コマツ 「DX銘柄2021」に選定される

210701コマツ コマツがこのほど、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」に選定された。

 経済産業省は2015年より、企業の戦略的IT利活用の促進に向けた取り組みの一環として、東京証券取引所と共同で中長期的な企業価値の向上や競争力の強化のために、経営革新、収益水準・生産性の向上をもたらす積極的なIT利活用に取り組んでいる企業を「攻めのIT経営銘柄」として選定しており、昨年からは、デジタル技術を前提として、ビジネスモデル等を抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化につなげていくDXに取り組む企業を「DX銘柄」として業種区分ごとに選定している。

 企業の選定にあたっては、デジタルガバナンス・コードの柱立てに沿った評価項目による一次評価と、企業価値貢献およびDX実現能力の観点による二次評価にて審査されている。企業価値の向上につながるDXを推進するための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用の実績が表れている企業として、今年は「DX銘柄2021」に28社が選定され、銘柄選定企業の中から2社が「DXグランプリ」に選定されている。同社は昨年に続き2回目の銘柄選定(昨年は「DXグランプリ2020」選定)となり、「攻めのIT経営銘柄」を含めると5回目の選定となった。

 20211月sg_mol_edt_0

 

MECT2021