大澤科学技術振興財団が令和2年度研究助成決定

 大澤科学技術振興財団(理事長=大澤伸朗 オーエスジー専務)がこのほど令和2年度の研究助成先を決定したと発表した。本年度は、22課題の研究開発助成および、4件の国際交流助成を行い、助成金の合計は5千2百39万円となった。
 
 受賞者は、東北大、東大、名大、京大をはじめ、魅力ある研究課題と取り組んでいる全国各地の大学・研究機関から、同財団選考委員会の厳正な審査によって選考された。なお、設立以来30年間の研究開発助成は416課題、国際交流助成も278件となり、助成累計額は8億9千1百1万8千円に達している。

 大澤科学技術振興財団は、オーエスジーの創業者である故大澤秀雄が「自らの事業の支えであった工業技術の発展のために役立ちたい」という想いのもと、日本のものづくりを支える科学技術の振興に寄与することを目的に、平成3年7月に設立された。以来、金属等の機械加工に関する生産工学及び基礎となる理工学の研究開発・国際交流に携わる新進気鋭の研究者の手助けをしている。


 

20211月sg_mol_edt

 

2021GTJバナー広告_1