タンガロイ 新製品を続々投入! ~「TetraForce-Cut」シリーズのラインアップを強化、「T9200」シリーズに新たなチップブレーカを設定~

 タンガロイが続々と新製品を市場投入している。高精度溝入れ・突切り加工用工具「TetraForce-Cut(テトラ・フォース・カット)」シリーズに、最大溝深さ10.0mmに対応可能な38サイズシリーズを追加し、また、次世代鋼旋削加工用CVD材種「T9200」シリーズにも新たに仕上げ加工用PS形、中切削加工用PM形の2種類のチップブレーカを追加した。

最大溝深さ10.0mmの外径溝入れ加工に対応! 「TetraForce-Cut」シリーズのラインアップを強化

210701タンガロイ1

 「TetraForce-Cut」は、ユニークな形状の4コーナ仕様インサートと強固なクランプシステムにより高精度加工が可能な溝入れ・突切り工具シリーズ。同社では、従来、最大溝深さ6.4mmの27サイズをラインアップしていたが、ユーザーからの「さらに深い溝を加工したい。」という要望に応え、今回、最大溝深さ10.0mmに対応可能な38サイズを追加した。

 さらに材種には耐チッピング性と耐塑性変形性に優れたAH7025を採用し、安定した溝入れや突切り加工が実現した。

 「TetraForce-Cut」独自の4コーナ仕様のインサート形状、3点支持による強固なクランプシステムはそのまま踏襲し、各々の切れ刃を長くすることで、最大溝深さ10.0mmを可能にしている。溝幅は1.5mm~4.0mmを設定。チップブレーカには、すでに高い評価を博しているTCL形を採用したことで、幅広い被削材の溝入れ加工において、スムーズな切りくず排出を実現する。

 ホルダには未使用コーナを保護する形状のインサートポケットを設置し、確実にすべてのコーナを使用できる。また、内部給油が可能なCHPタイプホルダも設定しており、高圧クーラント供給との組合せにより、確実な切りくず処理と排出性、寿命延長に極めて優れた効果を発揮する。

〈特長〉

(1)高い経済性と信頼性
 ユニークな形状の4コーナ仕様インサートを採用し、独自の3点クランプシステムによりインサートを強固に固定し、優れた刃先位置精度を実現する。また、溝入れ加工だけでなくねじ切り加工も同一ホルダで利用できる利便性の高さも備えている。

(2)内部給油仕様もラインナップ
 内部給油仕様なので切削油が届きにくい深い溝入れ加工でも切削点に直接供給できる。切りくず排出性を向上させ、くずつまりを抑制し、安定した加工を実現する。

■主な形番と標準価格(税抜)
 ・TCL38-200-020 AH7025:4,380円
 ・TCL38-300-020 AH7025:4,510円
 ・STCR2525-38      :18,400円 
 ・STCR2525-38-CHP    :28,200円 
 (計インサート4アイテム、ホルダ8アイテム)


「T9200」シリーズのネガティブインサートに、新たなチップブレーカを設定

210701タンガロイ2

 「T9200」シリーズは、鋼旋削加工において驚異的な安定性と長寿命を実現するCVD材種として好評を博しているが、このほど同シリーズのネガティブインサートに新しいチップブレーカとして、仕上げ加工用PS形、中切削加工用PM形をラインアップした。これにより、さらに幅広い加工形態に対応できるようになった。

 仕上げ加工用PS形は、インクリネーション付き切れ刃と新設計ブレーカ形状により、特に低切込みでの加工において、非常に優れた切りくず処理性能を発揮する。さらに独自の三次元ブレーカ形状ですくい面に発生するクレータ損傷の進行を抑制し、切りくずが厚くなりやすい高送り加工においても安定した長寿命を実現する。

 中切削加工用PM形は、切れ刃形状の最適化と適度な大きさの切りくずポケットにより、非常に幅広い範囲の切削条件で抜群の切りくず処理性を発揮する、高い汎用性を備えたチップブレーカ。

 これら二つの新チップブレーカは、従来のメインチップブレーカである仕上げ用TSF形、中切削用TM形を補完し、TSF形、TM形とのコンビネーションにより、さらに広範囲な加工領域に対応する。

■主な形番と標準価格(税抜)
 ・CNMG120408-PS T9215:  940円
 ・DNMG150408-PM T9225:1,300円
 ・WNMG080412-PM T9215:  940円
 (計84アイテム)
 

 20211月sg_mol_edt_0