ヤマザキマザック オンライン・トレーニングサービス 「Mazak e-Learning(マザック e ラーニング)」の提供開始

200707マザック1

 ヤマザキマザックは、このほど新型コロナウイルスの影響により、移動や対面でのコミュニケーションが制限され、テレワークやテレビ会議などが急速に普及していることを受け、加工プログラミングスクールなどの講義をデジタル化し、WEB上で配信するオンライン・トレーニングサービス「Mazak e-Learning(マザックeラーニング)」を開始した。
 
 同社では以前より同社製品を購入した顧客を対象に、「加工プログラミングスクール」を全国のテクノロジーセンタで実施してきた。新型コロナウイルス感染拡大の影響から、同スクールの開催を一時見合わせていたが、政府や各自治体の緊急事態宣言の解除に伴い、感染拡大防止策を講じた上で、現在は同社施設での加工プログラミングスクールを再開している。 
 
 Mazak e-Learning は同社のコネクティッドサービス「Mazak iCONNECT(マザックアイコネクト)」を通じて提供される。Mazak iCONNECTを契約している顧客は、専用サイトを通じていつでも講義を視聴することができる。またPCのみならずタブレット端末やスマートフォンにも対応しているため場所を選ばず、例えば工作機械の実機の前で視聴することも可能だ。 

Mazak e-Learningの特長   

 「Mazak iCONNECT」を契約していれば、ポータルサイトより簡単にアクセスが可能。いつでも、どこでも、何度でも視聴ができるため、反復学習に最適であり、内容ごとに分割収録、必要な受講科目をピンポイントで視聴することで、効率的に学習できる。サービス費用は無料(別途Mazak iConnect の契約が必要)。

受講の流れ

200707マザック2

 コロナ禍の影響で国内外の展示会が中止となり、また移動制限を伴う自粛や3密回避の動きから、顧客に対面でコミュニケーション・プロモーションを行なう機会が減少しており、緊急事態宣言は解除されたものの、これまでのように一度に大勢を集めてのプライベートショーの実施は難しい状況にあるが、同社ではデジタル/オンラインでのコミュニケーション・プロモーションの充実を図っており、現在、① Webショールームの開設(このWebショールーム上でのオンライン展示会も企画中) 、②製品機能紹介動画などのデジタルコンテンツの拡充、③加工プログラミングスクールのオンライン化、④自社SNSを通じての積極的な情報発信、⑤デジタル立ち合い/Web商談、に注力している。また、顧客とのコミュニケーションやプロモーションをすべてWeb/オンライン化するというわけではなく、新型コロナウイルス感染防止策を講じた上で、対面/直接のコミュニケーション・プロモーションも行なっていく。

 自社施設でのプライベートショーについても、一回あたりの参加人数を抑えるなど、政府の指針に沿った内容にて計画をしており、ショールームを併設した営業拠点を全国に12カ所を有している同社の強みを活かして、顧客の最寄り拠点で分散型のイベント開催などを検討していくという。

 同社では、「対面(リアル)・オンライン(デジタル)、それぞれのメリットを理解した上で、ウイズ・コロナの中でのベストミックスで対応していきます。」としている 

MOLDINO 1126_1225迄