日立建機 サービス部品の真贋判定機能とトレーサビリティを強化

210201日立建機
サービス員が部品の真贋判定を行う様子(イメージ)

 日立建機は、このほど日立建機グループが販売するサービス部品のパッケージのラベルを刷新した。偽造防止用のホログラムの刷新に加え、部品ごとに付与したIDや新たに追加したQRコードなどにより、スマートフォンでの真贋判定が可能になったほか、IDをクラウド上で一元管理する流通・販売経路のトレースの仕組みを構築した。日立建機グループの部品の在庫管理や出荷を行うつくば部品センタ(茨城県つくば市)から国内外の拠点に出荷する部品を対象に、2021年1月より新しい部品ラベルを適用した。

 これにより顧客は手軽に部品が正規品かどうかを確認できるようになり、これまで以上に安心してサービス部品を使うことができる。
 

 20211月sg_mol_edt_0