル等を統一した“Coro(コロ)”という名前が付いている。“CoroPlus”は設計、工程計画、マシニング計画、工具ロジスティック、拡充及び加工後等の検証を含む顧客の機械加工のバリューチェーン全体をサポートすることを目的にしている。

 エネベリ社長は、「サンドビック・コロマントの主要な工場のあるジモ工場において、世界経済フォーラムから最先端のインダストリー4.0サイト及びデジタルライトハウス工場として認定された。これはデジタルマシニングにおいて、サンドビックが最高のポジションにあるという証明であり、非常に名誉なことだ。」と優位性を示した。

 山本雅広 190301サンドビック2山本 サンドビック・コロマント・カンパニー 専務執行役員バイスプレジデント 西日本営業統括本部長兼東日本営業統括本部長)が、新組織に関する説明をした。それによると、東日本に関しては武井篤史 営業統括本部長代理が東日本営業統括本部長代理に就任すると発表し、「より地域に密着した形で営業活動を進めていく」との姿勢を示した。

 また、航空機部門に関しては、航空機推進部の名称で別組織を持って注力すると説明した。

 2019年の取り組みについては、コミュニケーションの強化を挙げ、技術的なサポートを含めて付加価値のある営業活動を行うとした。また、高付加価値製品の開発にも注力するとし、3Dプリンターで作成された世界初の“チタン合金製ミリングカッター”の販売を3月から開始していく予定。

2019年1月分工作機械受注総額は1,254.0億円 日工会 

 日本工作機械工業会がこのほどまとめた2019年1月分の受注実績は以下の通り。
2019年1月分工作機械受注総額は、1,254.0億円(前月比△7.5% 前年同月比△18.8%)となった。20カ月ぶりの1,300億円割れ。1月では18年(1,543.9億円)に次ぐ過去2番目。1,000億円超は27カ月連続。

 内需は467.7億円(前月比△18.2% 前年同月比△15.9%)で、先行き不透明感や補助金待ち等から、23カ月ぶりの500億円割れ。1月としてはリーマンショック以降で18年(556.1億円)に次ぐ2番目。

 外需は786.3億円(前月比+0.3% 前年同月比△20.4%)で、スポット受注も寄与し、12月から微増も3カ月連続の800億円割れ。1月としては18年(987.8億円)、15年(826.3億円)に次ぐ過去3番目。

 緩やかな減少傾向を示しているものの、受注額は一定水準を維持。当面、この水準が続くと見られるが、通商問題や世界経済動向の影響を注視。

1月分内需

467.7億円億円(前月比△18.2% 前年同月比△15.9%)。

・23カ月ぶりの500億円割れ。1月としてリーマンショック以降で2番目(最高18年:556.1億円)。
・前月比4カ月連続減少。前年同月比2カ月連続減少。
・中国をはじめ世界景気の先行き不透明感に加え、補助金待ちもあり、やや弱含みで推移。
190301日工会1

1月分外需

786.3億円(前月比+0.3% 前年同月比△20.4%)

・3カ月連続の800億円割れ。1月では過去3番目(①18年:987.8億円、②15年:826.3億円)。
・前月比2カ月連続増加。前年同月比4カ月連続減少。
・全体的に緩やかな減少傾向も、スポット受注などにより、1月は前月からほぼ横ばい。
190228日工会2

三菱マテリアルがタービンハウジング旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MH515」を発売

190213三菱マテリアル 三菱マテリアル 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント=中村伸一氏)がこのほど、タービンハウジング旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MH515」の販売を開始した。

 この商品は、ターボチャージャーのタービンハウジングに使用されている耐熱鋳鋼、ダクタイル鋳鉄の内径および外径加工に適したインサートシリーズ。耐熱鋳鋼の加工は切削熱が高いため、切れ刃が塑性変形を起こしやすく、その時に発生するコーティング層の剥離から寿命が短くなるケースがあった。新商品の「MH515」は、こうした弱点を払拭するため、コーティング層の最適化、超硬母材との密着性の向上によって、コーティング層の剥離を防止し、寿命延長を実現している。

 今回は、ネガティブインサートとポジティブインサートの25アイテムを発売する。

特長
(1)コーティング層の最適化により、超硬母材との密着性を向上。耐熱鋳鋼の旋削加工で発生しやすいコーティング層の剥離を防止し、安定した耐摩耗性を実現。

(2)コーティング層の結晶成長を制御し、微細組織を維持したことにより、優れた耐摩耗性と耐チッピング性を実現。

(3)コーティング物質であるAl2O3層とTiCN層間の密着度を極限まで上げ、剝がれにくい被膜強靭(きょうじん)化を実現。

・標準価格 : CNMG120408-LK MH515 : 940円
 (代表型番) DNMG150404-GK MH515 :1,300円
VCMT160404-MK MH515 : 2,540円
*いずれも税抜価格

ダイジェット工業が高能率高送りカッタ「SKS-GⅡ」のサイズを拡張!

