コマツ 建設現場のデジタルトランスフォーメーション実現を加速

 コマツは、建設現場で稼働している既存の従来型建機に、3D-マシンガイダンス機能やペイロード機能などのICT機能を提供する後付けキット「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」を、2020年11月からミニショベルにも対象機種を拡大し国内市場へ導入する。

 同社が本年4月より導入開始した「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」は、建設現場におけるデジタルトランスフォーメーションの実現を加速させるため、油圧ショベル(6トン以上クラス)であれば、コマツ製の建機だけでなく機種を問わず後付けが可能だったが、このほどミニショベル(6トン未満クラス)にも適用を拡大させ、2020年11月以降、コマツグループが保有するレンタル機へ装着して日本国内市場へ導入する。

 従来、国土交通省i-ConstructionのICT活用工事は、中型クラスの油圧ショベルでの施工が主だったが、このほど低価格のレトロフィットキットをミニショベルへ後付を可能としたことで建築基礎、道路側溝、管工事の根伐や床掘などの狭所作業へもICT活用工事が広がっていくことが期待される。
 

20211月sg_mol_edt

 

2021GTJバナー広告_1