ニュース

アマダホールディングスが新卒採用活動にAIを導入「第3回 HRテクノロジー大賞」にて奨励賞を受賞!

 アマダホールディングス(社長=磯部 任氏)は、自社の新卒採用活動におけるAI を活用した「エントリーシートを読み解く2つの技術」について、経済産業省などが後援する「第3 回 HR テクノロジー大賞」(主催:「HR テクノロジー大賞」実行委員会)の「奨励賞」を受賞した。

 新卒採用の売り手市場が続くなか、業務の効率化や人材の戦略的活用を目的として、採用選考にAI を導入する企業が増えている。同社は、2018 年4 月に入社した新卒者の採用活動から、人事担当者の経験や知識では気付かない個々の学生の良さや可能性を考慮に入れることを目的に、AI を導入した。

 具体的には、多数のエントリーシートの分析にAI を用いることにより、学生を多角的かつ客観的にとらえ、同社の求める人材像である「挑戦し続ける人」としての志向性やマインドを持つ人材を採用できるように努めている。さらに、既採用者から得られた志向性データを、2019 年4 月以降に入社する予定の新卒者への採用広報活動にも役立てるなど、AI を幅広く活用している。

 「HR テクノロジー大賞」は、人材採用・人材育成・労務管理などの人事領域において、ビッグデータやAI を活用した取り組みのなかで特に優れた活動を表彰するもので、2016 年より毎年実施されている。今回の審査では、同社がAI を選考過程だけではなく、採用活動全般において幅広く活用することで、受験者数の拡大などにつなげた点が、高く評価された。

 アマダグループでは「お客さまとともに発展する」という経営理念のもと、「変革」と「挑戦」をキーワードに、時代の変化に対応した事業展開を進めており、採用活動においても、「挑戦しつづける人」を求める人材像としている。

 同社では、「今後も、より多くの学生と真摯に向き合うことで、アマダグループの将来を支える人材の採用活動を進めていく。」としている。

三菱マテリアルが「iMXエンドミルシリーズ」に高硬度鋼加工用4枚刃ボールヘッドを、炭素鋼旋削加工用PVDコーテッド超硬材種「MS6015」のブレーカを、それぞれ追加!

 三菱マテリアル 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント=中村伸一氏)は、このほど、ヘッド交換式エンドミル“iMXエンドミルシリーズ”に高硬度鋼加工用4枚刃ボールヘッドと、炭素鋼旋削加工用PVDコーテッド超硬材種「MS6015」のブレーカをそれぞれ追加し、販売を開始した。

ヘッド交換式エンドミル“iMXエンドミルシリーズ”高硬度鋼加工用4枚刃ボールヘッド

180831三菱マテリアル1 ヘッドとホルダの拘束面を全て超硬製とすることで、ソリッド工具に近い剛性を発揮する“iMXエンドミルシリーズ”は、多彩なヘッド交換が可能で経済性に優れ、高精度・高剛性・高能率加工の実現により、高い評価を博していることを受け、高硬度鋼加工用4枚刃ボールヘッド「iMX-B4S」を追加し、シリーズの拡充を図った。

主な特長
 ① 短刃の有効角を大きくすることにより、先端部を使用した加工でも高能率加工を実現。
 ② 弱ねじれ設計により、仕上げ加工に最適。
 ③ 新材種「EP8110」は、耐酸化性と潤滑性に優れるコーティング層と、耐摩耗性と高密着性に優れるコーティング層の組み合わせにより高硬度鋼加工に最適。

<標準価格>
IMX16B4S16016 EP8110:25,100円
IMX20B4S20020 EP8110:32,200円
(*いずれも税抜価格)

炭素鋼旋削加工用PVDコーテッド超硬材種「MS6015」ブレーカ

180831三菱マテリアル2 炭素鋼旋削加工用PVDコーテッド超硬材種「MS6015」は小型自動旋盤での、純鉄、炭素鋼、快削鋼の旋削加工において、専用超硬母材とPVDコーティングのコンビネーションで安定した仕上げ面と寸法精度を実現させる商品として好評だが、このほど前挽き軽切削用「LS-Pブレーカ」と精密仕上げ切削用「R/L-FSブレーカ」を追加することにより、“小型自動旋盤用工具シリーズ”の拡大を図る。

