タンガロイ 焼き入れ鋼旋削加工用セラミック「LX10」材種とヘッド交換式ドリル「DrillMeister」シリーズ 汎用ヘッドDMPφ6.0~25.9mmにAH9130材種を追加

 タンガロイがこのほど、焼き入れ鋼旋削加工用セラミック「LX10」材種とヘッド交換式ドリル「DrillMeister」シリーズの汎用ヘッドDMPφ6.0~25.9mmにAH9130材種を追加した。

焼入れ鋼加工用セラミック「LX10」材種

210817タンガロイ1

 セラミック材種は、CBNよりも安価で、超硬合金よりも硬度が高く耐摩耗性に優れていることから、焼入れ鋼の旋削加工用工具の一つの選択肢として使用されている。今回、同社では、酸化アルミニウム(アルミナ)にTiCNを添加し、より曲げ強度を高めた焼入れ鋼加工用セラミック「LX10」材種を発売した。

 セラミックは靭性が低く、一般的には主に連続加工に使用されるが、「LX10」材種は、微粒の結晶を高密度に焼結することで耐欠損性も向上している。

 インサートの単価メリットに加え、中切削速度領域(50-150m/min)でのHRC55以下の焼入れ鋼旋削加工においてCBNよりも優れた耐摩耗性を発揮し長寿命を実現するセラミック「LX10」材種と、焼入れ鋼の200 m/min以上での高速旋削加工を実現するCBNのラインナップで、加工内容に合わせた工具選択が可能になる。

■主な形番、標準価格
 ・CNGA120408 LX10:    940円
 ・RNGN120400 LX10:890円
 ・TPGN160308 LX10:1,050円
 (いずれも税抜価格)

ヘッド交換式ドリル「DrillMeister」シリーズ 汎用ヘッドDMPφ6.0~25.9mmにAH9130材種を追加

210817タンガロイ2

 ヘッド交換式ドリル「DrillMeister(ドリル・マイスター)」シリーズの汎用型ヘッドDMPの工具径φ6.0~25.9mmに、耐摩耗性を強化したPVDコーティング材種AH9130を追加した。φ6.0~9.9mmは本年7月30日に販売をスタートしたが、φ10.0~25.9mmは8月30日より全国で発売を開始する。

 「DrillMeister」シリーズは、超硬ソリッドドリルの切削性能と刃先交換式ドリルの利便性を兼ね備えた画期的なヘッド交換式ドリル。汎用性の高いDMPヘッドをはじめ、高精度加工用ヘッドDMC、刃先強化型ヘッドDMH、座繰り穴加工用ヘッドDMF、非鉄金属加工用ヘッドDMN の5種類のヘッドをラインナップし、工具径はφ6.0~φ25.9mmをカバーしている。

 DMPヘッドは140度の先端角を持ち、ソリッドドリルのような切れ刃と溝形状で、幅広い被削材に対して安定した切りくず処理性能を示している。今回は、汎用ヘッドDMPに耐摩耗性を強化したAH9130材種を工具径φ6.0~25.9mmにも追加拡充した。

 AH9130材種は、穴あけ加工用に最適化された最新PVDコーティング材種。従来の第一推奨材種AH725に比べ耐摩耗性が非常に優れており、特に炭素鋼、合金鋼の加工に驚異的な寿命性能を発揮する。

 このAH9130材種を汎用ヘッドDMPにラインナップすることで、鋼の様々な穴あけ加工に対して選択肢を増やし、その中から最も長寿命で最適な工具を選ぶことができる。

■主な形番、標準価格
 ・DMP068 AH9130:8,090円 
 ・DMP146 AH9130:9,050円 
 ・DMP259 AH9130:18,300円
 (いずれも税抜き価格)
 

 20211月sg_mol_edt_0

 

MECT2021