天田財団 「2020年度 研究開発助成・国際交流助成」を募集

 天田財団(理事長=末岡愼弘氏)は、金属などの塑性加工およびレーザプロセッシングに関する「2020年度研究開発助成・国際交流助成」の募集を開始している。助成総数は90件以上、助成総額は2億4,000万円の予定。応募の締め切りは7月31日(金)。 
 
 今回募集する助成の対象分野は、金属などの塑性を利用した加工(塑性加工)および高密度エネルギー下での諸特性を利用した加工(レーザ加工)に必要な技術の研究開発とその関連技術に対する調査・研究、ならびにそれらの普及啓発に対する国際交流。なお、国際交流助成については、今回の助成決定分が総額に達しなかった場合、後期日程(10月予定)で追加募集を行う。 
 
 近年、加工製品の高強度化や軽量化への対応として、被加工材のマルチマテリアル化が進ん でいる。そのため、同財団は、金属だけでなく、その代用が可能なプラスチック、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)、セラミックス、複合材料なども対象としている。また、製造業において、スマートファクトリーの実現に欠かせない loT、AI、CPS (Cyber-physical system)など、塑性・レーザ加工に間接的に影響を及ぼす技術に対しても助成の対象としている。助成を希望する者は、下記の同財団ウェブサイトに研究者登録後、各助成プログラムを選択して進んでいくこと。

↓研究者登録はこちら↓
https://www.amada-f.or.jp/

 

助成概要
200707天田財団1
200707天田財団2
 

〈お知らせ〉
 2020年度前期「工場板金」技能検定に係る「受検手数料の助成」を4月から募集していたが、厚生労働省からの技能検定中止の発表を受け、現在受け付けを中止している。再開については、同財団ウェブサイト(https://www.amada-f.or.jp/)で確認すること。