主な特長
 ① Ti-C-N系積層コーティングは、小物部品加工のような切削速度50~150m/minの低~中切削領域での炭素鋼加工に対し耐摩耗性に優れ、積層構造を最適化することにより密着性を向上。
 ② 前挽き軽切削用「LS-Pブレーカ」は、超硬母材の平滑化により、コーティング粒子が一定方向に成長し、より緻密で平滑なコーティング膜を構成することで、耐溶着性に優れ、安定加工を実現。
 ③ 精密仕上げ切削用「R/L-FSブレーカ」は、切りくず処理優先の幅の狭い研削リードブレーカにより、シャープな切れ味で良好な面粗度を実現。

<標準価格> CCGT060201M-LS-P MS6015:1,490円
(代表型番) DCGT11T304M-LS-P MS6015:2,090円
TNGG160408R-FS  MS6015:1,340円
TNGG160408L-FS MS6015:1,340円
(*いずれも税抜価格)

タンガロイが耐熱合金旋削加工用 AH8000シリーズのアイテムを拡充

180831タンガロイ タンガロイ(社長=木下 聡氏)は、耐熱合金旋削加工用「AH8000シリーズ」が、加工現場から高い評価を博していることを受け、今回新たに、ポジインサート形状、及びネガインサートにインクリネーション付き低抵抗28チップブレーカを拡充し、このほど全国で販売を開始した。

 耐熱合金旋削加工用「AH8000シリーズ」のポジインサートに、CPMT・VBMT形状等を設定。また、仕上げ加工で多く使用されるコーナR0.2mmのポジインサートを追加設定する。ネガインサートには、HRF・HRMチップブレーカに加え、インクリネーション付きで低抵抗な28チップブレーカを拡充。

 この28チップブレーカは、チップブレーカに設けられたインクリネーションにより優れた切りくず処理性の実現と、低抵抗加工により刃先温度の上昇を抑制することで、耐熱合金旋削加工における安定加工を可能にした。今回拡充するアイテム全てに、耐摩耗性と耐欠損性のバランスに優れた第一推奨材種である「AH8015」、耐摩耗性に優れた高硬度材種「AH8005」の2材種を設定する。

 今回の拡充によって、耐熱合金旋削加工用「AH8000シリーズ:は、航空宇宙産業や重工業産業で多く使用されている耐熱合金加工におけるトータルツーリングに貢献する。

主な特長
 ●耐熱合金旋削加工用『AH8000シリーズ』は、高Al積層被膜技術を採用し、耐熱合金旋削加工において驚異的な耐摩耗性と耐欠損性を両立。
 ●耐熱合金旋削加工用『AH8000シリーズ』のネガインサートに、インクリネーション付き低抵抗型28チップブレーカ、ポジインサートにCPMT・VBMTを含むインサート形状を新たに設定。耐熱合金旋削加工のあらゆる切削領域をカバーする。

金型向けAutomaticCAM最新版『WorkNC2018R2』をリリース!

180831ヴェロ3Dプロファイル加工ツールパス ヴェロソフトウェアがこのほど、Automatic CAMシステムの最新バージョン『WorkNC 2018R2』をリリースした。これにより、多数の新機能を追加・改善し、生産性向上の実現を支援する。
 主な特長は以下のとおり。

●荒加工ツールパスの計算時間短縮
荒加工用形状データを新たに追加。荒加工ツールパスの計算時間を大幅に短縮し、リードタイム削減へ。

●3Dプロファイル加工の新規追加
 ユーザーのリクエストに応え、今までのプロファイル加工を機能アップしたNewツールパス「3Dプロファイル加工」を追加。多彩なパラメーターで工具刃長を考慮したプロファイル加工対応が可能になった。

●Waveform荒加工の機能強化
 2016で追加となり荒加工最新トレンドのツールパスを作成可能なWaveform荒加工を複数機能強化。高能率加工時のかけ上がり加工で工具負荷をコンスタントに保つパラメーターを追加し、加工時間短縮を図る。

日立建機が中期経営計画のバリューチェーン深化のために北米レンタル事業へ参入

 日立建機株式会社(社長=平野 耕太郎氏)は、グループを挙げて推進中の中期経営計画「CONNECT TOGETHER 2019」の深化を図るため、このほど米国のレンタル機器会社のACME Lift Company (本社:米国アリゾナ州、Chairman and Chief Executive Officer: Woodrow D. Weld(ウッドロウ D. ウェルド)/以下ACME)の持分の33.3%を取得し、順次北米建設機器市場でレンタル事業を強化していくと発表した。

