DMG森精機 業績予想再度増額修正・増配予定!

210817DMG森精機
オンライン決算会見の様子

 DMG森精機(社長=森 雅彦氏)は、8月5日、オンデマンド配信で2021年上半期(1月~6月)の連結決算を発表し、会見を開いた。

 同社グループの当上半期の業績は、売上収益1,782億円(前年同期比16%増)、営業利益102億円(同4.2倍増)、営業利益率5.7%(前年同期1.6%)と大幅に改善した。また、連結受注額は2,184億円(前年同期比61%増)となった。これは同社が強みとする5軸加工機、複合加工機などの工程集約機に加え、周辺装置、ソフトウエアを組み込んだ自動化、フルターンキー需要の増加によるものだ。なお、機械本体の受注残高は、2020年12月末の960億円から2021年6月末には1,420億円と460億円増加した。

 受注動向で注目すべきは、当第2四半期(3カ月間)の連結受注高が1,170億円と前年同期比2倍増になったことだ。これを地域別でみると、国内が前年同期比66%増、欧州が同3.2倍増、米州が同67%増、中国が同71%増、アジアが同74%増となった。ちなみに、海外の地域別受注比率は、欧州が53%(同45%)、米州が18%(同24%)、中国が12%(同10%)、アジアが6%(同7%)と欧州の回復が顕著となった。

 産業別では、半導体製造装置・通信関連、EV関連部品、宇宙、医療機器、金型、脱炭素に絡む超精密部品など工作機械の需要増は広範囲にわたっている。民間航空機向け需要についてもようやく引合いが出はじめ、ほぼ下げ止まった。

 今年度の見通しについては、受注は世界市場でエネルギー、内燃系自動車関連を除くほぼ全産業に広がっていること、中小企業向け需要も拡大していることなどから、当面、好調に推移するものと期待し、受注見通しを4,000億円から4,200億円、売上収益を3,450億円から3,650億円、営業利益を140億円から200億円、税引前当期利益を95億円から165億円、親会社の所有者に帰属する当期利益60億円から110億円、普通株主に帰属する当期利益39億円から89億円に再度上方修正した。また、年度配当金も増額予定であるという。
 

 20211月sg_mol_edt_0

 

MECT2021