2020年8月分工作機械受注総額は679.8億円 日工会 

 日本工作機械工業会がこのほどまとめた2020年8月分の受注実績は以下の通り。
 2020年8月分工作機械受注総額は、679.8億円(前月比△2.6% 前年同月比△23.2%)となった。受注総額は、夏期休暇の影響もあり、前月比3カ月ぶり減少。五カ月連続の700億円割れ。8月の700億円割れは11年ぶり。(09年8月:318.0億円)

    
 内需は230.7億円(前月比△7.0% 前年同月比△38.5%)で、夏期休暇により、3カ月ぶりに前月比減少し、5カ月連続の250億割れ。半導体関連以外の動きは鈍く、国内需要は依然低調。

 外需は449.1億円(前月比+0.2% 前年同月比△11.8%)で、メキシコで自動車関連の大型受注があったものの、欧州等で夏期休暇の影響により前月比微減で、6カ月連続の450億円割れ。

 5月を底に持ち直しに向けた動きが一部でみられるものの感染拡大状況と経済活動再開の動向を注視。

8月分内需

230.7億円(前月比△7.0% 前年同月比△38.5%)。

・3カ月連続の200億円超。5カ月連続の250億円割れ。
・8月の250億円割れは2009年(127.9億円)以来11年ぶり。
・前月比3カ月ぶり減少、前年同月比21カ月連続減少。
・8月は夏期休暇の影響により前月比減少。国威内需用は自動車をはじめ、依然弱含み。

201012日工会1

(出所:日本工作機械工業会)

8月分外需

449.1億円(前月比△0.2% 前年同月比△11.8%)

・3カ月連続の400億円超。6カ月連続の450億円割れ。8月の450億円割れは、2009年(190.0億円)以来11年ぶり。
・前月比3カ月連ぶり減少。前年同月比23カ月連続減少。
・夏期休暇の影響があるも北米の自動車向け大型受注もあり横ばい圏内で推移。

201012日工会2

(出所:日本工作機械工業会)

MOLDINO

 

INTERMOLD