 ACMEは米国で高所作業車を中心とする機器をレンタル会社にレンタルし、レンタル会社が再レンタルできるように機器を提供するリ・レント事業の先駆者。ACMEでは、このリ・レント事業モデルを土木建機分野へ拡大すべく事業パートナーを探してきたが、このほど日立建機と思惑が一致し、事業パートナーとして選んだもの。日立建機としては、世界最大のレンタル市場である米国でレンタル事業を伸ばし、事業のノウハウを習得し、今後、他地域へのレンタル事業の拡大も視野に入れてACMEに資本出資する。

 具体的には、ACMEを資金面で支えるだけでなく、既存の北米の商流を活用するなどして、ACMEの土木建機 リ・レント事業進出をはじめ、同社の事業全般を支援していく考え。

■ACME の概要
1. 商号: ACME Lift Company
2. 代表者: Woodrow D. Weld
3. 本社所在地: 4751 E. Indigo St., Mesa, AZ 85205, USA (米国アリゾナ州)
4. 創業年: 1997 年
5. 事業内容: リ・レント事業
6. Web サイト: https://acmelift.com/

コマツカスタマーサポート(株)「国際物流総合展2018」に出展

180831コマツ展示予定のバッテリーフォークリフト「FE25H-1」 コマツの100%子会社であるコマツカスタマーサポート(社長=三浦和明氏)が、9月11日から14日までの4日間、東京ビッグサイトにて開催される物流機器等の総合見本市「国際物流総合展2018」に出展する。

 この展示会は、経済活動のインフラとして不可欠な物流・ロジスティクスの先進情報が収集できるアジア最大級の専門展示会。1994年の初回以降隔年で開催され、今回は「ロジスティクスの今を知り未来に触れる」をメインテーマに、国内外の最新物流機器・システム・サービス等のソフトウェアとハードウェアを一堂に結集し、交易振興・技術の向上・情報の提供・人的交流等を目的としている。

 コマツカスタマーサポートは、本年4月に建設機械の販売・サービスを手がけるコマツ建機販売、同じくレンタルを行うコマツレンタル、およびフォークリフトの販売・サービス・レンタルを手がけるコマツリフトの3社の統合により新たな体制でスタートした新会社。「国際物流総合展2018」では、コマツ独自の技術を採用したバッテリーフォークリフト「FEシリーズ」、油圧駆動式エンジンフォークリフト「FHシリーズ」など、統合によるシナジーを活かした商品ラインナップを、実機展示およびデモンストレーションにて紹介する。

2018年7月分工作機械受注総額は1,511.4億円 日工会

 日本工作機械工業会がこのほどまとめた2018年7月分の受注実績は以下の通り。
2018年7月分工作機械受注総額は、1,511.4億円(前月比△5.1% 前年同月比+13.1%)となった。2カ月連続の1500億円超。7月として過去最高額(従来:2007年7月 1,359.7憶円)旺盛な国内需要が継続。1,000憶円超は21カ月連続。

 内需は674.3億円(前月比+7.1% 前年同月比+22.1%)で、5か月連続の600憶円超。リーマンショック以降で3番目の高水準。自動車や半導体関連を中心に堅調。
 外需は837.0億円(前月比△13.1% 前年同月比+6.7%)で、12カ月連続の800憶円超。7月では過去2番目(過去最高:2014年7月 850.5億円)夏季休暇やスポット受注の反動減で前月比減少も依然高水準が継続。

 1,500憶円レベルの高水準が継続。今後も高原状態で推移するものと期待。他方、通商問題等の海外リスクや、納期の長期化による影響などを注視。

7月分内需

674.3億円(前月比+7.1% 前年同月比+22.1%)。

・5カ月連続の600億円超。7月での600憶円超は、1991年(725.2憶円)以来27年ぶり。
・前月比2カ月連続増加。前年同月比18カ月連続増加。
・「ものづくり補助金」一次公募採択後の採択漏れ事業者からの受注が増加に寄与。

① 一般機械  307.9億円(前月比+23.9% 前年同月比+36.4%)
  うち金型   26.3億円(前月比+1.3% 前年同月比+29.7%)

② 自動車   207.8億円(前月比△3.8% 前年同月比+8.4%)
  うち部品   141.2億円(前月比+9.1% 前年同月比+14.4%)

③ 電気・精密 50.5億円(前月比△24.0% 前年同月比△4.8%)

④ 航空機・造船・搬送用機械 20.8億円(前月比+46.2% 前年同月比+0.9%) 

7月分外需

837.0億円(前月比△13.1% 前年同月比+6.7%)

・2か月ぶりの900憶円割れ。12カ月連続の800憶円超。
・前月比2カ月ぶり減少。前年同月比20カ月連続増加。
・北米は夏季休暇、アジアはスポット受注の反動減などで前月比減少も高水準持続