190213ダイジェット工業 ダイジェット工業(社長=生悦住 歩氏)が、このほど好評を博している高能率高送りカッタ「SKS-GⅡ」に新インサート「PM ブレーカー」「SM ブレーカー」を発売した。

 「SKS-GⅡ」は、は四角ポジティブな刃先交換式インサートを採用した高送りカッタ。加工現場で高い評価を得ていることから、同社では、難削化する被削材に対して切削抵抗を低減し、かつ刃先強度を有した金型加工用インサート「PM ブレーカー」とチタン合金等の耐熱合金用インサート「SM ブレーカー」をシリーズ追加した。炭素鋼、工具鋼、プリハードン鋼、鋳鉄、ステンレス鋼、チタン等の平面削り、ポケット加工、ヘリカル加工等の荒加工に威力を発揮する。

■特長
 ①高剛性かつ刃数増により高能率加工が可能な高送りカッタ。インサートは□10mmサイズおよび□14mmサイズを揃え、加工形態に応じた選択が可能。

 ②「PMブレーカー」は、金型材料の高能率加工に適した低抵抗形刃形であり、刃先強度を併せ持つ。インサート材種は炭素鋼・工具鋼に適した「JC8050」と、鋳鉄・プリハードン鋼・高硬度鋼(~50HRC)に幅広く対応する新材種「JC8118」を取り揃えている。

 ③「SMブレーカー」は、刃立ち性を高め、切削熱の影響を軽減し、加工振動による寿命低下を防ぐ形状としている。インサート材種は耐欠損性と耐熱性に優れた新材種「JC7550」を採用し、チタン合金からステンレス系の難削材の高送り加工が可能である。

サイズ・価格

●SPMT100415ZPTR-PM インサート材種:JC8050、JC8118(PVD コーティング)
インサート標準価格:910 円(税抜き)
●SPMT140520ZPTR-PM インサート材種:JC8050、JC8118(PVD コーティング)
インサート標準価格:1,270 円(税抜き)
●SPMT140520ZPER-SM インサート材種:JC7550(PVD コーティング)
インサート標準価格:1,270 円(税抜き)

タンガロイが経済性に優れる“両面仕様”ポジインサートシリーズ MiniForce-Turn新3次元ブレーカ「JSブレーカ」を発売

190213タンガロイ タンガロイ(社長=木下 聡氏)が、新発想両面仕様インサートと独創的なポケット形状により高経済性と安定加工を可能とする“両面仕様”ポジインサートシリーズ「MiniForce-Turn(ミニフォースターン)」に、優れた切りくず処理が行なえる新3次元ブレーカ『JSブレーカ』を拡充し、このほど発売を開始した。

 発売以来、好評を博している「MiniForce-Turn」は、従来のポジティブタイプインサートと同等の低抵抗化を実現した新発想の両面仕様インサートとなっており、顧客の大幅な工具費の削減に寄与する次世代工具シリーズ。

 『JSブレーカ』は、切れ刃に大きなインクリネーションを持ち、優れた切りくず処理性と低抵抗を両立したブレーカだ。これにより、切りくず絡みによるワーク不良や機械の停止等の発生が低減でき、合わせて高精度な加工が可能となる。この新3次元ブレーカ『JSブレーカ』を既に発売されているブレーカシリーズと合わせて使用することで、小物部品加工において多種多様な用途及び加工形態に最適なインサートが選択可能となる。発売するインサート形状は、6コーナ使用可能なWXGUタイプ及び4コーナ使用可能なDXGU、VXGUタイプの3形状。

■主な特長
 (1)従来のポジティブタイプインサートと同等の低抵抗化を実現した新発想の両面仕様インサート。
 (2)切れ刃に大きなインクリネーションを持ち、優れた切りくず処理性と低切削抵抗を実現。
 (3)独創的なポケット形状により強固なクランプ剛性を実現、安定加工が可能。

■主な型番と標準価格(税抜価格)
・WXGU040301MFR-JS SH725 :1,560円
・DXGU070302MFL-JS SH725 :1,760円
・VXGU09T204MFR-JS SH725 :1,950円
 全18アイテム

イスカルジャパンが設立25周年

190213イスカルジャパン イスカルジャパンがこのほど設立25周年を迎えるにあたり新ロゴを発表した。

 イスカルジャパンは、イスラエルの世界第2位の切削工具メーカーであるイスカル社の100%の子会社として、日本市場に於ける技術サービスの向上と、新製品情報を迅速に紹介するため、1994年2月に設立された。イスカル社は "限りない技術革新に挑戦" をスローガンに、常に独創的な製品を金属加工業界に提供し、生産性の向上を通じて機械工業の発展に寄与してきた。

 2018年10月にイスカルの新たなコンセプトとして発表された最新LOGIQ工具シリーズは「機械停止時間ゼロ化の推進」「超高送り」「低消費電力(低抵抗)」「安定加工」を特長とした次世代の高能率工具シリーズ。

 イスカルジャパンは、「イスカル社のユニークな製品の普及を通じて、日本の金属加工業界のコストダウンと、生産性の向上に寄与して参ります。設立25周年を迎え、社員一同気持ちを引き締め、新たな決意をもって鋭意努力いたします。」と意気込みを示している。