DMG森精機 工作機械にニコンの非接触レーザースキャナー「LC15Dx」を搭載開始


ニコンの非接触レーザースキャナー「LC15Dx」搭載イメージ

設計データと誤差カラーマップ
設計データと誤差カラーマップ
 DMG森精機とニコンは、2019年11月に包括的な業務提携を行うことで基本合意し、本年3月に正式契約を締結したが、このほど包括的な業務提携の一環として、ニコンの非接触レーザースキャナー 「LC15Dx」をDMG森精機の工作機械に搭載することが決定し、両社は売買契約の締結に関し基本合意したと発表した。

 ニコンの非接触レーザースキャナー 「LC15Dx」は高性能データ処理機能の搭載により、接触式の三次元測定機と同等の精度で、さらに高速に多点測定をすることが可能。また、タッチプローブでの測定が困難な小寸法や複雑な形状の被検物など、さまざまな部品を非接触で効率よく測定することができる。

 DMG森精機は独自の非接触機上計測システムにこの「LC15Dx」を組み込み、オプションとして一部の工作機械に搭載し、今秋より販売を開始する。これにより、航空機や建設機械、エネルギー産業向けの大型ギヤやタービンブレードの計測・測定に最適で、加工工程の改善、加工精度の向上に貢献するとし、搭載機種は順次拡大する予定。


トポグラフ(ベベルギヤ歯面評価結果)