① ア ジ ア:350.8億円(前月比△22.1% 前年同月比△1.5%)
・東アジア:261.8億円(前月比△25.6% 前年同月比△6.8%)
〈韓 国〉33.8憶円(前月比△11.0% 前年同月比+3.3%) 
〈中 国〉205.4億円(前月比△28.1% 前年同月比△8.5%)
・その他アジア89.0億円(前月比△9.6% 前年同月比+18.3%)
〈イ ン ド〉39.0億円(前月比+24.2% 前年同月比+14.9%)
欧 州:215.4億円(前月比+0.5% 前年同月比+17.5%)
〈ド イ ツ〉47.2億円(前月比△9.5% 前年同月比+13.9%)
  〈イタリア〉28.5億円(前月比△23.3% 前年同月比△11.5%) 
② 北   米:259.1億円(前月比△9.2% 前年同月比+16.8%)
〈アメリカ〉214.3億円(前月比△6.2% 前年同月比+12.1%)
〈メキシコ〉 30.7億円(前月比△20.3% 前年同月比+90.0%)

日本建設機械工業会 需要予測まとまる

180831建機説明をする大橋会長 日本建設機械工業会(会長=大橋徹二 コマツ社長)が、このほど需要予測結果をまとめ発表した。これによると、18年度国内は駆け込み需要音反動減があるも、輸出は好調で全体では過去2番目と予測。19年度国内は微減するも輸出は引き続き堅調で全体では過去最高(07年度:2兆4,426億円)に迫るものと予測。

 ・2018年度の出荷金額は2兆3,709億円(前年度比5%増加)と予測
 ・2019年度の出荷金額は2兆3,861億円(前年度比1%増加)と予測。

【国内出荷】 2018年度は、一部機種で2014年次排ガス規制生産猶予期間終了に伴う旧型機需要の反動源が想定される結果、上期計では、油圧ショベルの前年比20%減少を始め6機種が減少すると見込み、3,939億円(前年同期比10%減少)となると見込まれる。下期は、旧型機駆け込み需要の反動減の影響がなくなり、下期計では、4,353億円(前年同期比2%増加)と予測。この結果、2018年度合計では、8,292億円(前年同期比4%減)となり、3年連続で減少すると予測。2019年度は、一部機種でオリンピック関連需要が減少する一方、消費税増税前の駆け込み需要が想定される結果、上期計では、4,012億円(前年同期比2%増加)、下期計では、4,188億円(前年同期比4%減少)と予測。この結果、2019年度合計では、8,200億円(前年同期比1%減)となり、ほぼ2018年度並みと予想。

【輸  出】 2018年度は、世界的な好景気に加え、資源価格の上昇から鉱山向け需要の増加により、7機種が増加すると見込み、上期計では7,304億円(前年同期比14%増加)と見込まれる。下期計では8,113億円(前年同期比6%増加)と予測。この結果2018年度合計では、1兆5,417億円(前年同期比10%増加)となり、2年連続で増加すると予測。2019年度は、北米向けを中心に多野地域も堅調に推移すると予測し、上期計では7,414億円(前年同期比2%増加)、下期計では8,247億円(前年同期比2%増加)と予測。この結果、2019年度合計では、1兆5,661億円(前年同期比2%増加)となり、3年連続で増加すると予測。

ヤマザキマザックが中国 遼寧工場製 CNC旋盤を日本に輸入 ~旺盛な需要による長納期化を緩和~

180818マザック1遼寧工場から輸入されるQUICK TURN 200L ヤマザキマザック(社長=山崎智久氏)は、中国の生産拠点の一つである山崎馬扎克机床(遼寧)有限公司(以下、遼寧工場)製の工作機械を本年9月より輸入し、日本での販売を開始する。

 同社では、「昨年来、工作機械市場は大変活況であり、今年上半期の日本工作機械工業会の受注総額は、前年同期比+26.1%の9,640億円となるなど、異例のハイペースで成長を続けている。その中でも内需は、半導体や自動車関連を中心に幅広い業種で好調を持続し、同+33.7%と特に大きな伸びを見せている一方、供給能力を超える高い受注が続くことで、受注残が増加し、業界全体で長納期化が進んでいる。」としており、同社でも業界トレンドと同様、日本市場は過去最高レベルの受注が続いているため、需要に十分応えることができない状況となっている。このような状況を少しでも改善するため、本年9月より中国 遼寧工場製の小型CNC旋盤QUICK TURN 200Lを日本に輸入・販売することを急遽決定した。

 同社は2000年に稼働を開始した寧夏小巨人机床有限公司(小巨人工場)と、2013年に稼働した遼寧工場の2つの生産拠点を中国に有している。遼寧工場は過去にも供給支援として日本や欧州への輸出を行っており、その累計は1700台以上に及び、性能・品質は各市場で高く評価されている。中国市場・欧州においても引き続き高いレベルの受注が続いているが、一昨年より中国2工場の生産能力増強を進めており、旺盛な需要が続く日本へ供給が可能となった。

 量販機種である小型CNC旋盤「QUICK TURN 200L」は、現在、日本の顧客より多くの受注されている。遼寧製の同機種の輸入台数については当面 約10台/月を予定しており、日本製と併売し供給量を増やすことで納期を短縮し、日本国内の需要に対応していくとしている。

 同社は中国以外にも米国・英国・シンガポールに海外生産拠点を持ち、変化する市場環境に柔軟に対応できる生産体制を構築しており、「今後もグローバルな生産体制を活用し、お客様のニーズに迅速に対応していきます。」としている。

「QUICK TURN 200L」の主な仕様
180818マザック2

■遼寧工場の概要
180818マザック3

会 社 名 : 山崎馬扎克机床(遼寧)有限公司
所 在 地 : 中華人民共和国 遼寧省 大連市 経済技術開発区鉄山東路1号
敷地面積 : 約116,000 m2 (35,200 坪)
延床面積 : 約 31,000m2 (9,400 坪)
生産内容 : CNC 旋盤、レーザ加工機
生産能力 : 月産 約150 台

DMG森精機 上方修正

180818DMG森精機説明をする森社長 DMG森精機(社長=森 雅彦氏)は、第2四半期(2018年1月~6月)の連結決算を発表した。

 第2四半期における業績は、売上収益2352億8300万円、営業利益157億6300万円、税引前四半期利益136億300万円、親会社の所有者に帰属する四半期利益88億8600万円となった。

 工作機械関連の受注金額は、2661億円で前年同期比24%増となり好調に推移した。機械本体に加え、同社が力を入れてきた多軸機、自動化システムの受注が拡大しており、販売単価の上昇を伴い各地域とも増勢基調を維持した。日本は53%増、米州は27%増、欧州は17%増、中国は36%増、中国を除くアジア・オセアニアは8%増となった。なお、2018年通期の受注計画について、従来の4700億円からさらに引き上げ4800億円以上を目指す。

 同社の事業戦略として製造現場での自動化・複合化の促進と5軸加工機の普及に取り組んでいる。自動車(EV)の増加など社会の変化を受け、製造業では、従来型の大量生産と複雑形状の少量多品種生産の二極化が進んでいる。同社は、生産の効率化をさらに高める自動化システムと複雑形状の加工を可能にする5軸加工機・複合加工機を組み合わせ、どちらの顧客に対しても最適な提案をしている。同社はあらゆる顧客の生産活動の課題解決を一手に引き受け、激しく変革する社会の中で重要な役割を果たし続けていく。

 新製品開発では、高い剛性と精度が求められる量産部品加工に最適な横型マシニングセンタNHX4000/5000 3rd Generationを開発し、5月の自社展示会伊賀イノベーションデーにて国内初出展した。3年保証付きの高性能主軸speedMASTERに加えて、切削油剤のタンク内に堆積する微細な切りくずを効率的に回収する新技術ゼロスラッジクーランドタンクを標準搭載することで、高速加工を実現しつつメンテナンス性を大幅に向上させた。また、オープンイノベーションを積極的に推進し、コンパクトなスペースで導入できる搬送用ロボット「D-Carry」をデンソーと、1台に機能を集約したロボットシステム「MATRIS mini」を不二越と共同開発した。

 一方、同社は社員が働き続けやすい環境整備にも引き続き取り組んでいる。総労働時間を年間2000時間以内に抑え、メリハリをつけた働き方により有給休暇の完全取得を目指す。加えて、4月には社員の子どものためにDMG MORI保育園を開園した。“よく遊び、よく学び、よく働く”をモットーに、今後とも広い分野での社員の活躍を支援し、全社一体となって成長していく。

 今後については、日本、米州、欧州の各地域ともに受注環境は引き続き堅調に推移すると思われ、同社では開発・製造・販売・サービスの各分野でAG社と連携を進め、営業サービス拠点がフルに稼働し、さらなる企業価値の向上に努めるという。次期業績(連結)は、営業収益4500億円、営業利益350億円、親会社の所有者に帰属する当期利益200億円を見込んでいる。なお、米ドルレートは110円、ユーロレートは130円を想定している。